【ネタバレ】 映画「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」

ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章 (2017) 東宝・ワーナー ブラザース ジャパン







この三池崇史には夢があるッ! 実写版「ジョジョ」の監督!

***** 警告! *****
以下の記事には映画版だけでなく「ジョジョ」全般のネタバレがあります。

最新作祭りも最終回、1980年代から少年ジャンプで連載していた荒木飛呂彦先生の人気コミックス「ジョジョの奇妙な冒険」を、あの三池崇史が実写化した!という話題作。
TVアニメ版は第5部「黄金の風」が今まさにクライマックスで絶賛放映中、絶賛レクイエム中で盛り上がってますね!
ならんちゃ・・・・・・

映画版は第4部「ダイヤモンドは砕けない」冒頭部分を、けっこう原作に忠実に映像化。
三池監督が原作に惚れこんで、荒木先生を拝み倒して映画化にこぎつけたそうですが、なんで「ジョジョ」を実写化しようと思うかなー?
しかも第4部から・・・ ま、実写化できるとしたら日本が舞台の第4部しかないと思いますが、「1部~3部を読んでない人はお帰りください」といった作り方。
ディオの名前も出てこないし、スタンドとは何か、スタンド能力を引き起こす「矢」とはいったい何なのか、まったく説明がない。(「矢」の正体はこないだアニメで明かされたばかりだからな)
そもそも、なんで「ジョジョ」を実写化しようと思うかな?

出来栄えとしては漫画の実写化作品の例に漏れず、「はぁーっ」とため息が出てしまうレベルですが、それでも昔の「ドカベン」とか「野球狂の詩」などの実写映画に比べれば数段マシかな。
キャストでは主人公・仗助を演じる山﨑賢人をはじめとして笑っちゃうようなコスプレ祭りですが、ただ1人、平凡な少年「広瀬康一」役の神木隆之介だけは、「この男、康一くんにピッタリだわー。康一くんを演じるために生まれてきたような男だな」と思わせるほど、比類なき平凡感を漂わせていましたね。
はあー、それにしても、なんで「ジョジョ」を実写化しようと思ったんだろう?(同じことをクドクド言うのは認知症の症状のひとつ)

さて、映画のあらすじの前に第1部~3部までのあらすじをサクッとまとめてみようかな。

第1部:ファントム・ブラッド
18世紀末のイギリス、正義の少年ジョナサン・ジョースター(=ジョジョ)と悪の少年ディオ・ブランドーはともに成長。
吸血鬼となったディオを倒すためジョナサンは「波紋使い」となるが、最後は首だけとなったディオとともに海底に沈むのだった。

第2部:戦闘潮流
第2次大戦前夜、ジョナサンの孫ジョセフ・ジョースター(=ジョジョ)は人類を超越した「柱の男たち」と戦う。
彼らこそ吸血鬼を生み出した元凶だったが、波紋を身につけたジョセフの勝利。

第3部:スターダスト・クルーセイダーズ
1980年代の日本が舞台。
100年ぶりに甦ったディオは「視覚化された超能力」であるスタンド能力を身につけていた。
ジョセフ・ジョースターの孫・空条承太郎(=ジョジョ)は祖父とともにスタンド覚醒、ディオを倒す。

そして第4部、「ダイヤモンドは砕けない」実写化!
空条承太郎伊勢谷友介)は連続殺人事件の調査で、東北地方の杜王町へとやって来た。
これはスタンド・・・ 何者かがスタンド能力を使って殺人を犯している!
杜王町は荒木先生の故郷・仙台がモデルだけど、映画のロケ地はスペインのシッチェスだって。
そしてこの杜王町には、承太郎も初対面となるのだが、ジョセフの隠し子・・・
今やりっぱなヤンキー高校生となった東方仗助(=ジョジョ山﨑賢人)も暮らしているのだ!

