【貼るだけ】映画音楽祭り・洋画編【聴くだけ】(3)「伯爵夫人」他

夏休み特別企画! ただ映画音楽の動画を貼って、それを鑑賞するだけの安直な企画です。


シネマ・クラシック101 ( CD6枚組 ) BCC-700 - オムニバス
シネマ・クラシック101 ( CD6枚組 ) BCC-700 - オムニバス


*** ご注意 ***
1、たまに映画のネタバレを含んでますので、未見の方は気をつけてください。
2、リンク先の動画が削除されることがしばしばあります。お知らせいただければ貼り直します。
3、急に音量がデカくなったりしますので、お気をつけください。
4、作曲家ごとに分類してあります。おおよそ古い人から新しい人へ・・・
5、今回は邦画はパスです。アニメとかアイドルとか、収拾がつかなくなるから・・・


今宵もよう来なすった・・・(今は朝です)
前置きは抜きにして、さっそく1人目の作曲家を紹介しましょう。

ナシオ・ハーブ・ブラウン Nacio Herb Brown
梨をハーブでブラウンに煮込む?

「雨に唄えば」Singin' In The Rain(1952)より
Singin' In The Rain(ジーン・ケリー)
https://www.youtube.com/watch?v=StB2WR4Hwdo

雨に唄えば(字幕版) - ジーン・ケリー, デビー・レイノルズ, ジーン・ケリー, スターンリー・ドーネン
雨に唄えば(字幕版) - ジーン・ケリー, デビー・レイノルズ, ジーン・ケリー, スターンリー・ドーネン

「時計じかけのオレンジ」での使用も印象的でした笑
こう言ってはなんですが、管理人はあまりミュージカル映画に興味がないのです・・・
だから名作でも漏れてるものがあるかもしれんが、堪忍な・・・
あとマリリン・モンローとか・・・ 堪忍な・・・

しかし、この人を漏らしては世間も堪忍してはくれまい。
チャールズ・チャップリン Sir Charles Spencer Chaplin
音楽も自分でやってるんですねー、さすが天才児・・・
無声時代とか古すぎるのは抜きにして、2曲だけセレクト。

まずは不朽の名作、不朽の名曲
「ライムライト」Limelight(1952)より
テリーのテーマ
https://www.youtube.com/watch?v=A9H3EdB85Ps

ライムライト(字幕版) - チャールズ・チャップリン, クレア・ブルーム, チャールズ・チャップリン
ライムライト(字幕版) - チャールズ・チャップリン, クレア・ブルーム, チャールズ・チャップリン

これこそ「ザ・映画音楽」
映画は子供のころ見たきりだなー、いずれまた見ないと。
続きまして、読者様からリクエストいただいた曲。

「伯爵夫人」A Countess from Hong Kong(1967)より
This Is My Song(ペトゥラ・クラーク)
https://www.youtube.com/watch?v=bMnmKUH6BRg

伯爵夫人 [DVD] - マーロン・ブランド, ソフィア・ローレン, チャールズ・チャップリン, マーロン・ブランド
伯爵夫人 [DVD] - マーロン・ブランド, ソフィア・ローレン, チャールズ・チャップリン, マーロン・ブランド

チャップリン最後のメッセージ・・・
その生涯の花道を飾るヒット曲です。

お、しんみりしていたら大地を揺るがす地響きとともにロシアの大巨人、
ディミトリ・ティオムキン Dimitri Tiomkin 登場です!
ここから映画音楽の歴史が変わる!

「真昼の決闘」High Noon(1952)より
私を見捨てないでダーリン
https://www.youtube.com/watch?v=A4a_1UhwgFU

映画のネタバレ記事はこちら
https://puripuriouch.at.webry.info/202001/article_13.html

弱腰な町の人たちが情けない映画でしたね。続きまして、

「OK牧場の決斗」GUNFIGHT AT THE O.K. CORRAL(1957)より
メインテーマ(フランキー・レーン)
https://www.youtube.com/watch?v=ZqyiRwlLa80

映画のネタバレ記事はこちら
https://puripuriouch.at.webry.info/201802/article_10.html

これまでの西部劇主題歌とは「カッコ良さ」のレベルが一段ちがう!
ロシア民謡の影響をそこはかとなく感じる・・・

「ローハイド」Rawhide(1959~)より
メインテーマ(フランキー・レーン)
https://www.youtube.com/watch?v=p6jQj6rGqnE

これはTVドラマ主題歌、本来は映画音楽ではないんですが、ティオムキンといえばやっぱり外せない・・・
ローリンローリンローリン

「リオ・ブラボー」RIO BRAVO(1959)より
皆殺しの歌=エル・デグエジョ
https://www.youtube.com/watch?v=RO74ceoOhgM

映画のネタバレ記事はこちら
https://puripuriouch.at.webry.info/201706/article_12.html

「アランフェス交響曲」とともにマカロニ・ウエスタンに、そしてさらには日本の「必殺シリーズ」などにも多大な影響を与えた「殺しのトランペット」
メキシコ軍がテキサスのアラモ砦に立てこもる守備隊を包囲した時、「これからお前らを皆殺しにするでー」とビビらす目的で演奏したのが原曲らしい。
ティオムキンがどこまでアレンジしたのか、原曲が残ってないので皆目わからないのですが・・・
管理人がもっとも好きな映画音楽の1本。

