【ネタバレ】 映画「ハート・ロッカー」

THE HURT LOCKER (2008)



ハート・ロッカー [Blu-ray]
ポニーキャニオン
2010-09-02

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト




ハートにロックオン! 爆弾ずっきゅん

令和最初の洋画祭り第5弾!
ジェームズ・キャメロンと結婚・離婚したキャスリン・ビグロー監督が女性として初のアカデミー監督賞を受賞した記念すべき作品「ハート・ロッカー」をお送りします。
いやーそれにしても女性初の監督賞が、こういうハードなドキュメンタリータッチの戦争映画と言うのがビックリ!
しかも製作費16億円というハリウッドにしては異例の低予算・・・

イラク戦争を舞台に、米軍爆弾処理犯の神経がすり減るような日々を描いてますが、米軍を悪として描いてないのがケシカラン! と怒ってる人が多いようです。
まあイラク戦争の歴史的評価はわからんけど、別に米軍を美化してないし、ヒーローとして描いてるわけじゃないし、第3国のジャーナリストのように客観的に淡々と描いてるので問題ないと思います。

これといってハッキリしたストーリーがあるわけでないので、あらすじをまとめるのは簡単だワーイ
米軍の爆弾処理の人が吹き飛ばされて死亡、後任としてやってきたジェームズ軍曹ジェレミー・レナー)は神経がイカレてるのか、まったく死を恐れず、時にはノーヘルメットでホイホイと爆弾を処理していく。
まわりの仲間たちはハラハラして、もうどうにかなってしまいそう。

数々の爆弾シーンや戦闘シーンは非常にリアルに描かれていると思うのですが、見る人が見ると「あまりの不正確さにウンザリする」そうです。
戦争をリアルに撮るのも大変だな!
それでは迫力の爆弾処理シーンの数々を見てみましょう。

オープニング、携帯電話で点火!
ジェームズの前任者は吹っ飛んで死亡
https://www.youtube.com/watch?v=CDLA4fAw5L4

地中から爆弾がゾロゾロ・・・
https://www.youtube.com/watch?v=zhjRW-j139k

人間爆弾にされた男を助けようとするが、助けられなかった!
https://www.youtube.com/watch?v=v9MhXIoAk4I

国連施設に自動車爆弾が・・・ 国連など爆破して問題なし
https://www.youtube.com/watch?v=uwNfGT3s2t0

砂漠でスナイパーと対決、大口径ライフルが活躍
https://www.youtube.com/watch?v=HsFVDM1lffM

ジェームズは基地にDVDを売りに来る地元のサッカー少年と仲良くなるが、過激派に少年が拉致さて殺害されてしまった・・・(というのは勘違いで、実は生きていた)
うおーっと熱くなるジェームズは仲間とともに過激派を追跡、仲間が死亡したり、まあ、そんなこんなで大変な日々。

ラストは任務期間が終了、ジェームズたちはアメリカに帰る・・・ けどあっという間に戦場に戻ってくるジェームズ、みたいな終わり方だっけ?
見てからだいぶ時間がたってしまったので、ちょい記憶あゃふゃー
戦争の是非はともかく、兵士たちよ、ご苦労様・・・ みたいな映画。
政治性が薄い点が気に入ってます。
それに左巻きなアカデミー選考委員が作品賞・監督賞を与えてるんだから、右よりの映画なわけないでしょ?

キャスリン・ビグロー監督作品のネタバレ
「ゼロ・ダーク・サーティ」
https://puripuriouch.at.webry.info/201809/article_3.html











ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

綾小路清隆(仮名)
2019年05月11日 14:24
16億円がハリウッドで低予算なら、日本だったらまあまあな大作映画何本つくれるんやろう…
ハリウッド映画の低予算映画で名作ですと、「アメリカングラフィティ」がすぐ浮かびますねえ。低予算映画では最大の成功だったらしいですな。 音楽は全てオールディーズ曲、俳優は出世する前のリチャード、ドレイファスやハリソン、フォードに映画監督になる前だったロン、ハワードと色んな意味でスゴい映画でした。
夏のシーンを11月にロケーションしたらしく、ドレイファスやハリソン、フォードは風邪引きそうだったとか…
あうち
2019年05月11日 20:36
アメグラといえばジョージルーカス監督ですね。
アメリカ50年代の青春にまったく興味ないので見る予定はありませんが・・・
でも今のアメリカよりいいかもしれませんね。
50年代のアホみたいなアメ車は好き
綾小路清隆(仮名)
2019年05月12日 00:59
ちなみに、邦画で低予算だけど成功しまくってると言われてる是枝裕和監督映画ですが、何かのインタビューで「キャスリン、ピグロー監督は多分、一番恵まれてる方ですよ。宣伝費は恵まれてないだけですが、『ハート、ロッカー』は邦画だったら超大作のレベルだと言える」だったか云々を「僕らの時代」だったか「徹子の部屋」だったかで言ってたような…邦画で10億円かけて映画化したという「デビルマン」実写版は…もしかしてチョイ役の小林幸子とかボブ、サップのギャラだったのか?疑惑の完成度…(この映画に出演したベテラン俳優は洞口依子だけだったらしい…)シレーヌ役の人が駄々をこねて衣装やデザインが大きく変更されたとか…
あうち
2019年05月12日 11:50
たしかにハートロッカーは言われないと低予算と気づきません。

デビルマン、10億円も使ったのか・・・
あの監督、「007でもスターウォーズでもオファーが来たらやる」とか言ってるそうですよ・・・
来るわけねーべ・・・

この記事へのトラックバック