【ネタバレ】 映画「シャッターアイランド」

SHUTTER ISLAND (2010)


シャッター アイランド (字幕版) - レオナルド・ディカプリオ, マーク・ラファロ, ベン・キングズレー, ミシェル・ウィリアムズ, マックス・フォン・シドー, パトリシア・クラークソン, エミリー・モーティマー, ジャッキー・アール・ヘイリー, マーティン・スコセッシ, レータ・カログリディス, マーティン・スコセッシ, ブラッドリー・J・フィッシャー, マイク・メダヴォイ, レータ・カログリディス, デニス・ルヘイン
シャッター アイランド (字幕版) - レオナルド・ディカプリオ, マーク・ラファロ, ベン・キングズレー, ミシェル・ウィリアムズ, マックス・フォン・シドー, パトリシア・クラークソン, エミリー・モーティマー, ジャッキー・アール・ヘイリー, マーティン・スコセッシ, レータ・カログリディス, マーティン・スコセッシ, ブラッドリー・J・フィッシャー, マイク・メダヴォイ, レータ・カログリディス, デニス・ルヘイン


先生たちも患者のためにがんばる

有名原作者のミステリー/サスペンス映画祭り第1弾!
デニス・ルへイン原作、マーティン・スコセッシ監督の、なんか怖い、オバケでも出そうな「シャッターアイランド」をお送りします。
ロビー・ロバートソンのテーマ曲がこちら(「映画音楽祭り」参加作品)
https://www.youtube.com/watch?v=EoxUaJXAgzw

完全にホラーだろ、これ・・・
原作は読んだことないけどデニス・ルへインって「ミスティック・リバー」の作者か・・・
後味の悪いのが好きな人向けですな。
スコセッシ監督と主演レオナルド・ディカプリオのコンビは「たくさん」(3以上の数は数えられない)
監督、本格ミステリーに初挑戦だったのか。(言うほど本格ミステリーか?)
ミステリーにおける「ギャラの一番高い人が犯人」の法則に煙幕をかけるため、ギャラの高そうな有名キャストを並べたわけか。
それでも、あえて言いましょう! ギャラの一番高い人が犯人だったと!

もともとこみいったストーリーなのに加えて、見てからだいぶ(半年以上)たってしまったので、記憶がだいぶあやふや・・・
ラストのオチは覚えてるけど、ちょっとカンニグするか・・・
(ただいまカンニング中)
なるほど、なるほど。完全に理解した。(ウソ)
見る前は「シャッター商店街」みたいに不況で島全体が閉まってるのかと思ったが、「シャッター」は単なる島の名前だったな。(それでも「島全体が閉まってる」のは正しい)

島全体が精神病院というナントカ島。(あ、思い出した、シャッター島だ)
絶対に逃げだせないその島から、1人の女性患者が消えてしまった。
怪しい・・・ 院長をはじめとする医師たちが怪しい・・・(島ではロボトミー手術の人体実験が行われてる、という噂あり)
ロボトミー、ロボット・ミー(私はロボット)=人間をロボットのように従順に変えてしまう手術・・・ ではありません!(ロボトミーは医療用語です)
しかし脳をいじくりまわす手術には変わりなく、消えた女性も手術が失敗して、死体は島のどこかに埋められたにちがいない・・・

そんな風に思ってるあなたに、いきなりネタバレ・ストレート!
医師たちは悪くない! みんないい人だ!
ロボトミー手術も単なる噂・・・ ではなく本当にやってるんだっけ?
消えた女性なんか、はじめからいなかったんや!

ま、しかし警察は女性患者が失踪したということで調査に乗り出す。
送りこまれるのは腕利き刑事テディレオナルド・ディカプリオ)と相棒の新人刑事。
ディカプリオだけに刑事(デカ)プリオ・・・ なんちて、なんちて
いつになく険しい顔、というかキチガイみたいな顔のディカプリオ
「演技が下手だからシリアスな役をやるとキチガイみたいな顔になるんだろう」と、初見の時に思ってしまいました笑
スミマセン、本当にキチガイでした。

ネタバレ・ストレート!
刑事テディは「元」刑事であるが、今は刑事ではない!
自分を刑事だと思いこんでる、精神病院に入院してる患者なのだ!
相棒も「刑事の演技をしている」医師にすぎない。
失踪した女性など存在しない、すべては院長が考案した、テディを治療するための壮大な芝居なのだ!
医師たちはけっこう危険にも直面するし、皆さん患者のために命をかけている。(ある意味、感動の医療ドラマ)
マックス・フォン・シドーベン・キングズレーといった名優たちが、そういった立派な医師役で参加。(終盤までは彼らも事件の容疑者として扱われる)

