【ネタバレ】 映画「五人の軍隊」

THE FIVE MAN ARMY (1969)



五人の軍隊 [DVD]
復刻シネマライブラリー
2015-02-23

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト




走れ、哲郎、走れ! マカロニ版スパイ大作戦

神が許しても俺が許さん! 怒りのマカロニ・ウエスタン祭り第4弾!
わりと異色作な「五人の軍隊」(原題:五人の軍隊)をお送りします。
NHK-BSで放送してくれたので再見できましたが、そういえばちゃんと字幕付きで見るのは初めてか。
ようやく物語の全貌を把握できましたわ。(ま、そんなたいそうな物語でもありませんが)
何が異色かというと監督がアメリカ人のドン・テイラーなので、マカロニっぽい味わいは少なく、普通のハリウッドB級映画を見てる気分。
決してツマランとか駄作とか切り捨てられないんだけど、期待したものとちがうんだよね。

そのぶん期待以上なのが、映画音楽神エンニオ・モリコーネ先生の音楽!
こちらがオープニング・タイトル
https://www.youtube.com/watch?v=tuZX_ySTXJs

「革命軍のテーマ」もカッコいい!
ほんとにこの作品にはもったいないくらいの音楽・・・
https://www.youtube.com/watch?v=tmwrGsexsws

ほんでキャストは主人公ダッチマンピーター・グレイブス
元祖「スパイ大作戦」(ミッション・インポシブル)フェルプス君ですよ!
トム・クルーズ版では悪役にされてしまったフェルプス君ですが、やはり元祖はカッコいい。
その彼がプロフェッショナルなメンバーを(自分を入れて)5人集め、極秘な計画を進める・・・
完全に「スパイ大作戦」を意識してますね。
他のメンバーは、今回も出ましたマカロニ界の高木ブー、怪力男バッド・スペンサー
「野獣暁に死す」では仲代達也と対決した彼、今回も大物日本人と共演・・・
そう、丹波哲郎演じるサムライ

007とマカロニ・ウエスタンの両方に出演してる役者は数えるほどしかいませんが、ミスター丹波もその1人。
故国で何かをやらかしてアメリカに流れてきたというサムライ、今は大道芸で食いつないでいる。
なんと無口すぎてセリフが一言もなし笑
これでは他の出演者に比べて楽すぎる・・・
監督「そのぶん、ちょっと汗をかいてもらおうか、ミスター・タンバ
というわけで、サムライは大変な目にあう笑(後述)

残り2名のメンバーは爆発物のプロと身軽な男。
彼らプロフェッショナルを集めてダッチマンは何をする気かというと、列車で輸送される莫大な金貨の強奪。
時はメキシコに革命の嵐吹き荒れる時代、革命軍に肩入れするダッチマンは金貨を盗んで資金に充てるつもりだが、協力してくれたら4人にも分け前をやる。
というわけで計画始動、すぐにメキシコ軍に捕まった、すぐに脱出した!(サムライの剣術が見事)
メンバーはメキシコ軍士官に扮して金貨の積みこみ現場に潜入、そのまま列車の腹にしがみつく。(ベルトで固定)
列車が走り始めてから、貨車の上に這い上がって見張りの兵士を始末・・・ だが、ここでサムライが転落するというトラブル発生!
必死に走って、どうにか追いついたサムライ、仲間が貨車に引き上げる。
ここはほんとにもう、見ていて疲れる場面、こっちまでヒーヒーフー、ヒーヒーフー、ああ空気がおいしい!
これ
https://www.youtube.com/watch?v=oWSCNWsIRCI

