【007名場面ランキング】「アクション」名場面ベスト200(8位)

ローリーと屁に火をつけてはイカン


消されたライセンス [Blu-ray]
消されたライセンス [Blu-ray]


「007名場面ランキング」エントリー一覧はこちら
http://puripuriouch.at.webry.info/theme/eff634bc2f.html

カテゴリー「アクション」とは・・・

かつて「アクション映画の王者」と呼ばれた007シリーズ
特殊装備を満載したボンドカーのチェイスやスキーアクションに水中アクション、空中アクション、列車アクション、ボート・アクション、動物アクションなどなど・・・
007ならではのオリジナリティーあふれる数々のアクションは、後発の映画に多大な影響を与え、ハリウッドのアクションすら凌いできました。
そんな007アクションが「影響を受ける側」に回ってきたのは、いつからでしょうか?
「ブリット」に始まる本格的カーチェイス、ブルース・リーの肉体を駆使したアクション、スタローンシュワさんのムキムキ・アクション・・・
世界的なアクションの進化に置いてきぼりにされそうな007・・・ しかし、負けずに抗います。
「私を愛したスパイ」のスキーダイブ、「ゴールデン・アイ」の戦車チェイス、「カジノ・ロワイヤル」の工事現場チェイスなど、映画史上に残るアクションで「まだまだ終わらんぞ」という意気込みを感じさせる。
そんな輝かしいアクション名場面をランキングするこの企画。
その膨大な名場面の圧倒的数量に目がくらむ!
これぞまさに人類が成し遂げた偉業ですぞ!
やっぱり007はすごい!


【8位】 タンクローリー・チェイス
「消されたライセンス」より
https://puripuriouch.at.webry.info/201209/article_20.html

*** 直前までのあらすじ ***
炎上する教団施設から4台のタンクローリーが脱出した。
タンクの中身はコカインを溶かしこんだガソリン


シリーズ屈指の失敗作「消されたライセンス」からクライマックスのアクションが8位にランクイン!
駄作でも単なる駄作ではない、こんなすごいアクションがある、それが007の底力・・・
ま、ツッコミどころは満載ですけどね。
タンクローリーのアクションというのもシリーズ初ですが、久々に尺をタップリとって格闘からチェイスまで、あらゆる種類のアクションを見せてくれる、そのサービス精神の太っ腹具合。
当たり前ですがCGはまったく使ってません。

1、パムの操縦する軽飛行機から、タンクローリー4号のタンクへ飛び降りるボンド
前方を走るマセラティ・ビトゥルボから身を乗り出し、サンチェスがマイクロ・ウージーで銃撃。
それをかわしたボンドがトラクターとタンクの間に転落するが、がんばって運転席に乗りこみ、ナイフをもった運転手を格闘、消火器を食らわして放り出す。
放り出された運転手はビトゥルボのボンネットに転落、ここからも放り出されてゴロゴロ、哀れなり。

Biturbo.jpg
スーパーカーメーカーのマセラティが、ついに世間に負けて発売した4ドア高級セダン、ビトゥルボ425
自動車評論家の徳大寺有恒さんの愛車だったが、あまりにトラブルが多くて部品交換が相次ぎ、最後にはめんどくさくなって丸ごと1台新しい車に取り替えてくれたって
エクステリアとインテリアのデザインが日本車では太刀打ちできない最高レベルですが、トラブル多い車はちょっと・・・

2、ボンドの乗った4号ローリーと、スーパーマリオそっくりな運ちゃんの3号ローリーのチェイス、豪快なり。
ボンドの無茶な幅寄せで3号の運転席はへしゃげて潰れる。
先行するサンチェスは手下にレッドアイ・ミサイルを渡し、ボンドを仕留めるよう指示。(映画では「スティンガー」と言ってたように思うけどレッドアイなんだって)
で、本作最大の見どころ、タンクローリーの片輪走行でミサイルをかわすボンド
ミサイルは3号のタンクを直撃、ドッカーン
さらに手下どものジープを巨大な車輪でペチャンコにするボンド
ジープって、こんなにヤワなのか!

Licence To Kill1.jpg
劇中で使用されたトラックはケンワースW900Bを改造したものだって

3、ジープをオシャカにされた手下たちは徒歩でがんばって走りながら銃撃。
ボンドの3号ローリーのタイヤがパンク、スリップしたタンクが大きく道路からはみ出してしまう。
そこへ空からパムの救援、徒歩の悪人どもに農薬散布でゲホゲホ
ちょど先行する1号ローリーがボンドの真下の道にさしかかってる、よし今だ!
ボンドが3号ローリーのトラクターとタンクの連結を外すと、タンクは坂道を一気に下って・・・
下の道の1号ローリーと衝突、ドッカーン、ブワワーン
「スペクター」の「ギネス記録の大爆発」よりも、こっちの方が迫力あるわい。
トルーマン・ロッジがショックのあまり、ギャーギャー泣きわめいていると、「人件費を減らそう」
サンチェスにマイクロ・ウージーで蜂の巣にされるのだった。
唯一生き残った2号ローリーにレッドアイとともに乗りこむサンチェス、発進!

