【ネタバレ】映画「ジーンズ 世界は2人のために」

JEANS(1998)


jeans.jpg


ナマステごめん! 世界一の美女はこの方

帰ってきたインド映画祭り第2弾!
「インドの仕置人」シャンカール監督がアメリカおよび全世界ロケ、ビッグなスケールで描くラブコメ「ジーンズ 」をお送りします。
タイトルは「アメリカ=Gパンのジーンズ」にくわえ「遺伝子(genes)」の意味もあるらしい。
すでに「仕置人」の時点でCGを積極的に使用していたシャンカール、現在のCG大国インドへとつながっていくCGテクノロジーが本作で花開きました。
もはやCGでは日本はインドにかなわないと思いますが、日本はアニメをがんばればいいんだよ!(「推し武道」のCGを使わない手書きの「ちゃむじゃむ」ダンスシーンを見て、日本の生きる道はこれしかない、と思った)

ま、そんなことは置いといて、本作のもっとも重要な点、それは世界一の美女アイシュワリヤー・ラーイの日本デビュー。
カルナータカ州出身、ミス・ワールドだっけインターナショナルだっけ、優勝してる。
現在46歳かー・・・
ちなみにカルナータカ州とはこんなところ、ストビューで散歩してみよう!
https://puripuriouch.at.webry.info/201912/article_4.html

ところでインド映画において「主題曲」というのはあまり重要じゃないんだけど、今回のA・R・ラフマーンによる「ラブ・テーマ」はインドと思えないほどさわやかでスイート笑
これ アイシュワリヤーのイメージにもピッタリ
https://www.youtube.com/watch?v=_Q45cVA4t40

アメリカで実家のインド料理屋を手伝いながら、医学生として勉強もがんばる双子の兄弟ヴィシュラム
演じるは2人ともプラシャーント、この双子描写にCGが大いに活用されている。
彼らがある日出会ったのは、脳腫瘍の手術を受ける祖母の付き添いでアメリカへとやってきたインド美女マドゥアイシュワリヤー・ラーイ)。
右も左もわからないアメリカで困ってる彼女を助けるヴィシュ、2人はたちまち恋に落ちた!(正直に告白しますと、マドゥと恋に落ちるのがヴィシュなのかラムなのか忘れました。とりあえずヴィシュということに)

新天地アメリカで、さっそく歌って踊る2人。
はいらはいら~はいら~ば~ アメリカ横断ダンス(1:55から)
https://www.youtube.com/watch?v=9LisF4KXaRw
ラストに飛行機マニアの間で有名な「飛行機の墓場」が登場
アイシュワリヤーもスタント無しで機体の上で踊ってる!

相思相愛だし、これはもう結婚するしかない。
だが、ここで予想もしなかった障害が・・・ それは双子の
「うちの兄弟と結婚するのは、相手も双子の姉妹でなければならない!」
よってマドゥとの結婚は許さん!
アホか、この親父
だがそこはインド人、21世紀になろうというのに親の許可がないと結婚はできない。
どうする、恋する2人!

*** 親父が双子同士の結婚にこだわるワケ ***
実は親父も双子の弟がいた。(回想シーンの舞台はインド)
それぞれ別に嫁をもらうが、親父の嫁は優しい嫁、弟の嫁は強欲で意地悪女。
親父の嫁は妊娠中に弟の嫁からひどい意地悪をされ、双子(ヴィシュラム)を出産して死亡。
この悲劇に弟は嘆き悲しんで、「もう、あんな強欲女とは離婚する!」
だが親父は「決して離婚してはならん」と言い渡し、店を弟夫婦に譲り、体ひとつで渡米したのだった・・・
「双子がそれぞれ別々に嫁をもらったから悲劇が起きた・・・ 双子は双子と結婚しなければならない」
アホかー!

ここで重要な伏線。
何のためだったか忘れたけど、親父は一時期、弟と入れ替わって強欲妻と夫婦として過ごしたことがある。(バレなかった)
たしか強欲妻が弟をバカにするので、有能な親父が弟のフリをしてバリバリ働き、カッコいいところを見せようとしたんだっけ?
さらに典型的な悪女だった強欲妻だが、何かのおりに反省して良い人になる。(どういうきっかけで良い人になるのか忘れた)
物語の重要な部分で記憶アヤフヤですみません!
だが「エビフライはタルタルソースを食べるための棒」という名言がありますように、「インド映画のストーリーはミュージカル・シーンを鑑賞するための土台」にすぎないのです!
とにかく、この強欲妻はラストに重要な働きをするので覚えておいて!