テディ刑事の過去は、こんな感じ。
奥さんがノイローゼになって3人の子供を殺害。
ムキーッとなったテディは奥さんを殺害。(やはり犯人はギャラの一番高い人だった)
その現実から目をそらすため、正気を失ってしまう。
いろいろ妄想するのだが、物語の途中から妄想が入りこんできて、どこまでが現実でどこからが妄想なのかわからない演出。
これはまあ、アレですね。2回か3回は見ろっつーことで。

相棒が消された!(という妄想)
あの灯台でロボトミー手術が行われている!(という思いこみ)
クライマックス、例の灯台で院長と対決するテディ
ここで真実が暴かれ、ついにテディは現実と向き合った!
よかったよかった、これで治療できない場合はロボトミー手術するしかなかった・・・

が! 結局は元に戻ってしまうテディ、手術を受けることに。
最後の「モンスターのまま生きるか、善人として死ぬか」というセリフから、実はテディは正気なのでは・・・ 「魂の死」であるロボトミー手術を自ら選んだのでは・・・
という考察ができるっぽい。

ごめん、もう1回見ないと、よくわからないや。
次回はパトリア・ハイスミス原作「リプリー」を予定しております。


デニス・ルへイン原作の映画ネタバレ
「ミスティック・リバー」
https://puripuriouch.at.webry.info/201803/article_18.html

マーティン・スコセッシ監督作品ネタバレ
「タクシードライバー」
http://puripuriouch.at.webry.info/201806/article_3.html
「レイジング・ブル」
https://puripuriouch.at.webry.info/201911/article_4.html
「ケープ・フィアー」
https://puripuriouch.at.webry.info/201806/article_5.html
「ヒューゴの不思議な発明」
https://puripuriouch.at.webry.info/201812/article_7.html
「ディパーテッド」
https://puripuriouch.at.webry.info/201908/article_13.html
「ギャング・オブ・ニューヨーク」
https://puripuriouch.at.webry.info/201910/article_3.html
「グッドフェローズ」
https://puripuriouch.at.webry.info/201910/article_13.html

レオナルド・ディカプリオ出演作品ネタバレ
「タイタニック」
https://puripuriouch.at.webry.info/201903/article_ebb60d998e.html
「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」
https://puripuriouch.at.webry.info/201902/article_6.html
「ディパーテッド」
https://puripuriouch.at.webry.info/201908/article_13.html
「ギャング・オブ・ニューヨーク」
https://puripuriouch.at.webry.info/201910/article_3.html
「ジャンゴ 繋がれざる者」
https://puripuriouch.at.webry.info/202001/article_16.html
「インセプション」
https://puripuriouch.at.webry.info/202004/article_18.html

マックス・フォン・シドー出演作品ネタバレ
「エクソシスト」
https://puripuriouch.at.webry.info/201310/article_6.html
「勝利への脱出」
https://puripuriouch.at.webry.info/201307/article_7.html
「コナン・ザ・グレート」
https://puripuriouch.at.webry.info/201403/article_15.html
「ネバーセイ・ネバーアゲイン」
https://puripuriouch.at.webry.info/201208/article_16.html
「デューン砂の惑星」
https://puripuriouch.at.webry.info/201407/article_2.html
「レナードの朝」
https://puripuriouch.at.webry.info/201707/article_15.html
「マイノリティー・リポート」
https://puripuriouch.at.webry.info/201707/article_16.html
「外人部隊フォスター少佐の栄光」
https://puripuriouch.at.webry.info/201910/article_11.html
「ハイジ」
https://puripuriouch.at.webry.info/202004/article_14.html

ベン・キングズレー出演作品ネタバレ
「ヒューゴの不思議な発明」
https://puripuriouch.at.webry.info/201812/article_7.html
「ザ・ウォーク」
https://puripuriouch.at.webry.info/201905/article_e5665d3abf.html
「スピーシーズ 種の起源」
https://puripuriouch.at.webry.info/201901/article_4c6e8ecf70.html
「英雄の条件」
https://puripuriouch.at.webry.info/201911/article_1.html
「シンドラーのリスト」
https://puripuriouch.at.webry.info/202003/article_7.html


