【ネタバレ】 映画「シャレード」

CHARADE (1963)


シャレード(字幕版) - オードリー・ヘプバーン, ケイリー・グラント, スタンリー・ドーネン
シャレード(字幕版) - オードリー・ヘプバーン, ケイリー・グラント, スタンリー・ドーネン


おシャレード

ダイハツではありません!
夏のサスペンス劇場・第3弾、「雨に唄えば」から「スペース・サタン」 まで幅広い作風のスタンリー・ドーネン監督おしゃれサスペンス「シャレード」(原題:謎解き)をお送りします。

まずは有名なヘンリー・マンシーニのテーマ曲
https://www.youtube.com/watch?v=ltnH36_yKQ0
ボーカル付き
https://www.youtube.com/watch?v=NZ1ANlvn3rs
マンシーニでは「ピンクパンサーのテーマ」「ムーンリバー」の次くらいに有名かな?

なんといってもオードリー・ヘプバーンですよねえ。
あんまり興味がない管理人でも魅力的に感じる本作のオードリー、まさに最盛期。(なのかな?)
ジバンシィの提供する衣装に身を包み、「プラダを着た悪魔」ならぬ「ジバンシィを着た妖精」であります。
今回のお相手はヒッチコック映画でおなじみケーリー・グラント
あのレイモンド・チャンドラーが「フィリップ・マーロウをやらせたかった」俳優です。
彼の出演した「泥棒成金」「北北西に進路を取れ」007シリーズに影響を与えたっぽいですが、本作にもアッと驚く007元ネタが!(後述)
映画自体の感想も、ロマンチックな雰囲気に包まれつつハラハラしつつ、キャストの良さもあって赤マル良作!

謎の大富豪チャールズ・ランパートとなんとなく結婚したヒロインのレジーナオードリー)、友人とのスキー旅行中になんとなく離婚を決意する。
だが夫チャールズはプレタイトルに列車から放り出されて死亡していた!
この時からレジーナのまわりに出没する、見るからに悪人な男たち・・・ジェームズ・コバーンジョージ・ケネディなど下っ端時代の豪華な悪役!(あと1人は知らないハゲ)
特にケネディ鋼鉄の義手を装着していてビックリ、これ後に「007死ぬのは奴らだ」に登場するティーヒーのメカニック・アームですよ!(単なる義手ではなく爪を動かせる一種のサイボーグ)

コバーンにいじめられるオードリー
https://www.youtube.com/watch?v=gfLw0KJ6bLI

まるで007のようなメカニック・アームとの戦い
https://www.youtube.com/watch?v=mRmLfuhXHR8

悪人たち以上に謎の男がケーリー・グラント、役名もピーター・ジョシュアアレックス・ダイルアダム・キャンフィールドブライアン・クルークシャンクと出世魚のように変わっていく。
はじめはレジーナを守るヒーロー役として現れ、実は悪人3人組とつながりがある・・・
タマネギの皮をむくように彼の正体が1枚1枚めくれていく、まさにシャレード(謎解き遊び)であります。
彼に恋したっぽいレジーナが毎回、「ミセス・ジョシュアはいるの?(結婚してるの?)」「ミセス・ダイルはいるの?」「ミセス・キャンフィールドはいるの?」と確認するのがお約束の笑いどころ。
で、彼の最終的な正体は・・・

その前に事件の背景をネタバレ。
戦争中、ナチスの金塊を運ぶ任務を帯びた米軍兵士のチャールズと悪人たち、ちゃっかりネコババして秘密の隠し場所に埋める・・・ だがチャールズは裏切って1人でコッソリ掘り出して、戦後それをもとに財産を作った。
怒った悪人たち、チャールズを追求・・・ チャールズは家具や邸を売って25万ドルの現金に変え、それをもってトンズラ・・・ の途中で列車から投げ出された・・・ が、金は持ってなかった・・・
レジーナに残した遺品の中に25万ドル相当のお宝はないのか?
ない! 手紙とかメモ帳とか、つまらないものばっかり・・・
実は手紙に貼ってあった切手が25万ドルの超お宝だったんじゃー!(切手なら1回使用されると価値が下がるんじゃないかい?)

