【貼るだけ】映画音楽祭り・洋画編【聴くだけ】(21)「パリは燃えているか」他

夏休み特別企画! ただ映画音楽の動画を貼って、それを鑑賞するだけの安直な企画です。


決定盤 「不滅の映画音楽」ベスト - VARIOUS ARTISTS
決定盤 「不滅の映画音楽」ベスト - VARIOUS ARTISTS


*** ご注意 ***
1、たまに映画のネタバレを含んでますので、未見の方は気をつけてください。
2、リンク先の動画が削除されることがしばしばあります。お知らせいただければ貼り直します。
3、急に音量がデカくなったりしますので、お気をつけください。
4、作曲家ごとに分類してあります。おおよそ古い人から新しい人へ・・・
5、今回は邦画はパスです。アニメとかアイドルとか、収拾がつかなくなるから・・・


ハイ、今回からこのお方の登場。
フランス四天王の1人、大作目白押しの
モーリス・ジャール Maurice Jarre

あまりフランスというイメージはないなー。
フランスよりイギリスの作品が多いせいか。
1曲目は、いきなりこの超大作。

「アラビアのロレンス」LAWRENCE OF ARABIA (1962)より
メインテーマ
https://www.youtube.com/watch?v=jdFwhhH2x7I

映画のネタバレ記事はこちら
https://puripuriouch.at.webry.info/201607/article_2.html

アラビアのロレンス (字幕版) - ピーター・オトゥール, アレック・ギネス, アンソニー・クイン, ジャック・ホーキンス, オマー・シャリフ, ホセ・フェラー, アンソニー・クエイル, ドライデン顧問, アーサー・ケネディ, David Lean, Sam Spiegel, David Lean
アラビアのロレンス (字幕版) - ピーター・オトゥール, アレック・ギネス, アンソニー・クイン, ジャック・ホーキンス, オマー・シャリフ, ホセ・フェラー, アンソニー・クエイル, ドライデン顧問, アーサー・ケネディ, David Lean, Sam Spiegel, David Lean

砂漠を見ると口ずさんでしまう、たとえそれが鳥取砂丘でも・・・
「007/私を愛したスパイ」でのパロディーが笑えた。
続いても映画史上不朽の名作・名曲。

「ドクトル・ジバゴ」DOCTOR ZHIVAGO(1965)より
ラーラのテーマ
https://www.youtube.com/watch?v=4Yd2PzoF1y8

映画のネタバレ記事はこちら
https://puripuriouch.at.webry.info/201905/article_86080851ab.html

タイガの森を見ると口ずさんでしまう、たとえそれが埼玉の森林公園でも・・・
オマー・シャリフ「ロレンス」から一転、ふつうの人になってて笑えた。
続いては病的な犯罪者映画・・・ キモイから途中で見るのやめちった。

「コレクター」The Collector(1965)より
メインテーマ
https://www.youtube.com/watch?v=g66RFGXrRKk

コレクター [DVD] - テレンス・スタンプ, サマンサ・エッガー, モナ・ウォッシュボーン, モーリス・バリモア, ウィリアム・ワイラー
コレクター [DVD] - テレンス・スタンプ, サマンサ・エッガー, モナ・ウォッシュボーン, モーリス・バリモア, ウィリアム・ワイラー

女性を監禁する時はいつも口ずさんでしまう・・・死んだ母親が「ノーマン!その女はダメだよ!」と叫んでも。(それはちがう映画)
続いて、世界の三船登場!

「グラン・プリ」GRAND PRIX (1966)より
メインテーマ
https://www.youtube.com/watch?v=oXaq8CBWUz0

映画のネタバレ記事はこちら
https://puripuriouch.at.webry.info/201209/article_12.html

元気いっぱいです。
続いて、これも名作・名曲です。

「パリは燃えているか」Is Paris Burning?(1966)より
メインテーマ
https://www.youtube.com/watch?v=BgfaqxFapLE

パリは燃えているか [DVD] - ジャン=ポール・ベルモンド, シャルル・ボワイエ, グレン・フォード, ゲルト・フレーベ, アラン・ドロン, オーソン・ウェルズ, カーク・ダグラス, ジャン=ピエール・カッセル, レスリー・キャロン, シモーヌ・シニョレ, ルネ・クレマン
パリは燃えているか [DVD] - ジャン=ポール・ベルモンド, シャルル・ボワイエ, グレン・フォード, ゲルト・フレーベ, アラン・ドロン, オーソン・ウェルズ, カーク・ダグラス, ジャン=ピエール・カッセル, レスリー・キャロン, シモーヌ・シニョレ, ルネ・クレマン

燃えてるくせに華やかな曲なの・・・
ちなみにNHKスペシャル「映像の世紀」テーマ曲も「パリは燃えているか」というタイトルですが、本作とはまったく無関係。
まぎらわしいぞNHK!
続いて、不倫してるだけなのに名作扱い・・・

