【ネタバレ】 映画「オズの魔法使」

THE WIZARD OF OZ(1939)


オズの魔法使い(字幕版) - ジュディ・ガーランド, バート・ラー, ヴィクター・フレミング
オズの魔法使い(字幕版) - ジュディ・ガーランド, バート・ラー, ヴィクター・フレミング


おまわりさん、こっちです 3人の変質者が

ステイ・ホームが長すぎて、自粛生活にすっかり疲れてしまったあなた。
そんな時はかかとを3回鳴らして、心の中でこう言うの!
「おうちにいるのが一番いい!」
特に、ついつい足が歌舞伎町に向いてしまうあなた!
「おうちにいるのが一番いい!」
石田純一、おめえのことだよ!

というわけでファンタジー映画祭り第3弾、名作「オズの魔法使」登場です!
監督は「風と共に去りぬ」ヴィクター・フレミング
すげーな、同じ年(1939年)に本作と「風共」、2本の名作を撮ってるのか・・・
主演は当時16歳のジュディ・ガーランド、両親のいない農場で働く少女ドロシー役です。
彼女の歌う「虹の彼方に」エドガー・イップ・ハーバーグ作詞、ハロルド・アーレン作曲)はカバーするアーティストらが続々、現在でもCMに使用される超有名曲。
これ
https://www.youtube.com/watch?v=PSZxmZmBfnU

来たる「映画音楽祭り」でもトップを飾る予定の名曲です。
「虹の向こうは晴れなのかしら・・・」(それは天地真理
ジュディ・ガーランドからビリー・アイリッシュへ、映画音楽80年の歴史を駆け抜ける史上最大のムーヴィー・ミュージック・フェスティヴァーーール!
まもなく開催ですので、お楽しみに!(実際はショボい企画なので期待しないでください)

あらすじをお伝えする・・・
カンザスの農場で暮らす少女ドロシーは、突如発生した超巨大トルネードによって家ごと吹き飛ばされ・・・
不時着した場所は、恐ろしい魔女が支配する恐怖の異世界「オズ」だった!
しかしたまたま偶然、不時着の際に悪い魔女の片割れが、ヒキガエルのように家に押しつぶされて死亡。
「けけけ!この靴は私のものだよ!」
圧死した魔女から、さっそく靴を奪い取るサバイバル少女ドロシー。(この靴はマジカルパワーの源泉)
そこへもう1人の邪悪な魔女が出現、「おのれドロシー!必ずこの復讐は果たす!その靴も奪い返す!」
「やかましィわ、このババァ!てめェの相手なんぞしてられるか! わしゃぁカンザスへ帰るんじゃ、ボケェ!」

この呪われた地からカンザスへ帰還する方法、それを知る人物はただ1人・・・ その名は「オズの魔法使い」
オズの都にいる魔法使いに会うため、「エメラルドの道」をズンズン行くドロシー
「けけけ、このエメラルドをはがしてカンザスに持ち帰れば、わしゃァたちまち大金持ちよ!」
行く手には「脳がないので脳がほしい」スケアクロウ、すなわちカカシ(実際にはなかなかの策士)、
「心臓がないのでハートがほしい」ティントーイ・ソルジャー、すなわちブリキの兵隊
「チキン野郎なので勇気がほしい」ライオンマン、すなわち獅子
以上3名のロリコンどもが次々に現れ、ドロシーに悪さしようとするが、彼女の男気に惚れて舎弟となるのであった。

オズの都に着いたが、城門は閉まっている。
「開門! わしゃァ悪い魔女の片割れを倒したドロシーと申すもの! 魔法使いに会わせてもらおうか!」
そして、ついに魔法使いの宮殿へ。
「な、なんじゃこりゃー!」
そこで出会った魔法使いの正体とは・・・

魔法使い悪い魔女はもう1人残っている・・・ そいつの首を取ってこい、そうすれば望みはかなえてやる」
やはり邪悪な魔女との対決は、避けられぬ宿命・・・
3人の舎弟を引き連れ、魔女の住む居城へと殴りこみをかけるドロシー
が、魔女が送りこんだ精鋭バードマン部隊に拉致される!
「ククク、罠にはまったなドロシー! この砂時計の砂が尽きる時、汝の命もまた尽きるなり!」
「ぐぬぬ・・・」
ドロシー絶体絶命!