ロジクール M171 ワイヤレスマウス 無線 小型 M171GR M171BL M171RD 国内正規品 2年間無償保証 - ロジクール 公式ストア
ロジクール M171 ワイヤレスマウス 無線 小型 M171GR M171BL M171RD 国内正規品 2年間無償保証 - ロジクール 公式ストア
【10/20まで♪ポイント10倍】【2020年最新 Bluetooth5.0】 ワイヤレスマウス bluetooth マウス ワイヤレスマウス 充電式 静音 薄型 小型 bluetooth ipad 7色ライ付 無線 USB パソコン PC 光学式 マウス 省エネルギー マウスパッド付属 Mac/Windows/Microsoft Proに対応 - Joyhouse
【10/20まで♪ポイント10倍】【2020年最新 Bluetooth5.0】 ワイヤレスマウス bluetooth マウス ワイヤレスマウス 充電式 静音 薄型 小型 bluetooth ipad 7色ライ付 無線 USB パソコン PC 光学式 マウス 省エネルギー マウスパッド付属 Mac/Windows/Microsoft Proに対応 - Joyhouse
「楽天1位」「2020最新版」ワイヤレスマウス 静音 マウス USB充電式 ワイヤレス 2.4GHz 省エネルギー 3段調節可能DPI 光学式 高精度 軽量 持ち運び便利 有線マウス 無線マウス 有線/無線両対応 Mac/Windows/PC/Laptop/Macbookなど多機種対応 オフィス/旅行/出張/に最適 - SKYUNICO
「楽天1位」「2020最新版」ワイヤレスマウス 静音 マウス USB充電式 ワイヤレス 2.4GHz 省エネルギー 3段調節可能DPI 光学式 高精度 軽量 持ち運び便利 有線マウス 無線マウス 有線/無線両対応 Mac/Windows/PC/Laptop/Macbookなど多機種対応 オフィス/旅行/出張/に最適 - SKYUNICO

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い

この記事へのコメント

太郎
2020年10月27日 18:57
わおーん!これネタバレしてても観たい!
てか、「黒い十字軍」もそーすが、犯人や結末が解ったくらいでツマラナクなるなら、それ駄作すよ!
面白い映画や冒険活劇は結末が解ってても面白いのです。<(`^´)>
しかしアレだなぁ……実は俺は看護師ではなく脱走した患者太郎だったぁ!!
とかなりそうな映画ですのう(笑)
ネタ・ヴァレーは治療齊藤だった!
いやいや「島全体が精神科病院」とか、そっち方面で働く者としてはゾゾゾ……
まぁ私は半分は東洋医学ですから。
ところでロボトミー。精神科でもターミナル病棟なら、年寄りにいますよ!
北杜夫の「夜の霧から」だっけな、彼の処女作はドクトルまんぼうだはなく、この、
ロボトミーに挑む医師の熱血小説すよ。
ロボトミーは治療不可能な発作を改善する
治療法でした。て、小説はナチス時代のドイツなので、絶滅政策と民族の純化政策により、精神病者は絶滅させる事になる。
その為、医師が患者を救う為に、必死で ロボトミー手術を成功させる!
「プロジェクトX
ロボトミーで命を救え。医師たちの挑戦」
なのですねえ。
まぁ医療ってそんなもんですよ。
近いうちにコロナワクチンのほぼ強要がなされるでしょう。なにせ人類初の遺伝子操作ワクチンを億の人間に投与できるから!
たたSARSですら、ワクチン副作用で社会復帰できない人が100万人ちかく中国にいるのを考えてみた方が良いです。ワクチンって副作用は一定率で必ず出る。
とはいえ、世界的な反ワクチン運動も、
地球温暖化以上に怪しい話でして。医療にういては、アメリカの保険・製薬会社は日本の国益に反すると疑う方が良いです!
あうち
2020年10月27日 21:49
こんばんわー。

黒い十字軍は冒険小説だから、まだアレですが、やっぱりミステリーはネタバレ読まない方がいいのでは・・・
正直ミステリーのネタバレは良心がうずきます笑
脱走した患者太郎さん、私もちょっと思いました笑
でも太郎さんの話は理論が首尾一貫してるので、この人は本物の冒険人生を送ってる人であって妄想ではない!と確信しました笑

ロボトミー、そうだったんですか。
名前のせいで誤解してる人多いみたいです。
アメリカの保険会社は日本に進出したいけど、国民健康保険が目の上のタンコブみたいですね。
コロナのワクチン、やっぱり打たないとダメなのかなあ