「アラモ」THE ALAMO(1960)より
グリーンリーブス・オブ・サマー
https://www.youtube.com/watch?v=gGNQV4Ct-jk

映画のネタバレ記事はこちら
https://puripuriouch.at.webry.info/201802/article_15.html

そのアラモの悲劇を映画化したのがこちら。
有名な「グリーンリーブス」はイギリス民謡であって、映画音楽ではありません。
ティオムキンはもうちょっと続くんじゃ・・・

というわけで以上8曲をお送りしました。(累計24曲)
いやー映画音楽って、本当にいいものですねえ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

きよけたん
2020年06月21日 22:06
ハイヌーンの”ドゥノッフォォセイクミー、おぉぉ~マイダァリン~”は、
ちょっとしょぼくれてて哀れを誘いましたね。
このリアリズム西部劇を観てなんたる腰抜け!と怒ったハワードホークスが、
西部劇とはこれだぁと作ったのが「リオブラボー」
皆殺しの歌 トランペットの音色がくぅぅ~ これ「アラモ」もですよね。
マカロニにも似合う。
他にも「ライフルと愛馬」って歌曲もありましたね。
あうち
2020年06月21日 22:43
あっ「ライフルと愛馬」忘れた・・・
今回は「みなごろし」だけでご勘弁を!
西部劇関係はまだ漏れがありそうですが・・・
「騎兵隊」「大いなる」「七人」などはこれから出てきます。

ハイヌーンは全体的に「情けない」感じがしますが、最終的にみんな倒したからOKでしょう。
きよけたん
2020年06月22日 04:22
西部劇っていい曲多いですよね。
ローハイドやOK牧場
かっこいい歌の代表格でした。どっちもフランキー・レイン
あとグレン・キャンベルっていうのもいましたね。
「マッケンナの黄金」とか「勇気ある追跡」とか

アラモの主題歌、昔ブラザーズ・フォーでよく聴いてました。
ミッチミラーと並ぶ男性コーラスでお馴染み
北京の55日もその4兄弟版が懐かしい。ぼぼぼぼぼボン~
日本版があるのを今回初めて知りましたよ。
エイトマンがA面になるんですかね?
かっこいい歌、日本でいったら誰だろう?水木一郎?
あうち
2020年06月22日 08:39
グレン・キャンベル初耳です(汗
「マッケンナの黄金」「勇気ある追跡」間に合いましたので緊急追加しました。
「マッケンナ」はクインシージョーンズなんですね。

たしかエイトマンがBメンだったような?
日本だと尾崎紀世彦なんかもかっこいいですよね。
意外と日本語版がある名曲は多いようです。(ユーチューブがなかたら知りようもありませんでしたが)
きよけたん
2020年06月23日 12:24
こんにちは
THis Is My Song がチャップリンの伯爵夫人の主題歌だったこと
すっかり忘れてました。
チャップリンは楽譜が書けないので、口述筆記のような形で採譜してもらったそうですが、すごいメロディメーカーですね。
「モダンタイムス」の”スマイル”も名曲で、真央ちゃんのスケートでもおなじみだし、カバーも膨大にありますね。
抒情的な心にしみるような曲を思いつく方なのでしょう。

余談ですが、私は子供のころから長いこと「ライムライト」のテーマを、
「恐竜の島」愛のテーマだと勘違いしておりました。
劇場で観たとき休憩時間に流れていて、いいメロディだな~と映画より印象に残っていたんですね。
あの頃、上映中の映画に関連する音楽が休憩時間に販促も含めてよく流されていて、本編未使用であってもイメージテーマとか愛のテーマっぽいのが使われていたからこそ生じた誤解です。
なのでどうしてもライムライトが恐竜の島になっちゃうんですよね。

「恐竜の島」はエドガー・ライス・バロウズの時に忘れられた太古世界シリーズの映画化で、内容はすからかんに忘れてしまいました。
あうち
2020年06月23日 15:15
こんにちわー。

伯爵夫人はいつもコメントくださる蟷螂の斧さんのリクエストだったと思います。
私自身はこの曲、知りませんでした。
楽譜書けないでも作曲できるんだ・・・すごいなあ。
日本にもそういう人いましたね、名前忘れてしまいましたが。
たしかゲゲゲの・・・

私は昔バローズの愛読者だったので「恐竜の島」原作本はまだ手元にありますよ!
でも映画はB級だからなあ。(「ペルシダー」原作の「地底王国」は見ました)

それにしても「ライムライト」と「恐竜の島」ではあまりにも世界がちがいすぎて笑
そういえば「ナイル殺人事件」の休憩中に「ミステリーナイール」みたいな歌が流れてましたが、本編では使われませんでしたね。
最近は休憩中にエアロスミスの曲が良く流れる、という話を聞きます。

この記事へのトラックバック