Licence To Kill2.jpg
組織の経理係トルーマン・ロッジアンソニー・スターク) シリーズ随一の貧弱な敵、管理人でも戦って勝てる・・・ と思ったが勝てないかもしれない

4、トラクターだけになって身軽なボンド、だが前方に1号ローリーの爆発によって引き起こされた巨大な炎の壁が。
ここでトラクターがウイリー、おなかを見せて起き上がった!
その態勢で炎を突破。
農薬を浴びて真っ白になった悪人たちは、後から来たピックアップ・トラックに乗って無理やり炎を通り抜ける。(タイヤが炎上)
ボンドは前方の2号ローリーに追いつき、自らのトラクターを自動操縦にしてからボンネットに出て、2号のタンクに乗り移ろうとするが・・・
無人となった4号トラクターはそのまま坂を下っていく。

Licence To Kill3.jpg
4号から2号へ移動を試みるボンドさん ストレッチは健康にいい

5、2号のタンクに取りつくボンドだが、悪人たちのピックアップ・トラックが迫ってきて銃撃を浴びせる。
ここでボンドは2号タンクのバルブを開いてガソリンを放出。
ピックアップ・トラックのタイヤの炎が引火して、炎に包まれた悪人トラックは崖から飛び出し、パムの軽飛行機とニアミス。
2号ローリーの走った後に炎の帯が延々と続くショットのスケールの大きさ。
これでこそメキシコでロケした甲斐があるというもの!
サンチェスパム機にミサイルを撃つが、尾翼に穴を開けただけの結果にショボーン
それでも飛行不能となったパム機は不時着。
偶然そこに、ボンドが放棄した4号トラクターが・・・

サンチェスはいったん2号ローリーを止め、マシェットを手にタンクへ。
そこでボンドとバッタリ出くわし、マシェットをふるって戦ってるうち、うっかりブレーキの油圧ケーブルを切断してしまう。
ブレーキがきかなくなって動き出す2号ローリー、その上で戦いを繰り広げるボンドサンチェス
運転手は脱出、坂道でローリーは横転!
ボンドサンチェスも投げ出された・・・

この続き、サンチェスとの決着は別アクションとして、すでにランクイン済み。
それにしてもサンチェスの無能ぶりが目につきますが笑
これはアクション・アイデアが先にありきで、それに合わせてストーリーを書くから、どうしてもこうなってしまうのでしょう。
いやー、おなかいっぱい。

このシークエンスでのラテンぽいテイストのアクション・テーマは「ライセンス・リヴォークト(取り消されたライセンス)」
もともとは映画自体がこのタイトルで予定されてましたが、アメリカでは「運転免許取り消し」みたいなニュアンスで、あまりカッコよくないというご意見をいただいて「ライセンス・トゥ・キル(殺しのライセンス)」に変更された経緯があります。
日本では邦題を変更せず「消されたライセンス」のまま、これでじゅうぶんカッコいいです。

これ
https://www.youtube.com/watch?v=ZlSE8NfWNpo
https://www.youtube.com/watch?v=GxrD2Rs4YGY


リズと青い鳥[Blu-ray]
リズと青い鳥[Blu-ray]
映画『聲の形』Blu-ray 通常版
映画『聲の形』Blu-ray 通常版
けいおん!コンパクト・コレクションBlu-ray
けいおん!コンパクト・コレクションBlu-ray

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ナッシュ
2019年08月04日 09:52
こんにちはナッシュです。

このシーン、大好きです。
ティモシーボンド、無茶苦茶にやりたい放題やったのがステキ。

この撮影現場自体、結構事故が多い場所だと聞いた事があります。

爆発する炎がティモシーに襲いかかるような形になり、世界最大の心霊映像だ!と当時、テレビで放送されたとか。
友人のカズオ君がわざわざ報告にきました(笑)。

トルーマン ロッジ・・・何ならわたしと二人がかりでやっつけましょう(爆)。
あうち
2019年08月04日 20:53
たのもしい! ナッシュさんと2人ならデント教授くらいなら余裕で倒せる!笑

そうそう、「悪魔の背骨」とかいう呪われた峠みたいですね。
炎が悪魔の姿になってるという話も聞きましたが、何度見てもよくわかりません・・・
綾小路清隆(仮名)
2019年08月04日 21:15
このクライマックス、
お腹一杯だけど十分なアクションでしたね。
この映画の価値ってやはりこの大アクションにあるんでしょうね。
まだまだ観たかったよー、ティモシーボンド…
あうち
2019年08月04日 22:01
ティモシー、本当はもう1作やる契約だったみたいですけど、いかんせんスタッフとの関係がよくなかったらしいです。
でも故ダイアナ妃は彼を気に入ってたようです。
ナッシュ
2019年08月04日 22:05
こんにちはナッシュです。

私も何度かスローやコマ送りで見たけど・・・わからなかった(汗)。

デント教授、7+1のガバメントに6発しか弾込めしないとぼけた方なんで何とかなるかな?(爆)。

ジョーズやオットジョブなら逃げます
ε=ε=┏(・_・)┛
あうち
2019年08月04日 22:52
本格的な怪力系の方には何人でかかっても勝てる気しない!
せいぜいがムーンレイカーのチャンくらいが限界かな・・・(でもあの人も武道の達人ぽいし)

この記事へのトラックバック