【ネタバレ】 映画「化石の荒野」

化石の荒野 (1982) 角川・東映


化石の荒野 [DVD]
化石の荒野 [DVD]


時の魔術師「今なら心を開くとポイント20%還元」ワイら「ひらくひらく」

がんばればいいじゃない日本映画第6弾!
角川といえば最近はすっかり「アニメのKADOKAWA」になってしまいましたなあ。
今シーズンも深夜アニメ「異種族レビュアーズ」・・・ ぷぷぷ放送中止になってやんの笑(地上波では放送できない内容)
BS11では継続するようなので、そちらに切り替えますか。
という話は置いといて、昔は角川は映画を作ってたんだよ。(さらにその前は本を出版していた)
で、角川映画最大の失敗作(不入り)と言われるのが本作・・・ TV放送にも恵まれず知名度は低いし、ツッコミどころも多いけど、そんなに悪くないというか、けっこう好き。
昔はちょっとバカにしてたけど、角川春樹社長の「日本映画の限界を超えるんだ」という情熱は本物ですな。

渡瀬恒彦演じる主人公の刑事・仁科草介はある日、突然と拉致され、目が覚めたら知らない部屋にいて、そばには死体(アメリケン)が転がっていた。
トンズラする草介だが、殺人犯として指名手配されるハメに。
現場に転がっていた凶器のモデルガン「コルト・ローマン」は、日本では私服警官に支給されるモデルガンであり、草介の指紋が付着していたのだ・・・ 草介、ハメられました。

で、草介に接近する明らかにカタギでない男・山沢雪彦、演じるはちあきなおみの旦那「牙男爵」郷鍈治
「警察に追われて困ってるな、仁科草介。私が依頼する仕事をやりとげれば報酬ウン1000万円払うから、それを逃走資金に日本をトンズラするといいよ」
「俺を罠にハメたのはお前だな、ちくしょー、で仕事とは」
夏八木勲演じる中臣克明は山歩きとハンティングが趣味だ。(実はあるお宝を探している) 中臣克明は日本各地の山を歩き回るから、それを尾行するのだ・・・ これは尾行と射撃のプロである仁科草介、お前にしかできない任務だ。ちなみに中臣克明の父親(佐分利信)はえらい政治家だよ」
ここで草介はMGC製オートマグのモデルガンを渡されるが・・・ 黒くてプラスチック製丸出し(実銃はシルバーのステンレス製のみ、だよね?)で、そのうえサイズが実銃よりひとまわり小さい笑(マルシン製オートマグなら金属でサイズも本物と同じだが映画撮影には向かないかも)

先にネタバレしておくと、終戦直前に大量の金塊を積んで飛び立ったはずの日本軍の爆撃機が、目的地に降りた時には積み荷を積んでいなかった。(日本のどこかの山岳地帯に金塊を投下したにちがいない!)
この情報をつかんだ3人の日本軍人が戦後それぞれ出世して、その財力を使って金塊の行方を追っている。
ボスA山沢雪彦の黒幕、会社社長)、ボスB中臣克明の父、政治家)、ボスC(満を持してクライマックスに登場、特殊部隊の司令官)の3人、三つ巴の争い。(導入部で殺されたアメリカ人も占領軍の将校だった人物、やはり金塊を探していた)
実は仁科草介の今は亡き母親も例の爆撃機の乗組員たちと一夜を過ごしており(その結果生まれたのが草介)、母親は金塊の隠し場所について何か知ってるんじゃないか、草介も何か聞いてるんじゃないか、という事情もあって目をつけられた草介だったが、実は全く何も知らないので意味なし設定だった。

で、やむなく日本アルプスあたりでロケしながら夏八木勲を尾行する渡瀬恒彦、だが敵もさる物(夏八木勲だし)、尾行を察知して逆に渡瀬を追いこんだりする。
渡瀬は警察にも追われてるし、ピンチの連続だ。
ロープウェーふもと駅に警察が待ち伏せしてるのを察知した渡瀬、ロープウェーを止めて床の非常用ハッチを開けると・・・ 眼下には滝がゴゴゴゴゴ・・・ このシーンは鳥肌立った!(日本映画ではあまり感じることのない感覚)
カーチェイスもなかなかがんばってるし(待機していたヘリが渡瀬の車を吊り下げて逃走!)、アクションは悪くないですよ。
こういう映画がもっとたくさん製作されていたら、日本映画のレベルも徐々にアップしていったろうに・・・