太郎
2020年10月28日 00:06
いや、あの……。2つ。
ロボトミーは凶暴性ある患者さんや、いわゆるテンカン発作のある人の治療不可能目的で開発されたもので、戦時中は先端医学技術でした。ただ…副作用とあうか、あーなるてしまう。でもねー、確か昭和39年の精神衛生福祉法のセイテアまでは、民家に座敷牢の設置が認められていたのす。そーいう時代に危険性は知られていないのですね。
例えば拷問扱いされる電器ショック療法も10年くらい前までやるドクターはいましたよ。あれも怖がる患者さん多いですが……やってよ!な人もいます。
鬱とかそういう症状が定着した人は、脳の中に回路ができてしまっていて、それを電気ショックで「焼ききる」のです。なので気分爽快となり、それを快感と思う患者さんもいるのです。まぁ、やる毎に脳が壊れますから……ですが。
それと私は冒険者でないですって
海賊の時だって、やる気まんまんで赤星(トカちゃん)を撃ったけど一発も当たらない。コースガードに「邪魔だどけ!」です。
そいつが舌打ちして、「まったく893は役に立たねー」と唾はいた。それで、
(俺はリーマンだと言ってるだろうが!💢)後ろから撃ったろうか💢
最中にそんな事してるアホが冒険者のわけがない(笑)下っ端のザコす
でもガードは仏外人部隊卒業の本物でした。やっぱりプロはキビキビしてカッケーな!と羨望の目でした。同じ元自でも本物は彼ですよ。
前の投降した会話も「伝聞」でしょ?
ただ私は役得で1次情報てか本物のヒットマンから聞いただけで(笑)
そもそも現場にいたのは。私が救急医療それも戦傷応急を習っていたからで、
頭脳や体術を買われた訳ではないのです。トホホ(;´д`)
我が家は代々がそんなでしてね。特攻隊に行った父は 飛行機がなくなり、芋を掘ってるうちに終戦。ハルピン特務機関で通訳していた祖父はスパイとして処刑されそうになったのですが、書道だけ達人で、銭湯の富士山を描いたりしていた絵筆で助かるた。呆れた事に、処刑前夜に炭をもらい、牢屋の壁に書画を描いた。諜報機関にいるから毛沢東とかの写真みてる。それで……
毛沢東が地平線を指差し、人民が感動して落涙してる絵を描いた(こら💢)
それで占領区の城壁(中国の町に必ずある。匪賊がいるから)に「壁新聞(プロタガンダ)」を描くのに丁度よいと、スカウトされた(こら💢)
その後、共産党幹部の肖像画を描いたら、どんどん注文が来て、オカズに肉を喰える立場になる。そして中華人民共和国建国後に「人民芸術家」の通行許可証をもらい帰国しましたと(脱力(;´д`))。
そーいう家系なんですよ。戦争映画なら「プラトーン」に、仲間の死体の下に入り、ベトコンに死んだ振りをして生き延びる黒人兵が出てきます。あれ!!
ヒーローにもならず、お宝も美女も手に入れないが、どーにか生き延びるタイプです。でもね、だから思う事があります。
「強運」の持ち主って、ちょいと運が廻ると飛ぶ鳥を落とす勢いで成功する。
でも、独裁者の末路がそうですが、そういう強運の持ち主は、運が悪いと生死の境をさ迷うほど酷い目にあいます。
運が「弱い人」とは、倒産、事故、災害…などに出会っても、そんなに運勢に
強弱がないので、落ち目になっても落差が小さい(笑)だから助かる
総じて運勢は弱い人の方が、多少の波乱はあっても、元に戻り、穏やかに死ねるものですよ。幸せとは弱運の人の方が多いまのですよ.(笑)
あうち
2020年10月28日 08:52
おはようございまーす!
昨日も寝落ちしてスミマセン。

精神科の治療もいろいろ大変ですなー。
民家に座敷牢って横溝正史の世界・・・
脳に電器ショック与えるのか、すげー・・・

いえいえ、冒険者というのは単に戦闘能力が高いとか、そういうことではなくて、常に新しいことに挑戦してる太郎さんの生き様のことを言ったのですよ。
おじい様、諜報機関の方でしたか!すげー

うちの父も徴兵されてすぐ結核を発症、江田島あたりの病院で入院してたので戦地には行かず、しかも東京大空襲も経験せずに済み、退院したら終戦という、あの時代なのに「戦争を知らない」という、なかなかの強運でした。(くわえて治療費は無料)
ま、運命は人それぞれ・・・

ではまた、後ほど。
綾小路清隆(仮名)
2020年12月30日 18:12
今さらのコメントです。
実は原作小説は発売当時、後半の数十ページが雑誌のグラビアみたいな袋とじ状態で刊行されたそうです…
当時はそれだけ衝撃だったのでしょうね、このオチガ…
あうち
2020年12月30日 20:54
こんばんわー。

袋とじになってるとエロ小説みたいですね笑
もうひとヒネリほしかった気もするラスト・・・

この記事へのトラックバック