【ネタバレ】「鷲は飛び立った」 ジャック・ヒギンズ

THE EAGLE HAS FLOWN (1991)
Jack Higgins


鷲は飛び立った (ハヤカワ文庫NV) - ジャック ヒギンズ, Higgins,Jack, 光, 菊池
鷲は飛び立った (ハヤカワ文庫NV) - ジャック ヒギンズ, Higgins,Jack, 光, 菊池


名作の続編を書くのは、もうやめて!

「あの名作の続編」4連読書、最終回!
せっかく良い終わり方をした名作なのに、「続編作っちゃおうぜー」という悪魔のささやきに逆らえないのは少年ジャンプジャック・ヒギンズも同じだった!
あーあー、やんなっちゃうなー、という感じの「鷲は飛び立った」をお送りします。
いや、決してツマランわけではなく、むしろ面白い。(もちろん「鷲は舞い降りた」よりはだいぶ落ちますよ)
リーアム・デヴリンをはじめ、やはりヒギンズの描く人物はいい・・・
しかしシュタイナー中佐が生きてた!となると前回ラストのあの感動を返して!
「宇宙戦艦ヤマト」がヒットして続編が作られて、とうとう沖田艦長が生き返ってしまった時のことを思い出します。(「脳死にはいたってなかった」そうで)
「ブラック・エンジェルズ」松田さんも頭部を撃ち抜かれたのに生き返りましたね・・・(「松田さん、なぜ生きてるんだ?」と聞かれた時の「こまけぇこたあいーんだよ!」という名セリフ、「2ちゃんねる」でAAとなってだいぶ普及しましたね笑)
で、なぜシュタイナーが生きてたかというと、「脳死にはいたってなかったうえに、こまけぇこたあいーんだよ!」

いろいろあってIRAデヴリンと再会した原作者ヒギンズ、「実はあの後・・・」と後出しジャンケンのようにデヴリンから後日譚を聞かされるのだった。
シュタイナー中佐は生きており、治療を受けた後ロンドン塔に監禁されている!(後に毎度おなじみ修道院に移される)
さて、ドイツでは・・・ 前作では総統閣下に無断で「チャーチル誘拐」なんて無謀な計画を立案したうえ、失敗してしまった親衛隊のヒムラー長官
ご承知のように部下(映画版ではロバート・デュバル)に責任を押しつけて、すっとぼけましたが・・・ なんとかして面目を取り戻したい。
「お、シュタイナー生きてるのか。彼を救出して総統閣下に引き合わせよう」
ドイツ軍人として初めてイギリスに上陸、戦闘したシュタイナーはドイツの英雄であり、総統閣下もお喜びになるに違いない・・・
というわけで「ウィンザー公掠奪」の主人公でもある、親衛隊情報部最高の切れ者シェレンベルク少将に作戦実行を命じるのだった。

いきなりネタバレですが・・・ 実はヒムラー長官、恐るべき野望を秘めていた!
戦局が悪化して、このままではドイツがやばい・・・ こうなったら無能なヒットラーを暗殺してワシが総統になったるわ!
そんなわけで秘かに暗殺計画を進めるのですが、有能な部下のシェレンベルク少将に気づかれそうな予感・・・
よし、先手を打ってシェレンベルクにはめんどくさい作戦を担当させよう。
その仕事にかまけて忙しくしてれば、ワシの秘密計画に気づく余裕もないだろうよ・・・
というわけなのですが、シェレンベルクがこのヒムラーの野望に気づく経緯が、「たまたま話してるのをを聞いてしまった」というのは安直!

が、物語前半では、そんなことはつゆとも知らないシェレンベルク、ポルトガルの酒場でピアノを弾いてるデヴリンを見つけ出し、「今回もたのむわー」とアイルランド上空からポーイ。
そこからロンドンへ移動、またしても地元の娘と恋をしたり、またしても葬儀屋を営むギャング兄弟と対立したり。
神父に変装したデヴリンがついにシュタイナーを救出、濃霧の中をドイツから飛んできた飛行機に乗って、イギリスよ、バイナラ~
ドイツに帰ってきたよー
シェレンベルク「みんな、ご苦労。シュタイナー中佐、さっそくだがひと仕事たのみたい」

実はヒットラーが嫌いなシェレンベルク、あいつが殺されようがどうでもいいんだけど、「考えてみると、このまま無能なヒットラーがトップにいた方が戦争早く終わりそう。頭の切れるヒムラーが総統になったら、ここからドイツが巻き返して人類の歴史がどうなるかわからん」
というわけで、気乗りしないけどヒットラーを助けてやりますか!
ヒットラーヒムラーは、とある城で面会する予定。(そこがヒットラーの墓場となる予定)
その近くに落下傘部隊も駐屯してるから、英雄シュタイナーがその部隊を率いて、総統閣下を助けるのだ!