んでんで、夏八木勲は実は渡瀬恒彦の腹違いの兄だった!(渡瀬の母と関係していたのはボスBだった)
渡瀬といい感じになる謎の女(浅野温子)の正体は夏八木勲の妹であり、ということは渡瀬の妹でもあるので、恋人関係にならなくてよかった。(危ないところだった)
野球場で郷鍈治の一味をみんな殺した!(いきなりライトが点いたのはなぜ?そういうところをちゃんと説明しないからB級なんだよ)
だが渡瀬の友人で今回の件の裏を調査をしてくれた新聞記者の川津祐介ボスBに殺された!
ボスB、実の父親らしいが許せん!
お宝の隠し場所を知る男(例の爆撃機の搭乗員の生き残り)が北海道・大雪山にいる。
そこでボスBそして夏八木勲と決着をつけるだ!

こうして舞台は大雪山へ。
ボスB一行は、今は先住民のように暮らす「搭乗員生き残り」の老人を捕えて拷問、金塊の隠し場所へと案内させる。
それを追跡する、白いパーカでカモフラージュした渡瀬
老人「この洞窟じゃ・・・」
なんか特撮冒険映画みたいになってきたぞ!
ここで、ついに姿を現す最後のボスC大木実)率いる特殊部隊、ヘリと雪上車の大部隊だ!(製作費かかってそう)
「金塊を我々に渡すのだ、夏八木勲!」
ヘリからラペリング降下する特殊部隊、かっちょえー!
春樹社長はこれがやりたかったんだね、でもヘリから降りてくる人たちは始めから雪上車に乗ってればいいんじゃないかな。

夏八木勲と手下たちも応戦、ついに始まる雪上バトル。
渡瀬も洞窟に侵入、ボスBを射殺。(父親なのに)
老人「この金塊は誰にも渡さん、ダイナマイトで爆破する!」
脱出する渡瀬、ドッカーン 洞窟は埋まってしまう。
特殊部隊は弱い、火力で圧倒的に上回っているのに、夏八木勲に次々倒され全滅。
ボスC渡瀬が仕留めるのだった。
最後に残った実の兄弟・・・ 決着をつけないわけにはいかない!

渡瀬のMGCオートマグと夏八木のコクサイ金属製M19・357マグナム、両者のモデルガンが同時に発火、同時に倒れる2人。
夏八木の胸からトマトジュースが広がっていく・・・
立ち上がる渡瀬、胸元から引っぱり出すのは浅野温子が別れ際にくれたダサいペンダント。
これが弾丸を受けて渡瀬の命を救ったという設定なのだろう、ひしゃげているが・・・
それを放り捨て、雪の中を去っていく渡瀬
オートマグはカッコ悪いし、脚本も雑だったが、最後に流れる主題歌(しばたはつみ「化石の荒野」)が流れてくると・・・ 細かいことはどーでもよくなる!

これ(日本映画の主題歌で一番好きかもしれない)
https://www.youtube.com/watch?v=nLKc6zYKx0M

名主題歌が最後に流れる映画はいい・・・
世の中にはエンドロール不要論の方もいますが、やはりこういうエンドはいい。
なんかすごい日本映画史上に残る傑作だったな!(という錯覚)


渡瀬恒彦出演作品ネタバレ
「戦国自衛隊」
https://puripuriouch.at.webry.info/201710/article_16.html
「復活の日」
https://puripuriouch.at.webry.info/201310/article_19.html
「赤穂城断絶」
https://puripuriouch.at.webry.info/201903/article_8.html
「やくざ戦争 日本の首領(ドン)」
https://puripuriouch.at.webry.info/201610/article_1.html
「仁義なき戦い」
https://puripuriouch.at.webry.info/201412/article_1.html