機関車と金貨を積んだ貨車を残して、後ろの兵士を満載した貨車は爆薬で切り離し。
引きこみ線に機関車を入れて金貨を回収、成功だあ~
が、しかし! ここでダッチマンが裏切り、「お前らに分け前はやらん!全部、革命軍の資金にする!」
おいおい、そりゃないぜダッチマン・・・ 仲間うちで殺し合い勃発か?
が、ここで! メキシコ軍に包囲された! あまりに多勢に無勢、もう5人はおしまいか・・・
というところで! 革命軍が到着、メキシコ軍を蹴散らす!
「計画成功おめでとう、ダッチマン! みんなも協力してくれてありがとう!」
押しよせる革命軍に抱擁され、メンバーたちも「もう分け前いいや、メキシコ軍と戦って革命を成し遂げなければ・・・」
という気分になってメデタシメデタシ。

本作を含めて「日本と関わりの深いマカロニ」5作品すべて、当ブログに出そろいました。
他の4本とは、まず前述の仲代がラスボスを演じる「野獣暁に死す」
マカロニ唯一の日本人主演作「荒野のドラゴン」
マカロニ唯一の日本ロケ作品「サイレント・ストレンジャー」
トーマス・ミリアンが日本人に扮する「レッド・サン」パロディー作「ザ・サムライ」
いずれもマトモな映画じゃないような笑
そういえばドン・テイラー監督、「ファイナル・カウントダウン」も日本がらみだし、日本に縁があるな。


ドン・テイラー監督作品ネタバレ
「ファイナル・カウントダウン」
https://puripuriouch.at.webry.info/201610/article_4.html

バッド・スペンサー出演作品ネタバレ
「野獣暁に死す」
https://puripuriouch.at.webry.info/201703/article_9.html

丹波哲郎出演作品ネタバレ
「007は二度死ぬ」
https://puripuriouch.at.webry.info/201301/article_9.html
「怪談」
https://puripuriouch.at.webry.info/201810/article_8.html
「赤穂城断絶」
https://puripuriouch.at.webry.info/201903/article_8.html
「日本沈没(1973年版)」
https://puripuriouch.at.webry.info/201805/article_17.html
「柳生一族の陰謀」
https://puripuriouch.at.webry.info/201802/article_4.html
「闇の狩人」
https://puripuriouch.at.webry.info/201609/article_8.html
「連合艦隊」
https://puripuriouch.at.webry.info/201505/article_8.html
「野性の証明」
https://puripuriouch.at.webry.info/201411/article_14.html
「八甲田山」
https://puripuriouch.at.webry.info/201411/article_12.html
「新幹線大爆破」
https://puripuriouch.at.webry.info/201404/article_5.html


Potensic ドローン 飛行時間32分間 GPS搭載 高度・座標ホバリング 1080P 120°広角HDカメラ 画像伝送零遅延 フォローミー オートリターン 制御最大距離300M 国内認証済み D58
Potensic ドローン 飛行時間32分間 GPS搭載 高度・座標ホバリング 1080P 120°広角HDカメラ 画像伝送零遅延 フォローミー オートリターン 制御最大距離300M 国内認証済み D58
DEERC ドローン GPS搭載 おりたたみ式 1080P HDカメラ付き 飛行時間最大15分 飛行距離最大600M 高度維持 生中継 リターンモード フォローミーモード ヘッドレスモード搭載 モード1/2自由転換 国内認証済み 2.4GHz 4CH DEERC ドローン DE25
DEERC ドローン GPS搭載 おりたたみ式 1080P HDカメラ付き 飛行時間最大15分 飛行距離最大600M 高度維持 生中継 リターンモード フォローミーモード ヘッドレスモード搭載 モード1/2自由転換 国内認証済み 2.4GHz 4CH DEERC ドローン DE25
Holy Stone ミニドローン バッテリー3個付き 最大飛行時間20分 超安定 超頑丈 高度維持 ヘッドレスモード フリップモード搭載 モード1/2自由転換可 国内認証済み HS210
Holy Stone ミニドローン バッテリー3個付き 最大飛行時間20分 超安定 超頑丈 高度維持 ヘッドレスモード フリップモード搭載 モード1/2自由転換可 国内認証済み HS210

