【貼るだけ】映画音楽祭り・洋画編【聴くだけ】(37)「女性上位時代」他

夏休み特別企画! ただ映画音楽の動画を貼って、それを鑑賞するだけの安直な企画です。


サウンドトラック ヒッツ in Prime - David Foster, Survivor, Henry Jackman, Nicholas Dodd, Keala Settle, Kendrick Lamar, SZA, Kenny Loggins, Jevetta Steele, Satoshi Hashimoto, The Greatest Showman Ensemble, Elton John, Ludwig Göransson, Lily James, 101 Strings Orchestra, Taron Egerton, Adele, Jessica Keenan Wynn, Ernesto de la Cruz, John Travolta, Duran Duran, Olivia Newton-John, ネビル・マリナー指揮、アカデミー室内管弦楽団, Alexa Davies, Simon & Garfunkel, Ray Parker Jr., Dick Dale And His Del-Tones, Michael Giacchino, ブラッド・フィーデル, Bonnie Tyler, Bobby Womack & Peace, Nancy Sinatra, Geinoh Yamashirogumi, Maurice Jarre, Irene Cara, La La Land Cast, John Williams, Naoki Sato, Alan Silvestri, Lorne Balfe, Tomoya Nakamura, Matthew Margeson, Koichi Yamadera, kensonlovers, Haruka Kinoshita, Susan Sarandon, Whitney Houston
サウンドトラック ヒッツ in Prime - David Foster, Survivor, Henry Jackman, Nicholas Dodd, Keala Settle, Kendrick Lamar, SZA, Kenny Loggins, Jevetta Steele, Satoshi Hashimoto, The Greatest Showman Ensemble, Elton John, Ludwig Göransson, Lily James, 101 Strings Orchestra, Taron Egerton, Adele, Jessica Keenan Wynn, Ernesto de la Cruz, John Travolta, Duran Duran, Olivia Newton-John, ネビル・マリナー指揮、アカデミー室内管弦楽団, Alexa Davies, Simon & Garfunkel, Ray Parker Jr., Dick Dale And His Del-Tones, Michael Giacchino, ブラッド・フィーデル, Bonnie Tyler, Bobby Womack & Peace, Nancy Sinatra, Geinoh Yamashirogumi, Maurice Jarre, Irene Cara, La La Land Cast, John Williams, Naoki Sato, Alan Silvestri, Lorne Balfe, Tomoya Nakamura, Matthew Margeson, Koichi Yamadera, kensonlovers, Haruka Kinoshita, Susan Sarandon, Whitney Houston


*** ご注意 ***
1、たまに映画のネタバレを含んでますので、未見の方は気をつけてください。
2、リンク先の動画が削除されることがしばしばあります。お知らせいただければ貼り直します。
3、急に音量がデカくなったりしますので、お気をつけください。
4、作曲家ごとに分類してあります。おおよそ古い人から新しい人へ・・・
5、今回は邦画はパスです。アニメとかアイドルとか、収拾がつかなくなるから・・・


さて、再び60年代に戻ります。
イタリア軍団から、この人!
ルイス・バカロフ Luis Enriquez Bacalov

1曲目は棺桶を引きずるヒーロー・・・
「続・荒野の用心棒」Django(1966)より
さすらいのジャンゴ
https://www.youtube.com/watch?v=IAooXLAPoBQ

映画のネタバレ記事はこちら
https://puripuriouch.at.webry.info/201211/article_4.html

タランティーノ監督の「ジャンゴ繋がれざる者」でスクリーンに復活、日本でも「スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ」北島三郎御大が熱唱した、この名曲。
実は笹沢佐保「木枯し紋次郎」日本版ジャンゴをイメージして生み出され、ご承知のように市川崑をメイン監督としてTVドラマ化され大ヒットした。
それに対抗するため製作されたのが「必殺仕掛人」「必殺シリーズ」の始まりである・・・
といったように日本のコンテンツへの影響が大きい。
話し始めると止まらないので、次。