悪人たちは次々と謎の死を遂げ、レジーナはアメリカ大使館のバーソロミューウォルター・マッソー)から「ケーリー・グラントが真犯人、次はあなたの命と切手を狙うから安全な場所へ!」と指示されオペラ座へ逃げる。
クライマックスはオペラ座の裏側を見せながらの逃走劇。
実はバーソロミューこそ悪人たちの黒幕!
ケーリー・グラントこそ真のアメリカ大使館職員で、消えた金塊を調査していた本名ブライアン・クルークシャンクだった!
バーソロミューは舞台の落とし戸から落ちて死亡・・・ そういえばウォルター・マッソーって「ティファニーで朝食を」ヒロインのモデルとなった女性の夫なんだって。

最後の戦い、オードリーがピンチ!
https://www.youtube.com/watch?v=01ZWXIY1mcs

こうして無事にお宝切手をアメリカ大使館に返納するレジーナ、お約束の「ミセス・クルークシャンクはいるの?」
「いるよ」と返答されガッカリ・・・だが。
「おふくろだよ(僕は独身だよ)」と言われてバンジャーイ。
いや、まだあんたと結婚するとは言ってないから・・・


ケーリー・グラント出演作品ネタバレ
「泥棒成金」
https://puripuriouch.at.webry.info/201901/article_16.html
「北北西に進路を取れ」
http://puripuriouch.at.webry.info/201405/article_4.html

オードリー・ヘプバーン出演作品ネタバレ
「ロビンとマリアン」
https://puripuriouch.at.webry.info/201606/article_1.html

ウォルター・マッソー出演作品ネタバレ
「大地震」
https://puripuriouch.at.webry.info/201404/article_4.html
「サブウェイ・パニック」
https://puripuriouch.at.webry.info/201404/article_3.html

ジェームズ・コバーン出演作ネタバレ
「荒野の七人」
http://puripuriouch.at.webry.info/201612/article_8.html
「大脱走」
http://puripuriouch.at.webry.info/201712/article_6.html
「夕陽のギャングたち」
http://puripuriouch.at.webry.info/201408/article_14.html
「イレイザー」
https://puripuriouch.at.webry.info/201805/article_15.html
「ビリー・ザ・キッド/21才の生涯」
https://puripuriouch.at.webry.info/201811/article_2.html
「ペイバック」
https://puripuriouch.at.webry.info/201906/article_2a8fa7c2c4.html
「ミッドウェイ」
https://puripuriouch.at.webry.info/201903/article_14.html

ジョージ・ケネディ出演作品のネタバレ
「人間の証明」
http://puripuriouch.at.webry.info/201705/article_6.html
「復活の日」
http://puripuriouch.at.webry.info/201310/article_19.html
「大空港」
http://puripuriouch.at.webry.info/201409/article_12.html
「エアポート'75」
https://puripuriouch.at.webry.info/201807/article_15.html
「エアポート'77/バミューダからの脱出」
http://puripuriouch.at.webry.info/201505/article_11.html
「エアポート'80」
http://puripuriouch.at.webry.info/201508/article_5.html
「ナイル殺人事件」
http://puripuriouch.at.webry.info/201209/article_9.html
「アイガー・サンクション」
http://puripuriouch.at.webry.info/201402/article_6.html
「大地震」
http://puripuriouch.at.webry.info/201404/article_4.html
「特攻大作戦」
http://puripuriouch.at.webry.info/201704/article_19.html


サッポロ ヱビスビール [ 350ml×24本 ]
サッポロ ヱビスビール [ 350ml×24本 ]
サントリー ザ・プレミアム・モルツ 香るエール [ 350ml×24本 ]
サントリー ザ・プレミアム・モルツ 香るエール [ 350ml×24本 ]
【 ビール 】 キリン 一番搾り [ 350ml×24本 ]
【 ビール 】 キリン 一番搾り [ 350ml×24本 ]

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

きよけたん
2020年05月19日 00:38
これは最高でしたね。
映画好きになったきっかけのひとつでホント懐かし~
007でお馴染みのモーリス・ビンダーのタイトルデザインにもはまりました。
それにあのテーマ曲!タムレとワルツをビッグバンドジャズスタイルで…
オードリーはドーネン監督作品が一番いいような気がします。
3本もコンビを組んでるし。

