【ネタバレ】 映画「スターリングラード 史上最大の市街戦」

STALINGRAD (2013)


スターリングラード 史上最大の市街戦 (字幕版) - トーマス・クレッチマン, ヤニナ・スチュディリナ, フィリップ・ラインハート, マリア・スモルニコワ, Fedor Bondarchuk, Sergey Melkumov, Aleksandr Rodnyanskiy, Dmitriy Rudovskiy
スターリングラード 史上最大の市街戦 (字幕版) - トーマス・クレッチマン, ヤニナ・スチュディリナ, フィリップ・ラインハート, マリア・スモルニコワ, Fedor Bondarchuk, Sergey Melkumov, Aleksandr Rodnyanskiy, Dmitriy Rudovskiy


スターリングラードの映画多すぎ

入院前に、がんばってもう1本アップ!
戦争と軍隊の映画第2弾、ポンチャカ・ポンチャカスキーみたいな名前の監督(フョードル・ボンダルチュークでした)の「スターリングラード 史上最大の市街戦」(原題:スターリンの街)をお送りします。
以前ジュードウ江戸ハリス「スターリングラード」を取り上げましたが、あれと同じスターリングラードの戦いを題材にしています。
が、今回はロシア製作のロシア視点で作られた作品。(当ブログ初のロシア映画です)
ちょっと待って、前の「スターリングラード」もロシア視点だったよね?(ドイツが敵)
アメリカ視点で作られた「スターリングラード」の映画ってないの?(アメリカは参戦してません)

さて、映画の冒頭がいきなり日本、いきなり311から始まってビックリ。(まもなく10年ですね。黙祷)
ロシアから来た救援隊が、瓦礫に埋まったロシア人を救助する。(あれ?日本人を助けに来てくれたんじゃないの?)
レスキュー隊員「君、がんばれ!絶対に助けるから」
ロシア人被災者「私はもうダメぽ・・・」
レスキュー隊員「あきらめるな! ボクには5人の父親がいたが、地獄のようなスターリングラードの戦いで必死にがんばったんだぞ。君に彼らの物語を語って聞かせよう」
ロシア人被災者(え、こんな状況で戦争の思い出話? しかも5人の父親って・・・)
といった感じで、唐突に第2次大戦中へ、地獄のスターリングラードへとストーリーは飛ぶのです。

冒頭のシーンはよく覚えてるんだけど、見てからだいぶ時間がたってしまって、この後の記憶がフニャフニャにふやけてる・・・
まあアレですよ。要するに5人のソ連兵(いずれも若者)が地元民の少女(といってもHができる年齢)と、1軒のアパートに立てこもるんですよ。
主人公が「君、危ないから避難しなさい」とゆっても、「ここは私の家だし、私もドイツ軍と戦う」とゆって少女はとどまる。
こうして籠城戦を続けるうち、5人の兵士と1人の少女の間にファミリーのような一体感が生まれてくる。(で、最終的には主人公が少女と結ばれて、後に生まれたのが冒頭のレスキュー隊員)

ちょっと待って、スターリングラード攻防戦は1943年2月まで続き、ということは遅くとも1944年初頭には少女は出産してるはずだから・・・ 311の時点でレスキュー隊員は67歳か。
えええーっ? もっと若く見えたけど・・・ とても67には見えなかったけど?

一方、スターリングラード攻略の責任を負うドイツ軍司令官も、現地で出会ったユダヤ系の娼婦を愛してしまい、助けようと手を尽くすが助けられなかったんだよね・・・ ツライツライ。
この人、「戦場のピアニスト」でもユダヤ人を助けてたトーマス・クレッチマンだよね?
毎回報われない方ですなあ。
で、ついに最終決戦の時。「5人の父親」は全員死亡、少女だけは生きのびてレスキュー隊員を生むのだった。
おしまい。
ソ連兵が手にしてるのが「ぺーぺーしゃ」というサブマシンガンですね。
カッコ悪いなあ・・・ 昔モデルガンが売ってたけど買わないでよかった。
AKを除いてソ連製の兵器はダサい・・・ これじゃドイツには勝てないよ。(勝ちました)


トーマス・クレッチマン出演作品ネタバレ
「戦場のピアニスト」
https://puripuriouch.at.webry.info/202004/article_5.html


ミニアート 1/35 ソビエト軍 T-34/85 第112工場製 1944年春 フルインテリア 内部再現 プラモデル MA35294
ミニアート 1/35 ソビエト軍 T-34/85 第112工場製 1944年春 フルインテリア 内部再現 プラモデル MA35294コッパーステートモデル 1/35 カナダ軍 装甲機関銃キャリヤー プラモデル COP35006
コッパーステートモデル 1/35 カナダ軍 装甲機関銃キャリヤー プラモデル COP35006
モンモデル 1/35 ドイツ軍 中戦車 Sd.Kfz.171 パンターA 前期型 プラモデル MTS046
モンモデル 1/35 ドイツ軍 中戦車 Sd.Kfz.171 パンターA 前期型 プラモデル MTS046

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

太郎
2021年03月08日 01:19
ポンチャカスキーには大笑い。ドブザンスキーとか、そういうのエスニックジョークであったな。しかし年齢の齟齬も笑えるけど、
スターリングラードの話する前に救けろよ😁話てる場合か?😁
ソ連時代からスグラードの映画は何回か見たことあるような。
アメリカ製のはスナイパーの話だたような……こう、目線て演技するのが印象に残ってますが。あ、ペキンパーの「戦場のはらわた」も独ソ戦だったなぁ。
ジェームズ・コバーンでしたっけ?
ロードショーで観てからもう45年くらい経つような……。しかしなんでまた、
そんな始まりなんすかねぇ??不思議。じゃ、とにかく入院をクリアして下さい。では。
太郎
2021年03月08日 01:42
そういや危機的現場のお笑いで、スネークマンショーにも、そんなのありましたね。宇宙の事故のやつ。
あうち
2021年03月08日 08:29
おはようございまーす。

冒頭の状況は、瓦礫に埋まったロシア人を掘り出す間、元気づけるために話しかけた・・・ みたいな感じ。
そんな話を聞いて元気になれるのか笑
「戦場のはらわた」まだ見てない、見たい!

それでは、まもなく出発しまーす。

この記事へのトラックバック