「群盗荒野を裂く」Quien sabe?(1966)より
ヤ・メ・ボイ
https://www.youtube.com/watch?v=_i4bQsI4RTM

映画のネタバレ記事はこちら
https://puripuriouch.at.webry.info/201408/article_13.html

またしてもマカロニだが、これは数少ないレオーネ監督以外の傑作といえる1本。
オッサンの声が途中から突然、野太くなるのがステキ。
「ヤ・メ・ボイ」とはスペイン語で「私はもう行きます」という意味だが、管理人がメキシコ旅行の際、ホテルをチェックアウトする時に「ヤ・メ・ボイ!」と言ってもまったく通じなかった笑

同じ映画から、もう1曲
メインテーマ
https://www.youtube.com/watch?v=6YZqaFVttLs

これ実際にはモリコーネの作曲ぽいな・・・
詳しい話はめんどくさいので省略しますが、この曲がバカロフ作曲として世に広まってることに、モリコーネは怒ってるらしい。(本作にモリコーネは「音楽監督」としてクレジットされている)
メキシコの魂を感じる・・・ 熊本県の阿蘇を旅行中にウォークマンでよく聴いたが、阿蘇の風情にもピッタリ。

「ブラバドスの黄金」L'oro dei bravados (1970)より
メインテーマ
https://www.youtube.com/watch?v=e8VltKXZgQ4

これ日本未公開のマイナーなマカロニなんですが、バカロフで一番好きなんすよねえ。
同じ映画から、もう1曲いいすか?

さらば我が大地
https://www.youtube.com/watch?v=LCvsYkdr6x4

くうー、いいすねえ。
2曲も入れちゃったんで、残念ながらジェンマ主演の「怒りの用心棒」はカットさせていただきます。
あんまりマカロニばっかりになってもアレなんで・・・
と言いつつ、次もマカロニ。

「キングと呼ばれた男」Lo chiamavano King(1971)より
メインテーマ
https://www.youtube.com/watch?v=1FEv-QWEeZM

キングと呼ばれた男 [DVD] - リチャード・ハリソン, ドン・レイノルズ, レナート・サヴィーノ, ルイジ・ナネリーニ, ルイス・エンリケス・バカロフ, リチャード・ハリソン, クラウス・キンスキー, アン・パスキン, セルジオ・スマッキ, ゴッフレード・アンガー
キングと呼ばれた男 [DVD] - リチャード・ハリソン, ドン・レイノルズ, レナート・サヴィーノ, ルイジ・ナネリーニ, ルイス・エンリケス・バカロフ, リチャード・ハリソン, クラウス・キンスキー, アン・パスキン, セルジオ・スマッキ, ゴッフレード・アンガー

これも日本未公開かなあ?
「ジャンゴ繋がれざる者」で使用されましたね。
たまに思うんですけど、タランティーノは自分の好きな曲を集めてサントラを作りたいから、そのために映画を撮ってるんじゃないかなあ。(映画はオマケでサントラがメイン、あくまで管理人の妄想ですが)

では続いて、やはりイタリア軍団から!
アルマンド・トロヴァヨーリ Armando Trovajoli

この方も、いわゆる「ラウンジ系」愛好者の方から絶大な人気を誇っており、底なし沼のように探せば探しただけイイ曲がザクザク出てきてしまう・・・
キリがないので、というか管理人がラウンジ地獄に落ちてしまうので、3曲だけに絞らせていただきました。
そういうわけなんで、有名なマカロニ作品「星空の用心棒」はカットします。

まず1曲目!
「黄金の七人」Sette uomini d'oro(1966)より
メインテーマ
https://www.youtube.com/watch?v=Gi5OClS1mLc

黄金の七人  [HDニューマスター版] Blu-ray - フィリップ・ルロワ, ロッサナ・ポデスタ, ガストーネ・モスキン, ガブリエーレ・ティンティ, マルコ・ヴィカリオ
黄金の七人 [HDニューマスター版] Blu-ray - フィリップ・ルロワ, ロッサナ・ポデスタ, ガストーネ・モスキン, ガブリエーレ・ティンティ, マルコ・ヴィカリオ