んが、知恵の回る第一の舎弟(カカシ)を筆頭に、鋼鉄の肉体を持つブリキの兵隊、狂獣ライオンらが援軍に駆けつけ、間一髪ドロシーは脱出。
魔女よ・・・貴様の弱点はお見通し!それは水!」
「うぎゃー!やめてー!」
水のない惑星で生まれ育った魔女の肉体は、まるで硫酸を浴びたように水に侵食されていく・・・ 悪い魔女は滅びた。

勝者ドロシーオズの都に凱旋。
「くぉら魔法使い! 約束を果たしてもらおうか!」
魔法使い「チッ・・・ まずカカシ、お前はもうすでに知恵があるから。ブリキ、お前はもう心があるから。ライオン、お前はもう勇気があるから」
ドロシー「なんじゃぁ?その投げやりな望みのかなえ方は!」
魔法使い「そしてドロシー、汝は・・・ かかとを3回鳴らして、おうちが一番と言え!」

ドロシーは農場のベッドの上で目覚めた!
「おぅ?本当に帰れたわい・・・ な、なにィッ!お前たちは・・・」
彼女の前に現れたのは、農場で働く3人の労働者。
「お前たちがカカシブリキライオンの正体だったのか・・・」
「ぐへへ・・・」「ドロシーちゃん・・・」「かわいいね・・・」
危うしドロシー、この後どうなる?
というところで映画は終わるのだった。
時代を考えると、映像・音楽ともに水準の高い映画でした!


ホテルニューオータニ SATSUKI コーヒーゼリー
ホテルニューオータニ SATSUKI コーヒーゼリー
お中元ギフト 夏の贈り物に 丸福珈琲店 珈琲と小豆のゼリー[MRF-001] 御中元熨斗(のし)付き
お中元ギフト 夏の贈り物に 丸福珈琲店 珈琲と小豆のゼリー[MRF-001] 御中元熨斗(のし)付き
[父の日に]【菜菓亭 自信の逸品】炭焼きコーヒーゼリー (6個入り)【オリジナルコーヒー豆】珈琲 天然水 コロンビア豆 手土産 プレゼント ギフト お中元 日持ち 常温
[父の日に]【菜菓亭 自信の逸品】炭焼きコーヒーゼリー (6個入り)【オリジナルコーヒー豆】珈琲 天然水 コロンビア豆 手土産 プレゼント ギフト お中元 日持ち 常温

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

綾小路清隆(仮名)
2020年06月12日 22:19
ミュージカル映画で観たことあるの、この映画と「雨に唄えば」、「レ、ミゼラブル」だけですが、今でも内容覚えてる映画ですねえ。
特撮もセットも今観るとちゃちい気もしなくは無いけどあんまり気にならん映画だったの覚えてます…
ガーランドの没後50年ぐらいたって「ジュディ/虹の彼方に」が公開され、主演のレネー、ゼルウィガーが主演女優賞に輝いた映画となりましたね。この実話映画のラストは最大の見所のようで、ゼルウィガーの渾身の「オーバー、ザ、レインボー」熱唱シーンは予告編やCMでもやってました。
あうち
2020年06月13日 08:32
もう没後50年ですか、早いですねえ!
「ジュディ/虹の彼方に」CMばんばんやってましたね。
主題歌は永遠の名曲・・・でもジュディはオズだけの一発屋だったような気もする・・・
きよけたん
2020年06月15日 12:00
こんにちは。
子供のころ、39年ってすげぇ当たり年だなぁと驚いてました。
豊かなカラーだし、そりゃ戦争負けるわな~と
しかも同じ監督!

実際はどちらもジョージ・キューカーがかなり演出していたそうですね。
ドラマ部分は女優たちの支持が絶大だったらしいです。
ジュディは不遇でしたね。
しかし「スタア誕生」('54)も素晴らしかった。
あ、これもキューカー監督だ。
あうち
2020年06月15日 14:34
こんにちわー。

ジョージ・キューカーなる人物は初めて知りました!
ウイキを見ると、いろんな監督を陰で支えてきたんですねえ。
でも自分の名義で有名なのは「スタア誕生」「マイ・フェア・レディ」くらいなのかな・・・

ジュディはヤク中になったんでしたけ。
子役時代にメジャーになると大人になってから不遇もしくは堕落というパターンは多いですねー。

きよけたん
2020年06月16日 07:59
>子役で脚光を浴びた役者のその後は悲惨
これは日本でも多いですよね。しとしとぴっちゃんしとぴっちゃん・・・
例外もあって、吉岡とかあおいちゃんとか田畑智子とか、ん?結構いるな~
ディカプリオなんて超例外ですねー

ジュディは「イースターパレード」もよかったです。
未見ですが「若草の頃」もミュージカルベストにランクされる傑作みたい。
今、ナチスはヒドイよ特集の最中ですが、
彼女はそんなシリアスドラマにも出演していて、
「ニュールンベルグ裁判」でのジュディは迫真の演技で!でした。
う~む、健闘したというべきか、あの実力でそれだけのはずはなく、
不完全燃焼でやっぱり不遇過ぎたとなるのか・・・
あうち
2020年06月16日 08:31
あ、わたしも大五郎を笑
あと「ホームアローン」とかリバーフェニックスとか・・・
子供のころからチヤホヤされるのが良くないのか・・・
ディカプリオが子役上りとは知りませんでした。

