【ネタバレ】 「グレイベアド 子供のいない惑星」 ブライアン・W・オールディス

GREYBEARD (1964)
Brian W. Aldiss


グレイベアド―子供のいない惑星 (創元SF文庫)
グレイベアド―子供のいない惑星 (創元SF文庫)


わーい少子化が進みすぎて老人ばっかりだー

読書の秋、SF小説7本一気読み4冊目・・・ うーむ歳のせいかSFを読むのにすでに疲れてきている・・・
名作「地球の長い午後」ブライアン・W・オールディスが描く、子供が生まれなくなって老人ばかりになった悪夢の世界!
以前より読んでみたかった「グレイベアド 子供のいない惑星」をお送りします。
なんといっても我が国は少子高齢化進行中の真っただ中、子供がいなくなって滅びるという筋書きは恐ろしいほど身近に感じます。
くわえて管理人自身も老人の世話に明け暮れる毎日・・・
が、結論を先に言ってしまうと、「長い午後」の壮大なイマジネーションに比べて、なんかショボい物語で面白くなかった!
オールディスの作品でなかったら、途中で投げ出してたな。
同じような設定の映画「トゥモロー・ワールド」もそうだったんだけど、作者は「歳をとる」ということ、「老人だらけになる」ということ、の意味がよくわかってないし理解が足りてないしリアリティーがないんじゃよ!
老人がみんな元気すぎるんじゃよ!
そして「年老いて死を待つだけ」という状況がどれほど神経をすり減らすことか・・・

第3次世界大戦が始まり、成層圏で爆発する核兵器(ゴールデンアイみたいな?)により、地球の生物は致命的な影響を被った。
ごく一部の種を除いて、子孫がまったく作れなくなってしまったのだ。
もろちん人類も・・・(ごくまれに子供が生まれることは生まれるが、奇形人間・・・)
主人公アルジャーノン・ティンバレンは軍隊で、生き残った子供をかっさらう任務に従事していたが、ある機関にスカウトされ転職する。
その機関の名はDOUCH、目的は滅びゆく人類の記録を残すこと・・・ (何者かわからないが)人類に替わって地球を受け継ぐ者たちのために・・・
この設定はおもしろいんだけど、あまり生かされてなかったな。

ティンバレンDOUCHの記録官として妻とともにイギリスに出向、数々の冒険を経て、とある集落に落ち着く。
そのころは文明はすっかり衰退、老人ばかりの「北斗の拳」みたいな世界になっており、DOUCH本部が無事に残ってるかどうかもわからない。
彼自身もすっかり年老いてヒゲが伸び、グレイベアド(灰色ひげ)と呼ばれるようになっていた。(とはいえ老人ばかりの世界では、彼はまだまだ若造)
人類の最後を記録する任務も今はすっかり忘れ去り、日々の生活に追われて忙しい。
中世みたいな村では「森の中に小鬼が住んでいる」という迷信のような噂が流れ、実際に「見た」という物もいるのだが・・・

そんなある日、グレイベアドは妻と友人たちとともに、最後の希望をかけて川を下り、ロンドンを目指す。
大自然が勢いを盛り返して野性の世界と化したイギリス、そんな中でかろうじて文明の灯を残すオックスフォードに到着。
ここで仕事を得て、しばらく生活するグレイベアド一行。
いろいろなエピソードの後、再び小舟で川を下る。
インチキ教祖ジンガダンジロウの本拠地の島で、グレイベアドはついに姿を現した小鬼と遭遇・・・と思ったら、その正体は野性の人間の子供だった!
「旧人類」を恐れて森に隠れていた彼らは言葉も通じないし、未開の種族のような暮らしをしているが、まちがいなく彼らこそ人類の後継者・・・
夫妻は負傷した小鬼を新たな家族として受け入れ、ともにテームズ河口へと旅立っていく。

人類に希望を残すようなエンディング。
「長い午後」もいずれレビューしたいと思います。


サンペレグリノ(S.PELLEGRINO) 炭酸入りナチュラルミネラルウォーター PET 500ml×24本[直輸入品]
サンペレグリノ(S.PELLEGRINO) 炭酸入りナチュラルミネラルウォーター PET 500ml×24本[直輸入品]
クリスタルガイザー 500ml×24本 [並行輸入品]
クリスタルガイザー 500ml×24本 [並行輸入品]
キリン 生茶 525mlPET ×24本
キリン 生茶 525mlPET ×24本

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック