【007名場面ランキング】「アクション」名場面ベスト200(2位)

「アクション」第2位の名場面はこれだ!
 

私を愛したスパイ [Blu-ray]
私を愛したスパイ [Blu-ray]


「007名場面ランキング」エントリー一覧はこちら
http://puripuriouch.at.webry.info/theme/eff634bc2f.html

カテゴリー「アクション」とは・・・

かつて「アクション映画の王者」と呼ばれた007シリーズ
特殊装備を満載したボンドカーのチェイスやスキーアクションに水中アクション、空中アクション、列車アクション、ボート・アクション、動物アクションなどなど・・・
007ならではのオリジナリティーあふれる数々のアクションは、後発の映画に多大な影響を与え、ハリウッドのアクションすら凌いできました。
そんな007アクションが「影響を受ける側」に回ってきたのは、いつからでしょうか?
「ブリット」に始まる本格的カーチェイス、ブルース・リーの肉体を駆使したアクション、スタローンシュワさんのムキムキ・アクション・・・
世界的なアクションの進化に置いてきぼりにされそうな007・・・ しかし、負けずに抗います。
「私を愛したスパイ」のスキーダイブ、「ゴールデン・アイ」の戦車チェイス、「カジノ・ロワイヤル」の工事現場チェイスなど、映画史上に残るアクションで「まだまだ終わらんぞ」という意気込みを感じさせる。
そんな輝かしいアクション名場面をランキングするこの企画。
その膨大な名場面の圧倒的数量に目がくらむ!
これぞまさに人類が成し遂げた偉業ですぞ!
やっぱり007はすごい!


【2位】 ロータス・エスプリのカーチェイス~海底バトル
「私を愛したスパイ」より
https://puripuriouch.at.webry.info/201402/article_12.html

*** 直前までのあらすじ ***
ボンドアニヤとともに巨大タンカー「リパラス」を見学。
サルディニア島に戻ってからエスプリで海沿いの道をドライブするが・・・


The Spy Who Loved Me2.jpg
時まさに世界的なスーパーカー・ブーム、イギリス代表ロータス・エスプリはちょっと地味な存在だったが・・・

アストンマーチンDB5以来、特殊装備を供えた2台目のボンドカーとして登場したエスプリ
前作の「空飛ぶ車」は悪人の車だったしミニチュア撮影でしたが、今回は正真正銘の本物。
子供の時に「007特番」でこの場面を見てから、これまで何回見たことでしょう・・・
これぞ007、これぞボンドカー
007が黒人女性になったとしても別にかまわない、もうどうでもいい。
このロータス・エスプリのカーチェイスを見れば、いつでも007黄金時代に戻れるのです。
007「本物の007」だった時代に・・・
もう前なんか見なくていい、後ろだけを見て生きていこう(涙

などとノスタルジーに浸ってる間に、怪しいバイクがエスプリの背後から迫る。
サイドカーがロケットとなって突っこんでくる!
前を遮るトラックをかわすボンド、サイドカーはトラックの荷台に引っかかって爆発。
積み荷の羽根布団から羽毛が散乱、バイクのライダーは羽根まみれになって断崖から飛び出すのだった。
この「サイドカー襲来」のBGMもカッコいいのですがサントラ未収録。(LPレコードの時代は収録時間に限りがあったあからね・・・)

The Spy Who Loved Me3.jpg
サイドカーがロケットとなって離脱するカワサキのバイク
セイコーのデジタル・ウォッチといい、日本製が目立つようになってきた

続いてフォードのセダンに乗った殺し屋チーム、銃撃しながら追ってくる。(あのジョーズも乗ってまっせー)
が、エスプリ後部ナンバープレート裏に装備された「黒いベトベト砲」から黒汁ぶっしゃあああー
セダンのフロントグラスが真っ黒になって、これも道路から転落。
昼飯を食ってるオッサン家の屋根にズンドコ
「まんまみーあ!」気の毒なオッサンの叫び、埃をはたきながら家から出てきたジョーズの冷たい視線がプライスレス。

