【ネタバレ】 映画「ポセイドン・アドベンチャー2」

BEYOND THE POSEIDON ADVENTURE (1979)


ポセイドン・アドベンチャー2 [DVD]
ポセイドン・アドベンチャー2 [DVD]


人はなぜ続編を作ってしまうのか?(借金を返したいから)

パニック映画よりもパニックな状況が始まろうとしている中、ダサい続編映画を見て心を落ち着かせるんじゃよ!
帰ってきた「2」祭り第1弾、別に見なくてもいい「ポセイドン・アドベンチャー2」をお送りします。
第1作は乗物パニック最高傑作だったのになあ。
海底地震によって発生した大津波、それによって上下逆さまにひっくり返ってしまった豪華客船ダイヤモ・・・ じゃなくてポセイドン号、生き残った人々の決死の脱出・・・ うーん、おもしろかったなあ。
殺人蜂軍団が人間を襲う動物パニック「スウォーム」の失敗により多額の借金を抱えたプロデューサー、アーウィン・アレンが自ら監督フォンをとって取り組んだのが本作。
第1作がヒットしたから、どんな内容でも名前だけで客が釣れるにちがいないと思ったろうが、結果は大コケだ!

管理人も第1作の感動を台無しにしたくないので生涯見ないつもりでしたが、好奇心に負けて最近見てしまいました。
ちなみに「スウォーム」も未見なんだけど、原作が名作「オルカ」と同じ人らしいから、そんなにつまらなくはないんじゃないかなあ。
機会があればこちらも見たいです。(たぶん機会はない)
それにしてもアーウィン・アレン・・・ 管理人にとって、この名前を聞くとよみがえってくるのは心ワクワクの思い出。
地球の危機が迫っている、原子力潜水艦ナントカ号で出動だ!みたいな、断片的な子供時代の記憶・・・
そんな夢あふれる記憶を与えてくれたアーウィン・アレンが、こんな駄作を作ってしまうとは、ああ無情。

愚痴ばかりこぼしてないで、クソみたいなあらすじをご覧いただきましょう。
クソだから細かく知る必要はないので、30秒で読めるレベルまで圧縮する!

マイケル・ケイン演じるサルベージ業者は転覆したポセイドン号を発見。
「金持ちがたくさん乗ってたから、お宝たくさん残ってるにちがいないでー」と乗りこむが。
彼らと同時にテリー・サバラス率いる医療チームも到着。(見るからに悪党)
サバラスの正体はテロリスト、目的はポセイドン号に積まれていたプルトニウムの回収だ。(今回はパニック映画ではなく冒険アクション!)
マイケル・ケイン「お宝見つけたでー」
テリー・サバラス「プルトニウム見つけたでー」
バババババ、バキューンバキューン、ドッカーン 悪党は吹き飛んだ!
マイケル・ケイン「あーあ、お宝は仲間の死体とともに流れてしまったよ」
だが生き残ったヒロインのポケットには金貨が1枚残されていて、めでたしめでたし。
ちなみに前作の登場人物は誰1人出てきません。

どんなストーリーだったら成功してたかなあ。
管理人の考えでは、もう1度大津波が発生して、上下逆さまだったポセイドン号が再びひっくり返り、元に戻ってしまう・・・ 前作ラストで船底までたどり着いたメンメン、今度は逆に上下が逆さまになってない船内を、逆に甲板まで脱出する・・・ というのはどうでしょう。
そして第3作では3度、大津波が発生。
再び上下逆さまになってしまった船内を、生存者たちが船底めざして旅をする・・・
これを繰り返せば永遠に続編が作れるよ!


前作「ポセイドン・アドベンチャー」ネタバレはこちら
https://puripuriouch.at.webry.info/201305/article_5.html

マイケル・ケイン出演作ネタバレ
「鷲は舞いおりた」
http://puripuriouch.at.webry.info/201704/article_22.html
「勝利への脱出」
http://puripuriouch.at.webry.info/201307/article_7.html
「殺しのドレス」
http://puripuriouch.at.webry.info/201710/article_1.html
「遠すぎた橋」
http://puripuriouch.at.webry.info/201712/article_3.html
「王になろうとした男」
https://puripuriouch.at.webry.info/201801/article_14.html
「トゥモロー・ワールド」
https://puripuriouch.at.webry.info/201812/article_4.html
「オースティン・パワーズ ゴールドメンバー」
https://puripuriouch.at.webry.info/201902/article_11.html
「ミニミニ大作戦(1969年)」
https://puripuriouch.at.webry.info/201905/article_1.html