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

きよけたん
2020年05月29日 16:01
こんにちは。
この映画、脚本がなんとダリオ・アルジェントなんですね。(共同だけど)
全くアルジェント臭なしです。
いい話じゃん
なんでも一部監督もしたらしいです。
(ドン・テイラーがスケジュール的に帰るはめになった)

われらがタムバさん
英語堪能らしいですが、二度死ぬでは全部吹き替えられてるし
本当はダメなのかなぁ
本作ではセリフが事前に決まっていなくて
準備ができないし暗記が嫌いなタムバは
やってられるかということで無しになったとか…
結果として一番おいしいところさらっていきましたね。
あうち
2020年05月29日 17:52
こんにちわー。
なんとダリオ・アルジェントかかわってましたか。
それにしてはツマラナイ脚本・・・笑
丹波さん、もし英語しゃべれても、本作はイタリア映画だから結局吹き替えになったかも・・・

ところで、きよけたんさんは映画音楽はどんなのがお好きですか?
映画音楽祭りを企画中なのです。
きよけたん
2020年05月29日 18:57
映画音楽好きなの多過ぎて・・・
既に候補に挙がっている「大いなる西部」テーマ曲大好きですね。
西部劇で同じように元気が出るのは「ネバダスミス」かなぁ
「荒野の七人」は既出ですね
子供の頃から好きだったのは
「大空港」「おかしな二人」
モリコーネの名作は既に取り上げられてますよね。「ウエスタン」とか

既に紹介済のもあるかもしれませんがざっと挙げていきます。
ラロ・シフリン
「暴力脱獄」「シンシナティ・キッド」「ブリット」「バトルクリークブロー」
クインシー・ジョーンズ
「夜の大走査線」「歩け!走るな」
ジョン・ウィリアムス
「華麗なる週末」「おしゃれ泥棒」
ジェリー・ゴールドスミス
「風とライオン」「砲艦サンパブロ」「男の闘い」電撃フリントシリーズ
カプリコン1やカサンドラクロスは既出でしたね。
なんかもっと他にもあったかも
あとマンシーニとかルグランとか・・・
それにミュージカルもいろいろ(厳密には映画音楽ではないかも)

う~む なんか全般的に古いですね
比較的新しいところでは
90年代「フォレストガンプ」「マグノリア」
00年代「パンチ・ドランク・ラブ」「オブリビオン」「トロンレガシー」
既成曲使用だが「ジャンゴ」「ベイビードライバー」
あれれもっとあるはずだが、ぱっとでてこない・・・
歳のせいか・・・

あうち
2020年05月29日 21:25
ありがとうございます!
うおーいっぱい出てきた笑

モリコーネの名曲は全部入るので大丈夫です!
モリコーネだけで30曲くらいいきそう笑
「夜の大走査線」「大いなる西部」「荒野の七人」「おしゃれ泥棒」「風とライオン」「カプリコン1」「カサンドラクロス」「フォレストガンプ」「ジャンゴ」は入ってます。
「大空港」はたった今悩んで外したところですが復活させます笑
「暴力脱獄」「シンシナティ・キッド」「ブリット」「バトルクリークブロー」「おかしな二人」「ネバダスミス」「華麗なる週末」「砲艦サンパブロ」「男の闘い」「歩け!走るな」「マグノリア」「パンチ・ドランク・ラブ」「オブリビオン」「トロンレガシー」「ベイビードライバー」はこれからチェックさせていただきます。
ミュージカルは範囲外です笑
TVドラマと邦画も
きよけたん
2020年05月29日 22:56
えええ~モリコーネ
きよけたん
2020年05月29日 23:08
モリコーネ30曲もやるんですか?!
それは嬉しい!
「ウエスタン」とか「夕陽のギャングたち」なんて
気が狂うほど好きなので
じゃあ「オルカ」も入ってますね、きっと。