さらに続いてマシンガンを装備した攻撃ヘリが空から襲撃!(マシンガン、どこについてる?)
操縦するのは先ほどアトランティスでお会いしたナオミさん。
エスプリの横に並んでボンドにウインク(死語)、ボンドも会釈を返す。
こういうところ、すごくイイ!
ヘリに追われるエスプリ、海にドッボーン

Caroline Munro.jpg
ストロンバーグのお色気ムンムン(死語)の秘書ナオミ
演じるは「宇宙一の奴隷娘」という評価もあるキャロライン・マンロー、この時代のB級SFやホラーに出まくって、ついに007で花開いた
イギリス人にとっては「ラムのCMのねーちゃん」というイメージらしい

アワアワするアニヤ、平常心が足りない!
潜水艇へとムチャな変身を遂げるエスプリ、おおおおお・・・・
特撮ではなく、本当にエスプリを潜水艇に改造して撮影したのです。(ただし地上用と水中用で複数台のエスプリを使い分けてる、「変身」はもちろんしない)
これがCGだったらハナクソほどの価値もないんですよ!
本物だからスゴイんですよ!
「招かれざる客には、お別れだ」
対空ミサイルを発射、ヘリを撃ち落とす・・・ ナオミが殺られた! おおおおお・・・・

The Spy Who Loved Me1.jpg
エスプリがついにスーパーカーを超えるスーパーカーに変身、全世界の小学生の心をワシづかみ!
ランボルギーニやフェラーリにも負けない、この時の感動は永遠に忘れない

この後、アクションはひと休みして海底散歩を楽しみながらアトランティスを偵察。
BGM「アトランティスのテーマ」も秀逸。
そこへストロンバーグの水中部隊が、「サンダーボール」以来となる水中戦だ!

The Spy Who Loved Me4.jpg
「サンダーボール」から進化した水中スクーター 水中銃から銛でなくミサイルを発射

The Spy Who Loved Me5.jpg
イエローサブマリン? こちらもミサイル装備

ボンドたちも水中ミサイルや煙幕、機雷などを駆使、敵を撃退。
実はアニヤエスプリの操作方法を知っていたのだ。(「前に、この車の青写真を盗んだことがある」そうです)
激しい戦闘で水漏れしてきたし、急いで上陸せねば!
とあるビーチで海中から姿を現すエスプリ、ここは映画館でも大爆笑のシーン。
魚をくれてやるよ!

これ
https://www.youtube.com/watch?v=D1MDwVRgoQc


伊藤園 おーいお茶 緑茶 525ml×24本
伊藤園 おーいお茶 緑茶 525ml×24本
伊藤園 おーいお茶 濃い茶 525ml×24本
伊藤園 おーいお茶 濃い茶 525ml×24本
伊藤園 おーいお茶 新茶 525ml×24本
伊藤園 おーいお茶 新茶 525ml×24本

この記事へのコメント

ナッシュ
2019年08月13日 05:41
こんにちはナッシュです。

まさに、007黄金時代、ロジャーボンドの真骨頂ですね。

これでロータスエスプリが大好きになり、先輩の友人が買ったエスプリターボ(ユアアイズ型)を見せてもらい、乗せて貰いました・・・さすがに運転はさせて貰えなかった(笑)。