それにしてもホリー・ゴライトリーのモデルの夫がマッソーだったなんて!
そういえばマッソーは本作の撮影合間に、
オードリーの代表作(あちらではなんといってもティファニー朝メシが彼女の代名詞)であるホリーの設定にひっかけて
「おい、ちゃんと貯金してるかァ?」ってちょくちょくからかっていたそうです。
オードリーは笑わせられることが大好きなので、
楽しかったという話を読んだことがあります。
あうち
2020年05月19日 10:58
あ、そうだ、タイトルバックがモーリス・ビンダーだったのに書くの忘れたー!

実は「ティファニー」まだ見てないんですよねえ。
本作でオードリーの好感度が上がったので「ローマ」「マイフェア」と合わせて近々見てみますか・・・
蟷螂の斧
2020年05月20日 07:10
おはようございます。この映画は子供の頃から何回も日本語版を見ました。
フジテレビ版はケーリー・グラント(中村正)、オードリー・ヘプバーン(池田昌子)、ウォルター・マッソー(富田耕生)、ジェームズ・コバーン(小林清志)。

>実はバーソロミューこそ悪人たちの黒幕!

初めて見た時は、とにかく驚きました!

>薬師丸ひろ子とかどうでしょう。

今の彼女ならば一の瀬さん役が似合いそうです。ちなみに三鷹瞬役が沢村一樹。イケメンでカッコいいけど、ちょっと年齢が・・・(当時40歳)。

>でも腕輪と区別がつかないかも・・・

大丈夫です。民衆がパンを奪い合う場面。

>「私は推理小説が大好きで」

「ブレードランナー」でもそういうのが・・・?
あうち
2020年05月20日 08:49
おはようございまーす。

お、ジェームズ・コバーンは次元大介ですか。
なんか脳内再生できるなあ。
最近の薬師丸ひろ子をまったく見てないのですが、それほどまでにオバサンになってしまいましたか・・・見なくてよかった・・・

「ブレードランナー」は2回見たけどまったく気づかなかったですね・・・
蟷螂の斧
2020年05月20日 20:19
こんばんは。

>なんか脳内再生できるなあ。

小林清志さんも含めて昭和の声優さん達の功績は大きいです!中村正さんはちょっと上品な紳士役が似合います。池田昌子さんと言えば・・・?

>最近の薬師丸ひろ子をまったく見てないのですが

1980年代前半。ビートたけしさんがオールナイトニッポンで「薬師丸ひろ子も今は可愛いなんて言われてるけど、年食ったら藤田弓子さんみたいになるぜ!」高田文夫先生が「ギャハハハー!」。1986年製作の映画「めぞん一刻」では藤田さんが一の瀬さん役だったそうです(僕は見てないけど・・・)。

>2回見たけどまったく気づかなかったですね・・・

僕も気づいてないんですよ。ある本にそれが書いてありました。暇な時にチェックしたいです。
あうち
2020年05月20日 22:54
こんばんわー。

中村正さん、池田昌子さんともにパッと思い浮かびません・・・声を聞けば思い出しそうですが。

藤田弓子、あのオバサンか・・・
ビートたけしの先見の明はすごい。
でもタケシもだいぶ年取ったなあ。
今年あたり危なそうだなあ・・・

きよけたん
2020年05月21日 10:03
こんにちは。
ふと発見
ケイリー・グラントはカーソン・ダイル ⇒ アレックス・ダイル です。
カーソンは殺された方(アレックスのでっちあげ)
オードリー「カーソンには兄弟はいないわ(バーソロミューのデマ)」
ケイリー「僕の弟だよ」(兄かも、なにせBrotherなので)
で結局バーソロミュー(マッソー)がカーソン・ダイルだったんですよねぇ
なんかややこしい。

あうち
2020年05月21日 14:30
あ、そうそうカーソンの兄という設定だったんですよね。
ウイキ見ながらコピペしてたら間違えたようです笑
さっそく修正しておきます!
ありがとうございます!

この記事へのトラックバック