【007名場面ランキング】「アクション」名場面ベスト200(19位)

アクションの古典、自動車VSヘリコプター



ロシアより愛をこめて [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2015-10-07

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト




「007名場面ランキング」エントリー一覧はこちら
http://puripuriouch.at.webry.info/theme/eff634bc2f.html

カテゴリー「アクション」とは・・・

かつて「アクション映画の王者」と呼ばれた007シリーズ
特殊装備を満載したボンドカーのチェイスやスキーアクションに水中アクション、空中アクション、列車アクション、ボート・アクション、動物アクションなどなど・・・
007ならではのオリジナリティーあふれる数々のアクションは、後発の映画に多大な影響を与え、ハリウッドのアクションすら凌いできました。
そんな007アクションが「影響を受ける側」に回ってきたのは、いつからでしょうか?
「ブリット」に始まる本格的カーチェイス、ブルース・リーの肉体を駆使したアクション、スタローンシュワさんのムキムキ・アクション・・・
世界的なアクションの進化に置いてきぼりにされそうな007・・・ しかし、負けずに抗います。
「私を愛したスパイ」のスキーダイブ、「ゴールデン・アイ」の戦車チェイス、「カジノ・ロワイヤル」の工事現場チェイスなど、映画史上に残るアクションで「まだまだ終わらんぞ」という意気込みを感じさせる。
そんな輝かしいアクション名場面をランキングするこの企画。
その膨大な名場面の圧倒的数量に目がくらむ!
これぞまさに人類が成し遂げた偉業ですぞ!
やっぱり007はすごい!


【19位】 ヘリコプターと対決
「ロシアより愛をこめて」より
https://puripuriouch.at.webry.info/201402/article_18.html

*** 直前までのあらすじ ***
ボンドスペクターの花屋トラックをお借りして、タニヤとともに逃走。


画像

逃げるはシボレーの花屋トラック こんなのまでミニカーに・・・

名作「より愛」から、このアクションがオリエント急行より上位に入りました。
どう見てもスコットランドな丘陵地帯(いちおうイタリアのつもり)を行くトラック、そこへスペクターのヘリが現れ、「トマレ」と合図。
トラックが止まらないので手榴弾を落として警告。
アクション映画でおなじみの「逃げる車、追うヘリ」という構図、この映画が原点なのかどうか確認は取れないのですが、管理人が知ってる範囲ではこれが最古ですね。
子供のころ、大変インパクトを受けました。
今でも「ヘリコプター=悪人の乗物」というイメージが強い。
そういう歴史的重要性も考慮して、この順位。

画像

追うのはヒラーUH-12ヘリコプター ものすごく初期のヘリって感じ

タニヤを守るため、ボンドはトラックを乗り捨て、暗号解読器レクターAR-7のみを手に、自らの脚で走って逃げる。
それをかすめるように飛ぶヘリ、かなり危険なスタントです。
先行する「北北西に進路を取れ」での複葉機の襲撃シーンを思い出しますが、こちらのが迫力が数段上。
岩陰に隠れるボンドAR-7を組み立て・・・ 今まさに手榴弾を落とそうとしている男の腕を撃ち抜く。
コクピット内で手榴弾を落としてワタワタ、ヘリはドッカーン
墜落してさらにドッカーン

ちょっと待てよ・・・ 下からボンドが撃って腕を撃ち抜ける、ということは・・・
手榴弾の男は窓から腕を出してたんだよね?
すると手榴弾はボンドの方へ落ちてきそうだけど・・・
コクピット内に落とす、ということはまだ手榴弾を持った手は窓の外に出てない・・・ 当然下から狙って腕を撃てるわけがない・・・
ま、いいや。ま、いいや。ま、いーやー!

このアクションの撮影中、テレンス・ヤング監督とカメラマンを乗せたヘリが上下逆さまになって湖に墜落したそうだよ。
監督はフロントグラスを足で蹴破って脱出したって・・・ アリステア・マクリーン「八点鐘が鳴る時」にそんな場面があったな。
映画よりド迫力、どうして脱出するところを撮影しなかったのか。(カメラマンも監督といっしょだから)

これ
https://www.youtube.com/watch?v=6PczlcjdcRo






コカ・コーラ 綾鷹 525mlPET×24本
コカ・コーラ
2014-03-17

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



コカ・コーラ 綾鷹 茶葉のあまみ 525mlPET×24本
コカ・コーラ
2019-02-25

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

綾小路清隆(仮名)
2019年06月30日 21:39
「世界の軍用機完全カタログ」という本によると、元々はOHー23レイヴンという名前だったが、47年に初飛行に成功後、民間への発売の際にUHー12という名前で売られたそうです。このUHー12の性能に当時の陸軍と海軍は注目して以後、Hー23A/HTEー1として採用され、陸軍によって観測用、患者輸送等で使われ朝鮮戦争にも運用された経緯があるようです。「ゴールドフィンガー」や「サンダーボール作戦」の公開された頃までにおよそ2000機が製造されたとか。
90年代にピストンエンジンのヘリに改良されて再生産されてるらしいですな。
ナッシュ
2019年06月30日 22:18
こんにちはナッシュです。

今見ればちょいと地味なアクションですが、スリリングでボンドがカッコ良かったなぁ。

アクションは時代と共に洗練され、派手になりますが、けっして見劣りするものではありませんよね。

アタッシェケースと
AR7・・・欲しい
あうち
2019年06月30日 22:36
>綾小路さん

お詳しい! ミリオタだったのですか・・・
第2次大戦のころはヘリがなかったはずだから、このころのヘリがヘリとして最初期の型ですよね・・・
それにしては操作性が良さそうな印象。
あ、言われてみれば「ゴールド」の原爆を運んでくるヘリ、「サンダー」の海上を探索するヘリもこれですかね。
あうち
2019年06月30日 22:39
>ナッシュさん

AR7のモデルガン(ウエスタンアームズ製)をもってます!
店に残ってる最後のひとつで、シルバーしかなかったので塗料で黒く塗ってしまった・・・(後悔)
ナッシュ
2019年07月01日 07:40
こんにちはナッシュです。

良いなぁ!AR7・・・私に譲って下さい(爆)。

冗談はさておき、私がWAのAR7を知った時には既にガスガンになってました。

ロシアより!で使った銃だと知ったのは更に後の話でした。
あうち
2019年07月01日 11:06
私が死んだら遺品として贈呈します笑
ただ塗料がボロボロはがれかかってみっともないですが笑
ガスガンのAR7は分解できないから意味なしですねえ

この記事へのトラックバック