困った孫娘を助けるため、マドゥの祖母そしてマドゥ兄が協力する!
「実は隠してましたけど、うちの孫も双子なんですよ! マドゥの妹ヴァイはとてもシャイなもので・・・」
「なんですと! それなら何の問題もない、インドに帰ってダブル結婚の準備を進めましょう」
親父も納得、そして舞台はインドへ!
ここでマドゥが素朴なインド娘ヴァイに変身して登場、双子の弟ラムは彼女に一目惚れ。
これでうまく双子同士のカップルが成立した!
ただマドゥヴァイが同一人物という問題を除いて・・・

ヴァイに恋したラムは、さっそく歌って踊る!
あんべ~あんべ~ インドの民族の踊り(3:15から)
https://www.youtube.com/watch?v=Bi-xO-HNpOE

だが、さすがに「どうしてマドゥヴァイが同時に姿を見せないんだろう?」と疑問に思う親父、そして双子の兄弟。
これをごまかすため、マドゥ兄がCG技術を駆使して双子姉妹の共演を実現させるが・・・
CG双子ダンス タカタカタカジュン タカタカタカジュン タカタカタカジュンタカジュン
https://www.youtube.com/watch?v=9TMtbCZP-6M

これだけがんばっても、ついに「双子姉妹はウソ」とバレてしまった。
婚約者「ヴァイ」が存在しない幻と知ってラムは大ショック、弟を騙されたヴィシュも怒りプンプン、マドゥとは別れる!
で、もちろん親父も怒り頂点、「会場も準備してしまったが結婚式は中止だ!」
マドゥは悲しみのあまり漁船に乗って自殺するつもり?
そこへ駆けつけるヴィシュマドゥを許してあげる。(そもそも悪いのはヴィシュの親父マドゥのバーちゃん
この2人だけは本物のカップル、なんとしても結婚する!

真実の愛の目覚めた最強バカップル、もはや歌って踊るしかない!
インド映画史上最大スケールの「世界一周ダンス」を・・・
これ(1:35から)
https://www.youtube.com/watch?v=dBOoKhlpXlg
ロケ地に日本が選ばれてなくて残念!(でも「ディル・セ 心から」には「新婚旅行はどこがいい?パリ?ニューヨーク?それとも日本?」というセリフがあったよ)
そしてインド代表の建築がタージ・マハルと思われてることも残念!(タミル映画なんだからガンガイコンダ・チョーラプラムを選んでほしかった!)
そうそう、本作はタミル映画なんだよね・・・ 「タミル映画は泥臭い」という偏見があったせいで?ずっと本作をヒンディ映画と思いこんでました。

よーし式場の準備もできてるし、このまま結婚だ!
だが親父が乗りこんできて、「許さーん! 絶対に認めない!」
ここで登場するのが、例の弟の強欲妻。(今は良い人になってる)
「あんた、一時弟と入れ替わって、私の夫に成りすましてたんだって? そんな破廉恥なことをしておきながら、よく偉そうなことが言えるね! 2人の結婚を認めないなら、あんたを詐欺で訴えてやる!」
親父は折れるしかなかった・・・
あんまり感動しないラストだな笑


シャンカール監督作品ネタバレ
「インドの仕置人」
https://puripuriouch.at.webry.info/201707/article_6.html


きっと、うまくいく(字幕版) - アーミル・カーン, カリーナ・カプール, ラージクマール・ヒラニ, ラージクマール・ヒラニ, アビジャード・ジョージー, ヴィドゥ・ヴィノード・チョプラ
きっと、うまくいく(字幕版) - アーミル・カーン, カリーナ・カプール, ラージクマール・ヒラニ, ラージクマール・ヒラニ, アビジャード・ジョージー, ヴィドゥ・ヴィノード・チョプラ
ダンガル きっと、つよくなる 〈オリジナル版〉(字幕版) - アーミル・カーン, サニャー・マルホートラ, ファーティマー・サナー・シャイク, サークシー・タンワル, スハーニー・バトナーガル, ザイラー・ワシーム, アパルシャクティ・クラーナー, ニテーシュ・ティワーリー, ニテーシュ・ティワーリー, ピユシュ・グプタ, アーミル・カーン
ダンガル きっと、つよくなる 〈オリジナル版〉(字幕版) - アーミル・カーン, サニャー・マルホートラ, ファーティマー・サナー・シャイク, サークシー・タンワル, スハーニー・バトナーガル, ザイラー・ワシーム, アパルシャクティ・クラーナー, ニテーシュ・ティワーリー, ニテーシュ・ティワーリー, ピユシュ・グプタ, アーミル・カーン
ロボット - ラジニカーント, アイシュワリヤー・ラーイ, S.シャンカール
ロボット - ラジニカーント, アイシュワリヤー・ラーイ, S.シャンカール

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック