【ネタバレ】 「鴉」 エドガー・アラン・ポオ

THE RAVEN (1845)
Edgar Allan Poe


ポオ詩と詩論 (創元推理文庫 522-5) - エドガー・アラン・ポオ, 福永 武彦
ポオ詩と詩論 (創元推理文庫 522-5) - エドガー・アラン・ポオ, 福永 武彦


右目がだいぶ見えるようになってきました。
遠くはまだかすんでるのですが、白内障手術もついでにやってもらったので、近くは以前よりもクッキリ見えます。(視力が完全に安定するには2~3ヶ月かかるそうです)
皆様には本当に、ご心配をおかけしました。
リハビリとして簡単な記事をアップしてみようかと思います。

久々のポオですが、小説はすでに全作品ネタバレをコンプリートしてるんですよね。
今回は「詩」です!
詩のネタバレ、という斬新な試み。
この「鴉(からす)」はポオの詩で最高傑作と評価され、フランスのボードレール(誰だっけ)にも影響を与えたそうです。
管理人は詩はサッパリですわい。
ただ「鴉」は普通の詩ではなく、短編ホラーのような雰囲気があるので、ストーリーをまとめることができるかもしれんね・・・

bird_karasu_kowai.png

★登場する怪奇現象★ 冥界からの使者のような人語をしゃべるカラス

愛するレノアを失った主人公は、「人の忘れた古い科学」を記した書物を調べて、疲れ切っていた。(おそらく魔道書のことだと思いますが、死んだ恋人を甦らせようとしているのか、あるいは恋人に会うため冥界に行く方法を調べていたのか?)
その時、コツコツとノックする音。
ドアを開けてみると、そこには闇があるばかり・・・
「もしかしてレノアの霊が?」
と、再びコツコツとノックが・・・ ドアではなく、窓からだ!
開けてみると、1羽のカラスがサッと舞いこんできた・・・
パラスの像の上に止まって、ジッとこちらを見ているではないか。
主人公はなんとなく微笑ましくなって、「お前が仕える王の名は何という?」と尋ねてみたら、このカラス、「もはやない」と人間の言葉で答えたよ!
ブッたまげる主人公、「このカラスは以前ペットとして飼われていて、飼い主の口癖『もはやない』を覚えてしまったんだろうか?」(カラスは九官鳥のように言葉を覚えることもあるみたい)


★衝撃の結末★

「こいつもいずれ、私のもとから去っていくんだろう・・・ 友達や希望が去っていったように」
「もはやない」
「カラスよ、教えてくれ。私の心の傷を癒やす薬があるだろうか?」
「もはやない」
「いつか天国で、再びレノアをこの腕に抱く日が来るだろうか?」
「もはやない」
ムキーッとなる主人公、「ムカつくカラスやな! いいかげん出ていってくれ」
「もはやない」
カラスは出ていくどころか、象の上にしっかりとうずくまって動きそうもない。
ランプの灯に照らし出されたカラスの影、この影から私の魂が逃れることは・・・ もはやない!


という小話でした。お茶目なカラスですね。
詩とはまったく縁のなかった管理人ですが、ポオ以外だとラヴクラフト「ユゴス星より」というSFホラー詩が好きでしたね。
あれが収録された全集を大昔に売っぱらってしまい、今では入手困難。
無念なり・・・

character_cthulhu_mi-go.png
「いらすとや」にも収録されるほど有名なユゴス星人(ミ=ゴ)
ポオとは関係ありません



はごろも しっとり ひじき 110g×4個 (2670)
はごろも しっとり ひじき 110g×4個 (2670)
理研ビタミン 太切りめかぶスープ 4袋 ×4袋
理研ビタミン 太切りめかぶスープ 4袋 ×4袋
もずく (太モズク)沖縄産 3kg(500g×6)(塩抜き不要) (冷凍保存可) (送料無料)
もずく (太モズク)沖縄産 3kg(500g×6)(塩抜き不要) (冷凍保存可) (送料無料)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 11