有名なドロボウ映画・・・ 「11PM」のオープニングみたいだな笑
峰不二子の元ネタさん(ロッサナ・ポデスタ)が登場するんだよね。

「女性上位時代」La matriarca(1968)より
メインテーマ
https://www.youtube.com/watch?v=f70ssOXctGE

女性上位時代 HDニューマスター版 [DVD] - カトリーヌ・スパーク, ジャン=ルイ・トランティニャン, ガブリエル・フェルゼッティ, パスクァーレ・フェスタ・カンパニーレ
女性上位時代 HDニューマスター版 [DVD] - カトリーヌ・スパーク, ジャン=ルイ・トランティニャン, ガブリエル・フェルゼッティ, パスクァーレ・フェスタ・カンパニーレ

このころ「ウーマンリブ」という言葉が流行っていたな。

「黄金の七人 1+6 エロチカ大作戦」Homo Eroticus(1971)より
メインテーマ
https://www.youtube.com/watch?v=dThvK7sc164

黄金の七人 1+6 エロチカ大作戦 [DVD] - ロッサナ・ポデスタ, ランド・ブッツァンカ, ルチアーノ・サルチェ, マルコ・ヴィカリオ
黄金の七人 1+6 エロチカ大作戦 [DVD] - ロッサナ・ポデスタ, ランド・ブッツァンカ, ルチアーノ・サルチェ, マルコ・ヴィカリオ

うーんモリコーネっぽい。

以上9曲(累計320曲)でした!
なぜ映画音楽を聴く? 知るもんか!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

きよけたん
2020年07月21日 18:44
前にも話題になりましたが、タラちゃんのジャンゴの選曲の良さは中毒効果があります。脳内で流れ続けて虜にされてきました。おおジャンゴぉぉ~
オルトラーニの怒りの荒野、ミカリッツィの風来坊・・・
マカロニってどうしてナイスな音楽が多いんだろう・・・
それに既成曲だけでなくオリジナルも良かったなァ「フリーダム」とか

トロヴァヨーリの90年代ブーム、懐かしいです。
サバービアとかいうのも流行りましたっけ
「黄金の七人」は、私的サントラ第3次(くらい)ブームの火付け役でしたので凄く印象に残っています。
スキャットの洪水!さんざん聴き倒してきたものの、ここ四半世紀くらいご無沙汰してます。でも今聴いてもアルバム丸ごと楽しいだろうなぁ。
あうち
2020年07月21日 21:17
はい、赤ちゃん追加しましたー。
マカロニはまだまだ、これからも出てきますよー。
おそらく初めて聴かれるような曲も!

サバービアって自分でサーバーからビールを注ぐのかと思ったら、雑誌の名前なんですね。
「黄金の七人」も今度放送したら見ないと・・・
蟷螂の斧
2020年07月22日 06:34
おはようございます。「黄金の七人」。子供の頃テレビで日本語版を見ました。教授の声が広川太一郎さん。「心配な~い!」と言ったのを覚えています。それから数十年たってフランス語版を見たら、やっぱり面白かった。しかし、続編は金をかけたわりには・・・。

>「11PM」のオープニングみたいだな笑

案外「11PM」の方が意識して曲作りをしたのかも・・・?

>シンドラーの工場跡

永遠の名所?

>必殺仕業人

ここのところ午前4時に目が覚めて録画を見る、5時からジョギング。そのペースが続いていましたが、今朝は5時起きの朝寝坊(?)。ジョギングはしましたが、仕業人鑑賞は今日の帰宅後です。
あうち
2020年07月22日 08:27
おはようございまーす。

うわあ、めっちゃ早起きですねえ!
でも今の季節は朝の涼しい時間に活動するのがいいかもしれませんね。

11PMは明らかに影響受けてそうですね。
これに限らず、この時期のイタリア映画は日本のTV音楽に相当な影響を与えてるようです。

「黄金の七人」は今度こそちゃんと見るつもり。
泥棒映画があまり好きでなくて、なんとなく避けていたかも・・・(殺し屋は好きです)
蟷螂の斧
2020年07月22日 19:50
こんばんは。「必殺仕業人」第12話「あんた この役者どう思う」を見ました。歌舞伎役者5人が強盗をする話。依頼人で尚且つクリーニング屋で短期間だけ手伝いをするお染役は浅利香津代さん。特別美人という訳ではないけど、僕はああいう顔は好きです。

>うわあ、めっちゃ早起きですねえ!