城ではヒットラーがピンチ、そこへシュタイナーと落下傘部隊、シェレンベルクデヴリンも駆けつけ、反乱分子を片づけた!
今回もヒムラーはすっとぼけて、部下のせいにする。
ヒットラー総統は「みんな、よくやってくれた!」と、助けに来てくれたメンメンに勲章授与。
デヴリン総統閣下じきじきに勲章をつけてもらい、さすがに皮肉屋の彼も、なんと言っていいのかわからんのであった。

「というようなことがあったんじゃよー」と老いたデヴリンは原作者ヒギンズに語り終わった。
「もしかしてシュタイナー中佐は今も生きてる?」
「どうだろうねー。さ、そろそろお別れしよう」とデヴリンは消える。
「書くネタに困ったら、またおいでー」とは言わないが、そんな感じの幕引き。
もう続編は書かないで!


ジャック・ヒギンズ作品(小説)のネタバレ
「鷲は舞い降りた(完全版)」
http://puripuriouch.at.webry.info/201704/article_16.html
「脱出航路」
https://puripuriouch.at.webry.info/201905/article_15.html
「暗殺のソロ」
https://puripuriouch.at.webry.info/202006/article_4.html
「死にゆく者への祈り」
https://puripuriouch.at.webry.info/202006/article_2.html
「廃墟の東」
https://puripuriouch.at.webry.info/202006/article_3.html
「サンタマリア特命隊」
https://puripuriouch.at.webry.info/201801/article_7.html
「非情の日」
http://puripuriouch.at.webry.info/201402/article_4.html
「裁きの日」
http://puripuriouch.at.webry.info/201609/article_2.html
「テロリストに薔薇を」
http://puripuriouch.at.webry.info/201307/article_12.html
「嵐の眼」
http://puripuriouch.at.webry.info/201411/article_19.html
「虎の潜む嶺」
http://puripuriouch.at.webry.info/201503/article_5.html
「地獄の鍵」
http://puripuriouch.at.webry.info/201303/article_1.html

ジャック・ヒギンズ原作の映画ネタバレ
「鷲は舞いおりた」
http://puripuriouch.at.webry.info/201704/article_22.html


ドイツ軍放出品 コンバットブーツ 革製 レンジャーブーツ [ 27.0cm ] タクティカルブーツ トレッキングシューズ 軍払い下げ品 本革 編み上げブーツ 軍靴 半長靴 戦闘靴 ミリタリーブーツ サバゲーブーツ ミリタリーサープラス ミリタリーグッズ - アウトドア&輸入雑貨 レプマート
ドイツ軍放出品 コンバットブーツ 革製 レンジャーブーツ [ 27.0cm ] タクティカルブーツ トレッキングシューズ 軍払い下げ品 本革 編み上げブーツ 軍靴 半長靴 戦闘靴 ミリタリーブーツ サバゲーブーツ ミリタリーサープラス ミリタリーグッズ - アウトドア&輸入雑貨 レプマート
ドイツ軍放出品 ミリタリーボックス 電信機ボックス ODグリーン ドイツ連邦軍 ストレージボックス アモカン 軍払下げ品 軍払い下げ品 - アウトドア&輸入雑貨 レプマート
ドイツ軍放出品 ミリタリーボックス 電信機ボックス ODグリーン ドイツ連邦軍 ストレージボックス アモカン 軍払下げ品 軍払い下げ品 - アウトドア&輸入雑貨 レプマート
ドイツ軍放出品 KSKベスト 特殊部隊 タクティカルベスト [ Bランク ] ドイツ連邦軍 実物 アサルトベスト モスキートベスト フレクター迷彩 ミリタリー サバゲー 装備品 軍物 戦闘用ベスト 戦闘ベスト ミリタリーベスト ミリタリーサープラス ミリタリーグッズ - ミリタリーサープラス レプティル
ドイツ軍放出品 KSKベスト 特殊部隊 タクティカルベスト [ Bランク ] ドイツ連邦軍 実物 アサルトベスト モスキートベスト フレクター迷彩 ミリタリー サバゲー 装備品 軍物 戦闘用ベスト 戦闘ベスト ミリタリーベスト ミリタリーサープラス ミリタリーグッズ - ミリタリーサープラス レプティル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

太郎
2020年12月09日 11:29
こーにちわー。
買ってはあるんですよ、この本は。
ただ…何っーても「鷲」続編すからね。下手に手をつけてガッカリ😞するくらいならば……と積ん読中のまま幾星霜。
ちと嫌な予感が敵中したかなぁ。つまらなくないのは解るす。腐ってもヒギンズでしょうから。ストーリーがダメでもキャラで読ませるという武論尊&原哲夫みたいなノリがありますからねヒギンズには。
これが「」でなければ拘らないのですが。ユリシーズの続編書かれて駄作なら嫌でないすか。それと同じすね。
あうち様の記事を読んで、まぁ老後に暇な時に…という事で。ボンドの再読も視聴も終えてないし。だからダニエル・グレイブもロワイアル後はなかなか進まないでいる状況で、いま手に取る価値があるのか?と思うと………
あうち
2020年12月09日 12:08
こんにちわー。