テリー・サバラス出演作ネタバレ
「戦略大作戦」
https://puripuriouch.at.webry.info/201505/article_2.html
「特攻大作戦」
https://puripuriouch.at.webry.info/201704/article_19.html
「女王陛下の007」
https://puripuriouch.at.webry.info/201401/article_4.html
「狼の挽歌」
https://puripuriouch.at.webry.info/201405/article_8.html
「カプリコン・1」
https://puripuriouch.at.webry.info/201305/article_3.html


ベン(字幕版) - リー・ハーコート・モンゴメリー, ジョセフ・キャンパネラ, アーサー・オコンネル, メレディス・バクスター, ローズマリー・マーフィ, フィル・カールソン, ギルバート・ラルストン, モート・ブリスキン
ベン(字幕版) - リー・ハーコート・モンゴメリー, ジョセフ・キャンパネラ, アーサー・オコンネル, メレディス・バクスター, ローズマリー・マーフィ, フィル・カールソン, ギルバート・ラルストン, モート・ブリスキン
狼たちの午後 (字幕版) - アル・パチーノ, ジョン・カザール, チャールズ・ダーニング, ジェームズ・ブロデリック, シドニー・ルメット, フランク・ピアソン, マーティン・ブレグマン, マーティン・エルファンド
狼たちの午後 (字幕版) - アル・パチーノ, ジョン・カザール, チャールズ・ダーニング, ジェームズ・ブロデリック, シドニー・ルメット, フランク・ピアソン, マーティン・ブレグマン, マーティン・エルファンド
ディア・ハンター (字幕版) - ロバート・デ・ニーロ, ジョン・カザール, ジョン・サヴェージ, クリストファー・ウォーケン, メリル・ストリープ, ジョージ・ズンザ, チャック・アスペグレン, ルターニャ・アルダ, マイケル・チミノ, デリック・ウォッシュバーン, マイケル・チミノ
ディア・ハンター (字幕版) - ロバート・デ・ニーロ, ジョン・カザール, ジョン・サヴェージ, クリストファー・ウォーケン, メリル・ストリープ, ジョージ・ズンザ, チャック・アスペグレン, ルターニャ・アルダ, マイケル・チミノ, デリック・ウォッシュバーン, マイケル・チミノ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

綾小路清隆(仮名)
2020年02月21日 23:07
どう見てもシリーズ化無理っぽい感じですよね…
フォックス映画と言えば、実現は難しそうな「ボヘミアンラプソディ」の続編も企画中らしいですが…
もしかしたら、フレディ、マーキュリーの死から死後にアダム、ランバートがボーカルになって再始動っていう実話になるのかなあ…
あうち
2020年02月21日 23:19
もしかしてフレディが登場するクロマティ高校を映画化するのでは・・・
それなら見たいかも
綾小路清隆(仮名)
2020年02月22日 22:36
テリー、サバラスは森山周一郎が日本語吹き替えした自身の代表作「刑事コジャック」や「女王陛下の007」の吹き替えを気に入ってたらしく、「紅の豚」(一度も観たことないジブリ映画…)の英語版をやりたかったらしかったものの…
アメリカの地上波初放送と英語版吹き替え製作前に病死したのが無念だったでしょうなあ…
あうち
2020年02月22日 23:20
たしかに森山さんの声はシブいし、気に入るでしょうね!
コーヒーのCMにサラバスが出演した時も、森山さんが吹き替えて「うまいコーヒーを飲んでる奴は誰だ?」という名セリフ。

紅の豚はジブリで一番おもしろいかもですよ!
サラバスならピッタリだったのに残念・・・
ナッシュ
2020年02月24日 07:39
こんにちはナッシュです。

ポセイドンアドベンチャーは大好きでしたが、この2のあまりの酷評ぶりに見る気を無くしてましたが・・・この記事を見て、見たくなりました。

前作のキャラが一人も出てないなんて、ある意味凄い続編ですね(爆)。
あうち
2020年02月24日 09:26
こんにちわー。

原作小説だと前作のアーネスト・ボーグナイン刑事とか登場するらしいです。
私もこの年まで見るのを避けてきましたが、見て後悔しました笑

この記事へのトラックバック