先輩の友人も「学生時代から欲しくて・・・10年ローンで買っちゃった(笑)」と。

さて映画に話を戻し、ロータスを受けとる時のQへの存外な態度(笑)から始まり、カワサキZ1サイドカーとのカーチェイス。

あ、ちなみにカワサキZ1、アメリカでの大量販売が目的で、コードネーム「ニューヨークステーキ(アメリカを食べる!って意味?)」だったとか。

今でも高価なバイクで、ほとんど日本に里帰りした!って話もあります(笑)。

映画X2と(笑)サイドカーが発射され、た対向車との間をすり抜け、羽毛布団を積んだトレーラーが爆発し、Z1ライダーは羽毛まみれになり崖下へ落下

ロジャーボンドの「羽だけじゃ飛べない」のセリフに爆笑しましたよ。
あうち
2019年08月13日 09:34
エスプリ乗ったんですか、うらやましー!
私もオタクっぽい取引先の人が所有するランチア・デルタ・インテグラーレに乗せてもらったことありますが、運転が下手なせいか数分で気持ち悪くなりました笑
エスプリの乗り心地はどうでしたかねー?

「羽だけじゃ飛べない」のセリフは私もお気に入りなのですが、本当は英語でなんて言ってるのだろう?
あのバイク、そんな高価なんですか・・・ニューヨーク・ステキ笑
ナッシュ
2019年08月13日 10:28
こんにちはナッシュです。

エスプリ、ホントに乗っただけで、走ってくれなかったからなぁ!(汗)。

まぁ、あの車高の車に搭載されるサスペンションがどんな物であろうと魔法でも使わない限り、短いサスペンションストロークでショックを吸収するために硬く・・・乗り心地が良いはずがない!と思いますよ(笑)。

カワサキZ1、生産終了後40年程経つバイクですが・・・程度にもよりますが200万位はするのでは???。

人気のプレミア価格ですね。

私は20年程前に先輩のカワサキZ2(750cc、完全ノーマル)に乗せてもらいましたが・・・私は今のバイクが良いなぁ!と。

ウェットネリーエスプリ・・・僕らの世代には一番有名なボンドカーなのでは?。

たとえ、ホントに変形してサブマリン仕様にならなくてもカッチョエエ!(  ̄▽ ̄)

最後にビーチに上陸して小魚を落として行くのはロジャーボンドですよね。
あうち
2019年08月13日 20:30
エスプリ、どう見ても乗り心地良くなさそうですよね笑
それでも先行するヨーロッパとかに比べるとゴージャス仕様という話ですが・・・

バイクで200万ですか・・・車が買えますなー。

魚を落とすところは映画館で大爆笑でしたよ!
ナッシュ
2019年08月14日 07:55
こんにちはナッシュです。

羽だけじゃ飛べない

all those feathers and he still can't fly

となってました。

ちなみにサイドカーミサイルのスイッチ・・・ヘッドライトのスイッチを触ってましたね(笑)。

エスプリ、それまでのロータスはライトウェイトスポーツからスーパーカーに転身しようとしたモデルでした。

並列4気筒からターボ、更にV8エンジンまで積んで、04年位まで30年近く生産された息の長いモデルでした。
あうち
2019年08月14日 12:59
フロントウインカー修正しました汗

おーさすがナッシュさん、「あれだけ羽根があっても彼は飛べない」みたいな感じ?

ほー、あれがヘッドライトのスイッチですか。
たぶんヘッドライトはダミーの昼間専用車・・・

エスプリも後期は角が丸まって精悍さを失いましたね。
綾小路清隆(仮名)
2019年08月14日 23:31
浜辺に上陸するシーン、個人的に大笑いしました!次回作のムーンレイカーのボンドラのアクションも個人的にツボリマシタ♪
ムーアボンドとブロスナンボンドが懐かしくなりますなあ。先日テレビで「スカイフォール」観た後の感想ですが…
あうち
2019年08月15日 08:53
そうなんですよね、ダニエル作品は見終わった後の幸福感のようなものがないんですよね・・・
でもムーア時代は「もうちょっとシリアスにできないかなあ。これじゃコメディだよ」なんて思ってたのです笑
人間は身勝手ですねー
ブロスナン時代はシリアスとコメディーのバランスはよかったと思うのですが、内容が二番煎じが多くて新鮮味がなかったなー。

この記事へのトラックバック