読者様のリクエストで緊急追加!
「戦うパンチョ・ビラ」Villa Rides(1968)より
メインテーマ
https://www.youtube.com/watch?v=_nR44mMpS2k

サントラではなくマントヴァーニ楽団のバージョンですが、こちらのが音質いいので・・・
メキシコの青い空・・・

「ライアンの娘」RYAN'S DAUGHTER(1970)より
メインテーマ
https://www.youtube.com/watch?v=tV5blVpZzRM

映画のネタバレ記事はこちら
https://puripuriouch.at.webry.info/201804/article_18.html

ライアンの娘(字幕版) - ロバート・ミッチャム, サラ・マイルズ, トレヴァー・ハワード, ジョン・ミルズ, レオ・マッカーン, クリストファー・ジョーンズ, デヴィッド・リーン, ロバート・ボルト
ライアンの娘(字幕版) - ロバート・ミッチャム, サラ・マイルズ, トレヴァー・ハワード, ジョン・ミルズ, レオ・マッカーン, クリストファー・ジョーンズ, デヴィッド・リーン, ロバート・ボルト

アイルランドの荒々しい美しさと、身体障碍者の露骨な描写が忘れがたい映画でした。
続いて、またもや三船敏郎登場。
ブロンソン三船に投げ飛ばされて、アメリカ人ども「おーまいがーっ」

「レッド・サン」SOLEIL ROUGE(1971)より
メインテーマ
https://www.youtube.com/watch?v=H-l7JQ3SC58

映画のネタバレ記事はこちら
https://puripuriouch.at.webry.info/201304/article_2.html

マカロニではないがヨーロッパ製ウエスタン。
ボンドガール第1号のウルスラ・アンドレスは、これがベスト作品といえるでしょう。
最後は英国冒険小説の巨匠デズモンド・バグリイの数少ない映画化。

「マッキントッシュの男」THE MACKINTOSH MAN (1972)より
メインテーマ
https://www.youtube.com/watch?v=O2SBH6KuD3M

映画のネタバレ記事はこちら
https://puripuriouch.at.webry.info/201905/article_3.html

映画はイマイチな出来。(キャストもスタッフもいい顔ぶれなのに)
原作自体バグリイ小説の中では地味な方だからなー。
なぜこれを映画化しようと思った!
でも音楽だけは、なかなか味がある。

以上9曲(累計178曲)でした!
映画音楽は燃えているか!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

へネラル・モンゴ
2020年07月07日 22:14
モーリス・ジャールには岸田森の声がよく似合う!

言い切ってしまいましたが、「アラビアのロレンス」のオトゥールと、
「コレクター」のテレンス・スタンプの両方の吹き替えを
故・岸田森が担当していたからなんですよね。
両方とも見事な「心に闇を飼ってる人」演技で、それにジャールの曲がよく合うんです。
「コレクター」のスタンプは、沢田研二の吹き替えバージョンもありますが
これもやっぱり、見事な異常者演技。
結論としてはつまり、ジャールには異常者がよく似合う!(アレ?
あうち
2020年07月07日 22:45
こんばんわー。

なんと岸田森が吹き替えてましたか、まったく気づきませんでした!
岸田森といえば「帰ってきたウルトラマン」の郷秀樹の兄貴分、また時代劇の数々の悪役も忘れがたいです。
沢田研二は「太陽を盗んだ男」を最近見ましたが、狂ってましたね。
コレクターは女性が監禁されたところまでは見たのですが・・・

蟷螂の斧
2020年07月08日 05:38
おはようございます。「ドクトル・ジバゴ」よりラーラのテーマ。見ました。映画のいろいろな場面を思い出しました。森以外には長距離列車も。
オマー・シャリフと言えば亜流007映画「S・H・E クレオパトラジャガー」でコーネリア・シャープに惚れる男の役。

ダンジャックは、ジェームズ・ボンド関連の権利を保有している企業です。ジェームズ・ボンドの映画の製作会社、イオン・プロダクションを所有している昨日僕も初めて知りました。ケビン・マクローリーについて検索した時です。例の資料です。

みんなで酒飲みながらアイデアを出し合った時は仲良し。その後、金が絡んで喧嘩別れ?
あうち
2020年07月08日 09:36
おはようございまーす。

ラーラのテーマ美しい!(でも不倫)
「S・H・E クレオパトラジャガー」見てみたいですねー。(077とかも)
あ、でも子供のころちょっとだけ見たかな・・・黒人女性でしたっけ?

ダンジャックはまったくの初耳です!
イオンプロの上にまた会社があったとは・・・(節税対策?)

