【ネタバレ】 映画「戦場のピアニスト」

THE PIANIST (2002)


戦場のピアニスト(字幕版) - アドリアン·ブロディ, エミリア·フォックス, トマス·クレッシュマン, ミハル·ゼブラウスキ, エド·ストパルド, モーレンリップマン, ローマ·ポランスキ, ロナルド·ハーウッド, ローマ·ポランスキ
戦場のピアニスト(字幕版) - アドリアン·ブロディ, エミリア·フォックス, トマス·クレッシュマン, ミハル·ゼブラウスキ, エド·ストパルド, モーレンリップマン, ローマ·ポランスキ, ロナルド·ハーウッド, ローマ·ポランスキ

船から一度も降りなかったピアニスト・・・ではないのか

ナチスはひどい!映画祭り第2弾、ロマン・ポランスキー監督「戦場のピアニスト」をお送りします。
思えば当ブログの映画ネタバレはポランスキー監督「ローズマリーの赤ちゃん」からスタートしたのでした。
ようやく4本目のポラ映画となる本作、これまで見たポラで最高傑作かもしれません。
その迫真の描写は前回の「シンドラーのリスト」を凌ぎます。
ハッキリ言ってシンドラーは助けてあげた側のドイツ人であって、別にシンドラー自身に苦難がふりかかったわけでもない、そういう「上から目線の余裕」がありましたからね。
対して今回は、ハンパない迫害を加えられたユダヤ人ピアニストが自らの体験を記した原作を元に、ポーランド人のポランスキー(ポーランド好きー)が監督したわけだから説得力がちがう。
ピアニスト役のエイドリアン・ブロディはアカ助男を受賞。
その他にもカン・パル、アカ監、アカ色を受賞、文句なく名作です。

前回はクラクフでしたが、今回はワルシャワが舞台。
ラジオに出演するほど有名になっていたピアニストのシュピルマンだが、戦争が進むにつれユダヤ人に対する迫害は日に日に厳しくなっていく。
まずゲットーに隔離され、家族はそこからアウシュビッツ送り。(もちろん全員死亡)
シュピルマンはゲットーを脱走、親切な人にかくまわれながらのサバイバル生活が始まる。
しかし生活レベルはどんどん低下、水くれー、食べ物くれー、死ぬー

あ、ナチスの人に見つかっちった・・・
だが、このナチス将校、これまでの残忍なドイツ人とちがい、知性も人間性もありそうだ。
「お前は何者だ? 1人でこの家に隠れてるのか?」
「私はシュピルマン、ピアニストです」
「ほう、ピアニスト? 向こうの部屋に焼け残ったピアノがあるから、何か弾いて見ろ」
これまで動物のように追い回され悲惨な生活を送ってきたシュピルマン、数年ぶりに触るピアノ。
ここで演奏されるショパンの曲が、まさに地獄に流れる天界の調べ・・・

これ
https://www.youtube.com/watch?v=jHfQCfUTlXE

感動したナチス将校シュピルマンを見逃してくれたばかりか、食べ物も定期的に差し入れてくれ、最後の別れの時にはコートまでプレゼント。(このコートのせいでシュピルマンはドイツ軍と間違われ、ソ連兵から殺されそうになるが)

戦争終わったー、シュピルマンの苦難も終わったー。
親切な将校は逮捕され、戦犯として裁かれてしまった。
シュピルマンとしても助けてあげたかったが、名前もわからんし、そもそも単なるピアニストである彼には戦犯の罪を軽くしてやるようなコネも力もないだろう。
それに前回のシンドラーとちがい、たった1人のユダヤ人を助けただけで、どこまで罪が許されたものか・・・

あら、もう終わってしまった・・・ 名作だがあらすじはシンプルでしたな。
次回の「ナチスひどい!」は、ちょっと意外な映画が登場。


ロマン・ポランスキー監督作品のネタバレ
「ローズマリーの赤ちゃん」
http://puripuriouch.at.webry.info/201209/article_7.html
「チャイナタウン」
https://puripuriouch.at.webry.info/201804/article_12.html
「告白小説、その結末」
https://puripuriouch.at.webry.info/202004/article_19.html


サッポロ ヱビスビール [ 350ml×24本 ]
サッポロ ヱビスビール [ 350ml×24本 ]
サントリー ザ・プレミアム・モルツ 香るエール [ 350ml×24本 ]
サントリー ザ・プレミアム・モルツ 香るエール [ 350ml×24本 ]
【 ビール 】 キリン 一番搾り [ 350ml×24本 ]
【 ビール 】 キリン 一番搾り [ 350ml×24本 ]

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

綾小路清隆(仮名)
2020年06月16日 23:32
ポーランド人だったポランスキー監督の代表作ですねえ。
さて、ポランスキー監督も奥さんだったシャロン、テートをヒロインに起用した映画「吸血鬼」ではシャロン、テート演じるヒロインが最後に吸血鬼になりそれに気付かないヘルシング教授の弟子に噛みついて終わり、最後にナレーションで「異変に気付かないヘルシング教授のせいでこのあと世は再び暗黒に支配された」みたいな締めくくりになるそうです(「初めてのホラー映画全集」に載ってた)この映画はポランスキーの戦争体験が背景にあるとも言われ、ユダヤ人救出に連合国が後手後手だったせいでわしらは大変な思いしたんじゃ!!と言う恨み節がつまったドラキュラ映画らしいですが個人的に未見。この「戦場のピアニスト」とセットで観るとより分かりやすいそうですが…
あうち
2020年06月17日 08:28
ええー何そのドラキュラおもしろそう!
シャロンテートといえば悲惨な殺され方・・・
タランティーノ監督の「ワンサポ・ハリウッド」でも取り上げてたようですね。
ポランスキー監督もなかなかテレビでやってくれないんですよね・・・

この記事へのトラックバック