夏八木勲
「八つ墓村」
https://puripuriouch.at.webry.info/201509/article_6.html
「戦国自衛隊」
https://puripuriouch.at.webry.info/201710/article_16.html
「復活の日」
https://puripuriouch.at.webry.info/201310/article_19.html
「闇の狩人」
https://puripuriouch.at.webry.info/201609/article_8.html
「野性の証明」
https://puripuriouch.at.webry.info/201411/article_14.html
「人間の証明」
https://puripuriouch.at.webry.info/201705/article_6.html
「柳生一族の陰謀」
https://puripuriouch.at.webry.info/201802/article_4.html
「必殺仕掛人・春雪仕掛針」
https://puripuriouch.at.webry.info/201302/article_4.html
「日本沈没(1973年版)」
https://puripuriouch.at.webry.info/201805/article_17.html
「悪魔が来たりて笛を吹く(1979年版)」
https://puripuriouch.at.webry.info/202001/article_15.html

佐分利信出演作品ネタバレ
「日本の黒幕(フィクサー)」
https://puripuriouch.at.webry.info/202001/article_10.html
「やくざ戦争 日本の首領(ドン)」
http://puripuriouch.at.webry.info/201610/article_1.html
「日本の首領(ドン) 野望篇」
http://puripuriouch.at.webry.info/201511/article_1.html
「獄門島(1977年版)」
https://puripuriouch.at.webry.info/201804/article_13.html

浅野温子出演作品ネタバレ
「汚れた英雄」
https://puripuriouch.at.webry.info/201708/article_18.html


皇帝のいない八月 - 渡瀬恒彦, 吉永小百合, 高橋悦史, 山本圭, 森田健作, 永島敏行, 山崎努, 渥美清, 滝沢修, 佐分利信, 太地喜和子, 岡田嘉子, 丹波哲郎, 三國連太郎, 山本薩夫, 山本薩夫, 山田信夫, 渋谷正行
皇帝のいない八月 - 渡瀬恒彦, 吉永小百合, 高橋悦史, 山本圭, 森田健作, 永島敏行, 山崎努, 渥美清, 滝沢修, 佐分利信, 太地喜和子, 岡田嘉子, 丹波哲郎, 三國連太郎, 山本薩夫, 山本薩夫, 山田信夫, 渋谷正行
砂の器 デジタルリマスター版 - 丹波哲郎, 加藤剛, 森田健作, 島田陽子, 山口果林, 加藤嘉, 緒形拳, 佐分利信, 渥美清, 野村芳太郎, 野村芳太郎, 橋本忍, 山田洋次
砂の器 デジタルリマスター版 - 丹波哲郎, 加藤剛, 森田健作, 島田陽子, 山口果林, 加藤嘉, 緒形拳, 佐分利信, 渥美清, 野村芳太郎, 野村芳太郎, 橋本忍, 山田洋次
幻の湖 - 南條玲子, 隆大介, 星野知子, 長谷川初範, 光田昌弘, かたせ梨乃, 橋本忍, 橋本忍
幻の湖 - 南條玲子, 隆大介, 星野知子, 長谷川初範, 光田昌弘, かたせ梨乃, 橋本忍, 橋本忍

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

ナッシュ
2020年02月09日 21:37
こんにちはナッシュです。

この映画は見てませんが(汗)・・・MGCオートマグ(キットモデル)は持ってました(爆)。

当時はオートマグがステンレス製の銃だとは知らず「銃は黒」と思い込んでしたよ。

気付いたのは先輩がシルバーのオートマグを買った後・・・すでに組み立ててるは、発火はさせているはの後の祭り状態(涙)。

しかもMGCオートマグはセーフティレバーの作動が逆向きとのおまけ付きでしたねぇ(笑)。
あうち
2020年02月09日 22:48
こんばんわー。
おお、あの黒いオートマグを・・・
MGCは作動のスムーズさを優先してるから、リアルさが欠けることが多いようです。
ま、それはそれで発火を楽しむモデルガンと割り切れば・・・
セーフティレバーの作動が逆向きとは知りませんでした笑

私はマルシンの金属製オートマグをもってますが、これも内部機構はあまりリアルじゃないようです。
でも重さがハンパなく、これで殴れば絶対死ぬ笑

この記事へのトラックバック