お金が絡むと人間関係も壊れますよねー。
お金なんかいらない! というのはウソで、友人よりお金がほしいです笑
へネラル・モンゴ
2020年07月08日 23:36
こんばんは。

「パリは燃えているか」のサントラは組曲として商品化されてますが
私は一番長い「パリ蜂起~解放」(ラストにかけての曲)が一番好きです。

特に、蜂起準備のテーマ、FFI(フランス国内軍)バリケードのテーマ、
米軍のテーマ(ヤンキー・ドゥードゥル・ダンディー+米国国歌)が
次第に一つのメロディとして溶け合っていくのは感動ものです
そしてパリ解放のクライマックスを迎え、「パリ・ワルツ」で締める。
ジャールの傑作だと思います。

あと、ここにも登場する炎の人ゴッホことカーク・ダグラス。今作品では米第3軍司令官パットン将軍ですが、
この人と、FFIパリ戦区司令官ロル大佐を演じたブリュノ・クリュメルは
たとえ史実の人物を演じても、いつ常軌を逸するか心配で目を離せません(笑)
あうち
2020年07月09日 08:40
おはようございます。

実はその組曲を最初はチョイスしていたのですが、あまりに長いので笑
できれば5分以内に収まる曲を・・・ということで変更しました。
ご了承ください・・・

カーク・ダグラス、耳を切り取りそうでしたか笑
そういえば「パリ燃え」の原作者(ジャーナリスト2人組)の書いたフィクション「第五の騎手」(カダフィ大佐がニューヨークに原爆を仕掛ける)ハネタバレ記事取り上げ済でーす。
へネラル・モンゴ
2020年07月10日 00:14
漫画家の永野のりこ先生のエッセイ漫画にあったエピソードと記憶していますが
小学生の時「コレクター」がテレビでオンエアされたのを見て
翌日学校で「ねえあれ観た?」「うん、すごく怖かった」などと
クラスメートたちの話題に加わったものの、
なぜか永野先生1人だけ、話が合わなくて戸惑ったそうです。

よくよく話をしてみると、永野先生だけが
「いやーはらはらしたよ。いつ他人に見つかるか心配で心配で」と
犯人の視線で映画を見ていたんだそうです(笑)
あうち
2020年07月10日 09:23
いや、それは・・・笑
サイコパス・・・(しかも女子なのに!)

私もけっこう悪役に感情移入する方ですが(ウルトラマンでも怪獣を応援してた)
さすがに変質者には・・・
へネラル・モンゴ
2020年07月11日 22:17
永野先生の漫画の原点は、クラスになじめないはみ出しっ子、いじめられっ子、
そのメタファーである「怪獣」への救いをどうするのか、だそうですから、
あうち様にも通じるところがあるのではないでしょうか。

モーリス・ジャールといえば、メキシコ革命の民衆の英雄を描いた「戦うパンチョ・ビラ」(Villa Rides、1968年)も忘れられません。
メキシコ革命の英雄だから、さあ!モノホンのメキシコ人であるアンソニー・クインの出番!
と思いきや、彼は出演せず、ユル・ブリンナーやチャールズ・ブロンソンの登場です。
ブリンナーもブロンソンも、メキシコの血は全く入っていないのです。
なんでハリウッドは、彼らみたいなアジア系スラブ人をメキシコ人役にして使いたがるんでしょうか。
あうち
2020年07月11日 23:04
永野のりこ、聞いたことあるなーと思ったら「すげこまくん」の作者でしたか。
怪獣が好きとは珍しい・・・

「戦うパンチョ・ビラ」、今から追加しまーす。
ハリウッドって役者と登場人物の人種・国籍のズレをまったく気にしませんよねー。
日本人役もサユリをはじめ、中国人・韓国人がどれだけ演じてきたか・・・
逆に「ゴールドフィンガー」では朝鮮人のオッドジョブを日本人のハロルド坂田が演じたりしてますが
へネラル・モンゴ
2020年07月12日 09:35
おはようございます。
「戦うパンチョ・ビラ」ありがとうございます。
メキシコの青い空の下、踊りだしたくなるようなすがすがしい曲ですが
革命戦争が舞台だけに、やはり人がたくさん殺し殺される映画です
(脚本がサム・ペキンパーだし)
ブロンソン演じるロドルフォ・フィエロがまた、楽しそうにたくさん殺します。
(ただし史実のフィエロの所業はもっと酷いです)

ラストは実にすがすがしいんです。このテーマ曲の変奏曲で盛り上がります。
ただし、史実のパンチョ・ビリャの最期は悲惨です。映画ではそこまで描いていないので。

あと、例によってジル・アイアランドがちょこっとだけ出てます。腹が立つようなバカ女役。
あうち
2020年07月12日 10:05
重要な作品を見落としていました、ありがとうございます。
パンチョヴィラもそのうち見ないとなー。
見たい映画ほど、なかなかTVでやってくれないですよねー。

人がたくさん殺される映画は大好きです笑
ラテンアメリカの「美」と「暴力」のコントラストみたいのに昔から惹かれるんですよねえ。
これが北米だと「暴力」だけで美をあまり感じない・・・


この記事へのトラックバック