殺人鬼アンジェロが操るスタンド「アクア・ネックレス」のCGが、なかなかいい感じ。
アクア・ネックレスの描写に限っては漫画よりもアニメよりも、この実写版がベストです。
仗助は自身のスタンド「クレージー・ダイヤモンド」を使い、承太郎とともにアンジェロ



みたいなものが出てくるが、これがまったく役に立たない。(康一のスタンドについては、次回作以降に明かされる予定)
仗助の機転によって倒される「バッド・カンパニー」虹村形兆
彼と億安の父親はディオによってモンスター化されたのだが、その辺の事情は映画では明かされない。
そこに登場するのがオモチャみたいなスタンド「シアーハート・アタック」(ラスボスが操っている)、爆発して虹村形兆を始末。
アクア・ネックレス以外のスタンドはオモチャか大昔の特撮ヒーローのようにしか見えない、これが日本のCGの実力・・・
今回の映画化はここまでですが、評判が悪かったようなので「第二章」は無理なんじゃないか。

あれ? なんか・・・ あらすじが途中で飛ばされなかった?
これが「キング・クリムゾン」の力だ!(単なる手抜きです)
そういえばクリント・イーストウッド「ジョジョ」を愛読してるらしいな。
もし続編が製作されたら、「ジョセフ・ジョースター役はイーストウッドがいい」という声もネット上にはある。(絶対無理)



[Amazonブランド]Happy Belly 天然水 岐阜・養老 2L×10本
株式会社友桝飲料(PB)

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ナッシュ
2019年06月22日 23:28
無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄、無駄~っ!

ガッチャマンよりは良かったかなぁ。

ジョジョは大好きで、三部まではハマまって読んでました。

アニメはとても良く出来てるのになぁ。
俳優達の偉大なコスプレ大会みたいで(汗)

心境はキュウソネコカミが歌う

「No more 劣化実写化」

の歌に再現されています。
ナッシュ
2019年06月22日 23:31
オラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラ、オラ~っ!

映画館まで見に行ったんだぞ~っ!⤵️⤵️
綾小路清隆(仮名)
2019年06月23日 00:20
実写版のヤッターマンは良かったのになあ…三池監督…
実写版ガッチャマンは実写版ヤッターマンで得た名声をパアにした映画らしいですなあ、観てないけど…
ヤッターマンの映画ではドロンボー一味の声優だった小原乃梨子、たてかべかずや、肝付兼太の3人がカメオ出演して原作愛のある映画化って評価されてたのに。
あうち
2019年06月23日 13:02
>ナッシュさん

ひえーまさかナッシュさんが劇場で見てしまうほどジョジョ好きだったとは驚きです!
私はジャンプ連載で読んでる時はそれほど大好きというわけでもなかったですが、アニメでハマリました。
アニメはいい出来ですよね、まもなく終わってしまうけど・・・
こうなったら6部もやってほしい!

映画は実写化の時点で失敗は決定事項、その覚悟があればどんな映画化でも!
あうち
2019年06月23日 13:06
>綾小路さん

今気づいたんですが私、日本映画には詳しくないので、三谷幸喜と三池崇史を素でまちがえてました!
「すごい大物が監督したんだな~」って思ってたんですが笑
三池崇史って人、知らない笑

ヤッターマンって深田恭子がドロンジョでしたっけ。
フカキョンだけ見たいなあ。
ナッシュ
2019年06月24日 10:35
こんにちはナッシュです。

ジョジョ、3部まではハマって読んでました。

4部、5部はあまり・・・何でも有り!なスタンド能力と作者の忘れっぽさと言うか、過去の作品の発言を忘れてるのか?反古にしてるのか?で飽きてきて( ̄▽ ̄;)。

ジャンプ等の週刊誌を読まなくなったのもあるんですが。

後輩がコミックス(4~5部)を貸してくれ、まとめ読みしたら面白かったのでアニメは楽しみに見てます、面白いし。

ちなみに6部からは全く読んでません!。

キャシャーンとガッチャマンの実写版は・・・映画館まで見に行ったんですよ、1800円払って・・・名前だけ使って何したいのさ???誰か責任取ってくれ!。
あうち
2019年06月24日 21:43
少年ジャンプの長期連載なので作者が設定忘れがちなのはしかたないですねえ笑
私も6部の最初あたりでジャンプやめたので、その先はまったく知りません。
当時はキャプテン翼めあてでジャンプを読んでいました笑
けっこう社会人になっても読んでたなー

キャシャーンとデビルマンは邦画史上最低の映画と聞いています・・・
劇場で見てしまったとは、ご愁傷さまとしか笑

この記事へのトラックバック