「ニュールンベルグ裁判」「若草の頃」、機会があったら見てみます!
ま、やるとしたらNHK-BSだな・・・
へネラル・モンゴ
2020年06月16日 23:28
ライザ・ミネリのお母ん。こんなかわいらしい少女だったんですね。
「虹の彼方に」というジャズの偉大な「スタンダードナンバー創出したんだから
一発屋でも十分な気が。

ジョン・ランディス監督のギャグオムニバス映画「ケンタッキー・フライド・ムービー」(1977年)では
「燃えよドラゴン」のパロディーが最後の最後で「オズ」になだれ込むというムチャクチャな展開
エヴァン・キム(韓国系アメリカ人のカンフー俳優)が「There is no place like home!」と唱えた後からのシーンは
感動のあまり鳥肌と吐き気が止まりません(笑

ジュディの旦那、ヴィンセント・ミネリ監督の話をしだすと
「炎の人ゴッホ」(1956年)での
カーク・ダグラスのゴッホとアンソニー・クインのゴーギャンという
「絵より腕力で生きた方がええんちゃうか」というごつい画家2人の話になるので、やめときます(笑笑
綾小路清隆(仮名)
2020年06月17日 00:02
39年映画の代表格「風と共に去りぬ」がアメリカの動画サービスでは配信停止に…黒人を奴隷として扱ってるからという理由らしいですが、敢えて映画の擁護を言えば、プロデューサーのセルズニックは一応アンチニグロ映画にならないよう原作を大分脚色し、キャラも多少変更してるそうです…
「風と共に去りぬ」は南北戦争を南部側から描いた映画として歴史映画の中でも貴重な方だとか。

現在のような黒人の暴動、警察不信の風潮下で製作費された「不法侵入」もオススメ。歴史映画じゃないけど警察不信の風潮下で大ヒットした警官コワイを絵にした映画です。警官を演じたレイ、リオッタのハマり役で話題に。
あうち
2020年06月17日 08:25
>へネラル・モンゴ様

ええージュディってライザ・ミネリの母だったですか!
そういえばライザ・ミネリの出演作をひとつも見たことない・・・

「ケンタッキー・フライド・ムービー」もおもしろそうですねえ。

>カーク・ダグラスのゴッホとアンソニー・クインのゴーギャン
すげえええ笑 ダグラスは目が異常者っぽくてゴッホに合ってると思うのですが、ゴーギャンがクインならゴッホと五分に渡りあえますね笑
ダグラスのゴッホが耳を切り取って差し出しても、平然と受け取ってムシャムシャ食ってしまいそうなゴーギャン笑
あうち
2020年06月17日 08:36
>綾小路様

あ、「風とも」配信中止のニュース見ました!
ポリコレ野郎どもはブチ殺したいですわ・・・
原作では自由になった黒人が白人女性をレイプしそうになるのをKKKが助けるみたいなシーンがあるそうで、それを監督が黒人を被害者に白人を加害者に入れかえたような話を聞きました。(それでKKKの人が怒っていた)
当時としてはせいいっぱい黒人に気を使っていたと思います。

暴動、警察不信といえばキャメロン監督の嫁の「デトロイト」も良かったです。




へネラル・モンゴ
2020年06月17日 22:45
アンソニー・クインは食えない時代、本当に画家をやって生活費をかせいでいたそうで
晩年まで絵は趣味で続けていたとのこと。
つまり「炎の人ゴッホ」の画家役で数少ないガチの本職だったわけです。

「風と共に去りぬ」は小説、映画とも当時からその白人優位観、黒人蔑視で進歩派から批判されていました。
老境のマーガレット・ミッチェルは、そうした点をインタビューで記者に問われると
「ク●ンボやユ●公やアカの言ってることでしょ!あいつらなんて黙らせればいいのよ!!」
と、セルズニックの苦心を無にするような見事な受け答えをして、火に油を注いでいたそうです。
へネラル・モンゴ
2020年06月17日 22:49
ライザ・ミネリの映画なら、私のお勧めは「ラッキー・レディ」(1975年)です。
映画評論家には酷評された作品ですが、禁酒法時代を舞台に
ライザがナイスガイ2人に囲まれたドリカム編成で活躍する痛快な冒険コメディです。
問題はそのナイスガイ2人が、バート・レイノルズとジーン・ハックマンという
血中オヤジ濃度高めのメンツだということで…
あうち
2020年06月17日 23:12
ひょえーマーガレット・ミッチェル過激ですなあ。
しかしバリバリ共産主義者の作った創作物だって、我々は政治思想を離れて楽しんでるわけですから、ミッチャムの思想も「作品は作品」と切り離して鑑賞したいですなあ。(切り離せないほど作品に差別思想が反映されてるから苦労してるんだろうけど)
でもミッチェルがアウトなら、このブログで押してるポオやラヴクラフトもアウトだな。

クインがあの顔で絵を・・・多才な方ですなー。

「ラッキー・レディ」も放送されたらチェックしてみます。
「ふぁびゅらすベイカーボーイズ」みたいな感じなんですかね・・・

この記事へのトラックバック