ちょっと調子に乗って
マンシーニ
「いつも2人で」(これは名曲)
「暗闇でドッキリ」「アラベスク」「暗くなるまで待って」
「ハタリ!」当然ながら「ティファニーで朝食を」
「殺し屋ハリー/華麗なる挑戦」「ひまわり」
というかマンニシーニは多い
ルグラン
既出ですが「シェルブールの雨傘」
「ロシュフォールの恋人たち」あ、でもミュージカルダメでしたっけ?
「華麗なる賭け」「栄光のル・マン」「うず潮」
マイナー過ぎて無理かも「プレイガール陥落す」

そういえば「五人の軍隊」の5人の中に
「シェルブール」の主人公(♂のほう)がいましたね。
カトリーヌと違ってすっかり落ちぶれた姿に・・・
あうち
2020年05月30日 07:38
ご協力ありがとうございます!

モリコーネ30で収まらないかも(汗
他の作曲家はそこまでいかないと思いますが・・・
「オルカ」はマストですよ!

マンシーニは「ティファニーで朝食を」「ひまわり」は入ってましたが、残りは追加します!
あ、ミュージカル不可というのは舞台のミュージカル(キャッツとか)は映画じゃないから、という意味です。
映画のミュージカルはもちろん映画音楽ですのでOK!
というかトップは「オズの魔法使」の予定です笑

ルグランは「うず潮」「プレイガール陥落す」を追加します。(他は入ってます)

あ、カステルヌオーヴォですね笑
むしろ彼はマカロニが本業で、「シェルブール」で大抜擢というイメージですが笑
きよけたん
2020年05月30日 08:54
おはようございます。
映画音楽の特集はかなりの本数となる大掛かりな企画なんですね。
なんかわくわくしてきます。
マンシーニは「シャレード」「ピンクの豹」もマストですね。
既に記事があるのを知っていたのでわざと外していました。
あとゴールドスミスの「男の闘い」⇒「男の出発」です。
失礼しました、訂正いたします。
「男の出発」は同じゴールドスミスの「恋とペテンと青空と」という映画の使いまわしらしいので、本来ならばそっちなのでしょうが、
ワタクシ知らないし未見なのです。
「男の闘い」はマンシーニでこれまた名曲ですが、こちらも未見です。
ゴールドスミスは「パピヨン」「チャイナタウン」もマストですね。
これまた記事にあるので外していました。
「墓石と決闘」もできれば加えていただけたら嬉しいです。
ジョン・バリーを忘れてました!すごくいいのが多い。
しかし007の人だから、あうちさんは当然入れてますね。
「野生のエルザ」「ナック」「フォロー・ミー」「ある日どこかで」
「国際諜報局」「死亡遊戯」「ロビンとマリアン」「ダヴ」...
バカラックも楽しい歌曲多いし(既出のカジノロワイヤル’67とかね)
ニーノ・ロータも「ロミオとジュリエット」「アマルコルド」「ゴッドファーザー」さかのぼるとベタ過ぎるが「太陽がいっぱい」...ああ~キリがない

ミュージカルは映画ならOKなんですね。
ジュリーアンドリュースのあの映画とか
ニューヨークの不良少年のあの映画なんか当然エントリーですね。
なんか60~70年代中心になってしまいました。
さらにそれより前の「80日間世界一周」とか「シェーン」とか
なぜかむか~しのヤツばかりが思い浮かぶのは老化現象でしょうね。
小中学生頃によく聴いていたのが心を支配しているのが分かります。
あうち
2020年05月30日 13:04
ありがとうございます!
1回の記事で動画は15個以内に抑えたいので、30件近くの記事になるかなあ・・・
始めてから終わるまで1か月以上かかりそうです笑

ちなみに映画は未見でも音楽は好き、というのもぜんぜんアリです。
私自身、半分も見てるかどうか・・・

「男の闘い」「男の出発」両方いれましょう。
「ナック」「フォロー・ミー」「アマルコルド」は追加しました。
それ以外の名前を上げていただいた映画は、全部入ってます。

私自身新しい映画はあまり見てないので、古いのが中心になりそうです・・・

この記事へのトラックバック