次女が産まれた時からそのペースです。夜泣きではなく、朝泣きです。そして21時には寝るリズム。

>この時期のイタリア映画は日本のTV音楽に相当な影響

そして、あうちさんが仰ったように美しい悪女に関する影響。
言うまでもなく、峰不二子!

>「黄金の七人」は今度こそちゃんと見るつもり。

低予算だったそうですね。その方がスタッフの工夫があっていいのかも?「ロッキー」の第1作が良い例でしょう。
あうち
2020年07月22日 20:55
こんばんわー。

早寝早起き、健康にイイ!
中村敦夫が再び旅人姿に・・・浅利香津代さん、初耳です笑
浅香光代なら知ってますが・・・

このころのイタリア映画はほとんど低予算な感じ・・・
でもそこがイイ!
低予算だから好き勝手できたのかも。
ヘネラル・モンゴ
2020年07月23日 23:18
こんばんは。

「群盗荒野を裂く」の「メインテーマ」。やはりモリコーネの手によるものでしたか。
ギターで奏でられる哀愁を帯びたメロディーが盛り上がっていく様、本当にいいですね。

ラスト近く、駅(おそらくシウダーフアレス)で動き出すアメリカ行きの列車に乗り込んだビルに
「お前本当にいいやつだな。殺したくなんかないんだよ」と(懐をゴソゴソ探した挙句取り出した)拳銃を向けるチュンチョ。
驚いて「どうして俺を殺す」と問うビルに「Quien sabe?(知るもんか!)。」とただ答えるだけのチュンチョ。
やがて泣き笑いしながら1発、2発と引き金を引く…

感動のシーンがすぐ目に浮かぶ名曲です。
そのあと「Dinamite!」と叫んで走り去る彼の姿にかぶる「Ya Me Voy」の歌の2番もいい!
あうち
2020年07月23日 23:53
こんばんわー。

本当にモリコーネだという証拠はないのですが、それらしきエピソードが何かのCDの解説にありました。
「群盗」LPレコードを手にしたモリコーネが、「音楽 ルイス・バカロフ」と印刷してあるところをサインペンで塗りつぶし、自分のサインを書きこんだという・・・(プリプリ怒ってたそうです)
当時のイタリアは著作権の意識が低いから、何かあったんでしょうね笑

ラストは名場面ですよねー。
アメリカ人には作れない映画です。
きよけたん
2020年08月13日 07:56
おはようございます。
今更ですが、バカロフには生涯の代表作がありました。
「イル・ポスティーノ」1994
https://www.youtube.com/watch?v=A5EC3yMra3o
アカデミー賞受賞作、モリコーネより20年以上も早くにとっていた。映画もその年の代表作ともいうべき評判作。マカロニのバカロフとは気づかなんだわ
あうち
2020年08月13日 08:08
おはようございまーす。

バカロフのポスティーノ、実は知ってました。
曲を聴いて、「あ、これは入れなくてもいいわ」と思った次第です・・・(その時点では「すべての有名曲を入れる」といううこだわりはなかったので)
そういうわけで、記憶を消していただけると・・・笑
きよけたん
2020年08月13日 09:35
あ、そうだったんだ(笑)。知らぬは私ばかりなり・・・
てっきり大惨事かと思って駆け付けた次第ですが空振りでしたねぇ...(((;^^)
あうち
2020年08月13日 12:23
ご心配いただき、ありがとうございます。
アカデミー受賞曲って退屈なのが多いですよねえ。
マカロニの中にポスティーノを混ぜるとシラけると思い、切りました。

風来坊、さしかえちゃいました!

この記事へのトラックバック