その気持ちわかります!
私も買ってから読むまで3年くらいたったかなー。
ま、ごゆっくり・・・
他にも読みたいのたくさんありますからね。
ヒギンズはほとんど邦訳入手済みなので、この先ちょっとずつやってきまーす。
綾小路清隆(仮名)
2020年12月10日 20:37
こんばんわ♪
色々な戦争映画や戦争ネタのサイトを見てましたが、ヒトラー暗殺を題材にした映画のオススメ度が高い「ワルキューレ」は近年のヒトラー暗殺計画映画ではマニアにウケガ良いようで…
何でも成功寸前まで行った作戦だったようです…
主演はトム、クルーズで、監督は「ボヘミアンラプソディ」やXーMENシリーズのブライアン、シンガーでした。
他にも成功寸前で誤算が起きた実話の映画「ヒトラー暗殺13分の誤算」もありますなあ。
太郎
2020年12月10日 21:23
いま取材で児玉氏に支援された人に会いましたが、
とことん自主防衛を実現しようとした本物ですね!
彼は自宅にカミカゼして炎上させた活動家を、墜落地点に神棚を祀るた寛大な
漢であります。リベラルを自称する日本の左翼に、このような、敵であれ己の命を狙った者であれ、愛国者として祀るやうな寛大な心があるでしゃうか?
金塊が回収不能と知り、無駄な事をしないように策きたのは、実は児玉氏だったのではないかと想っています!
でもロマン求める奴は、私の後にも探しに行き、そして諦めるでしょう😂
太郎
2020年12月10日 22:23
あ、すみません。航空局だけ削除できます?
場所特定しちゃうので。
あうち
2020年12月10日 22:42
>綾小路さま

ワルキューレ、TV放送待ちですなー
トムが眼帯のやつですね。
実話だったんですか!
あと「最後の12日間」でしたっけ13日間でしたっけ
あれも見たい
あうち
2020年12月10日 22:47
>太郎さま

おおっお疲れさまでした!
この寒いのに無理なさらないで・・・
2番目のコメントかな?
この後消しときます。

児玉さんは落合信彦の本で悪いイメージで書いてあったので、あまりよくない印象なんですが、そうい一面もあったですか。
彼をモデルにした「日本の首領」という映画も取り上げ済みです。
むしろ笹川さんの方に良いイメージをもってました。

幽霊探知機ってどういう構造なんだろう。
たぶん湿気と温度に反応するのでは・・・
太郎
2020年12月10日 23:04
あうち様すみません。
化け探知機は、疑似乱数を使うようです。磁場とかにも反応するらしいのですが。乱数って、ようするにアトランダムに並べた無意味な数列す。
バーニングマン実験てのがNHKスペシャルでやってましたが(まさかNHKが超常現象を扱うとは…)、人間の持つ精神的なエネルギーは乱数に反応して、
ランダムな数列に変えるのだそうです。
なもんで、それを乱す場に反応するとか。玩具のくせに良く考えてる
反応した時に、強制的に乱数を出すとバリアになるのでは??とも考えて作っているようですね。
ゼロ磁場が日本列島の中央構造線に発生するとかしないとか。
そういう意味では、あそこ地層が激突する場所で、活断層でもあると。
まぁ、ネタとしか考えてませんが(笑)いちお風水の式盤でも観ましたが、
逆穴かどうかはともかくとして、たしかに地形的には穴ですね。ただ龍脈を
分水嶺と捉えると、支脈であり、辻褄が合いませんけれど。では。
あうち
2020年12月11日 08:42
おはようございまーす。

寝落ちしてスミマセーン。
わざわざご説明ありがとうございます。
私は心霊現象は物理現象ではありえないと思うんですよねえ。
100%人間の脳内、意識の中で起こる現象・・・
他の神秘体験やオカルトなんかもそうですが、いくら科学が発達しても物理では解明できないと思うのです。
それにしても面白い商品が売ってるなあ笑

太郎
2020年12月11日 16:00
無事に帰宅しました。出掛ける前後に感じたのは、かなり交通機関や宿泊施設が
ピリピリしとる事ですね。ヌルヌルになっていた窓開け換気が厳格になり、
宿泊も部屋籠もり推奨で。泥沼で汚れた着衣も、半地下パーキングにある洗濯機と乾燥機を使ってくれと言われましたしね。
基本的に私は人がいない場所でしたので(だから泥沼には焦りました)、山道も廃道(獣道?)や河床から登りましたので、ほとんど人と接してませんが、
休暇に入る前との激変には焦りました。旧飛行場は広大な畑や野原になっていて、一番に接近した人でも25mは離れてましたし。
やらないよりは良いのですか、いちお医療機関の者としては、潜伏期間が長いのだから、いきなり引き締めても間に合わないよ!との感想です。
しかし寒くなりましたですねぇ。
あうち
2020年12月11日 19:26
こばわー!

ご無事で何よりです。
毎日最高記録で広まってますからねー。
先ほどもの地元の市長から「できるだけ外出しないでー」と放送がありました。
イギリスでワクチン接種が始まりましたが、これがどうなるやら・・・
007最新作がいつ見られるのやら・・・

この記事へのトラックバック