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

太郎
2021年02月18日 05:25
おお復帰おめでとうございます。でも無理しないで下さい。
カラスっすかー確かに不気味に利口な生物すね。クルミやドングリをトラックターミナル出口に置いて、割って食うのみた事があります。
日本の八咫烏や、あとエジプト神話でも活躍しますね。記憶と思考の二羽が、
太陽神ラーの使いとして、この世の全てを監視するとかしないとか。
生物学的にはスカベンジャーなので、掃除屋で良い事もあるのですが、適応力あり過ぎて厄介者になってますねえ(笑)
でんでん関係ないんですが、スパイ機関を調べていて、面白いの見つけました。
人民解放軍の第091気象研究所。所属は陸海空のどれだが明らかでないが。
これ気功師や風水師などスカウトして、人体発火だのUFOだの心霊現象などを調査する超常現象専門諜報組織らしいんですよ。
まぁ…ノストラダムス予言書みたいの諸葛孔明も書いてますしね。もともとあの国は、カルト教団が予言を口実に反政府活動する伝統がありますな。なもんで、
農村地区では、霊能者だの予言者だの超能力者だの好きなんですよ(笑) 
で、そういうの放置すると社会不安を煽る可能性あります。だから調査して、
超常現象は存在しない!とやるらしいんですが、中には解決できない案件も多数あって、中国版「Xファイル」があるとか無いとか(笑)
中国のSFが最近、早川で翻訳されて話題すよね?
実は日本のラノベみたいので、日本の「怪奇大作戦」みたいのが人気なウェブ小説で何種類もある。あそこはウェブ小説が人気でるとワラワラと海賊版が普及するんです。091気象研究所エージェント主役のもある(笑)
で、オカルトマニアが「あれってソレでね?」みたいに祭りすると、後から
「それ元ネタはウェブ小説だよ!」と否定する材料になっているらしいんですね。んでんで、実態なんですが。風水兵器や超古代オーバーテクノロジーを探さてあるてのは表向きの噂で。実は中国て法輪功が邪教指定された後に、
韓国系のキリスト教を名乗るカルト、太平天国ならぬ太平教会とか、イエス・キリストが中国女性に転生したとする全能神とか、怪しい系のカルトが乱立しておりまして、これらを監視する為の捜査機関なのでは?と思ってます。
隣村の風水鏡に運気を奪われた!て男が大量殺人とかの事件が乱発してますからね。しかし超常現象専門諜報組織とか、実態は何あれ面白いですね。余談の方が長くなっちゃいましたね。失礼を!
あうち
2021年02月18日 11:39
ありがとうございます!
手術した目の方が無事だった目よりPC画面がきれいに見える・・・(ただし遠くはかすむのです)

カラスもきれいにゴミを食べつくすならいいけど、ゴミを散らかすからムカつく!
エアガンで撃ってやろうかと思いましたが、カラスはいじめた人の顔を覚えて復讐するらしいので、やめました。(うちのすぐ前がゴミ置き場なので)

気象研究所というのは初めて聞きましたな!
たしかに中国は黄巾党の乱とかありましたね・・・
農村部の教育レベルが低いからオカルト信じちゃうんでしょうなー
オカルト事件の調査も面白そうですね、そういう仕事やってみたい!
太郎
2021年02月18日 15:58
良き方法あります。ガンよりトラップです。
ますカラスの大好物である唐揚げにマヨネーズ塗ります。
んで、唐揚げに切れ目を入れてワサビこってり塗ります。そして鷹の爪をギチギチ挟んでおく。赤色への拒否はカラスの色感にはないので、マヨネーズにはタップリと唐辛子をふりかけておきます。
死にはしませんが、カラスは死ぬほど苦しみます。そして犯人は誰だか解らない。狙われる事もない。奴ら無差別テロすると人に狩られるの理解してるんですよ。それに視覚で餌を選ぶのて、半透明な袋に唐揚げ+マヨネーズ+辛子を混ぜて与えると引っ掛け易いです。万一に自称動物愛護家が文句つけても、 
「辛すぎたから捨てただけ」と言えば、タダの生ゴミ。唐揚げを激辛にしてはいけないという法はないし、捨ててはいけないて法律もない😁
辛子は毒物ではありませんので、動物虐待を立証する術がないから😂
あうち
2021年02月18日 21:39
ひーなんというトリビア!
さいわい最近はゴミにネットをきちんとかぶせてるので被害はないのですが、最後には試してみるかも・・・
でも唐揚げを置くところをカラスに見られたら・・・

それにしても鳥のくせに唐揚げ好きというのが笑える笑
こっちが食べたいですわー(糖尿になってしまったせいめったに食べられない)

この記事へのトラックバック