【ネタバレ】映画「007/オクトパシー」(5)

007というよりインディ・ジョーンズっぽい感じですが







見どころ:カマル・カーンとカジノで対決

インドのカジノで、カマル・カーンと正面対決するボンド
ルイ・ジュールダン演じるカマルは、アフガニスタンの王族という設定ですが、ヨーロッパ人にしか見えません。
細工したダイスを使いバックギャモンで勝ちまくってるところへ、ボンドファベルジュ・エッグをエサに勝負を挑みます。
カマルのダイスを奪い取って、あっさり大勝ちするボンド
こんな簡単なイカサマがバレないというのが不思議ですが・・・
ダイスを粉々に握りつぶすゴビンダの握力と激おこプンプンな瞳がナイス。
ゴビンダカマルの用心棒、「インド人もビックリ!」のターバンがトレードマーク。
それほどの握力があるなら、ボンドと戦う時に刃物なんか使わないで、素手で戦えば勝ったかもしれないのに・・・


見どころ:オート・リキシャのチェイス

カジノを出たボンドを、さっそく追跡するゴビンダと一味。
本作の見せ場のひとつ、リキシャ・チェイスが始まります。
ジープリキシャの間に割りこんでくる自転車、映画とはまったく関係のない通行人のオッサンというから驚き!
計算されたスタントでも、ここまでバッチリ決まりませんぞ!
後半は雑踏にまぎれて、インド名物ヨガの行者を巻きこんでのストリート・ファイト。
インディ・ジョーンズ映画の影響を激しく感じるところです。

さらに詳細なネタバレはこちら
https://puripuriouch.at.webry.info/201812/article_11.html


見どころ:インドのQラボ

無事に隠れ家へ逃げのびたボンドからモンブラン万年筆などの新兵器を受け取ります。
ここで登場する2種類のセイコー・ウォッチデジボーグTVウォッチ
今あらためて見ると、なかなかカッコいいですなあ。
セイコーが最も輝いていた時代です。

さらに詳細なネタバレはこちらですです
http://puripuriouch.at.webry.info/201507/article_12.html


見どころ:マグダとのディナー

カマルの愛人?らしきスウェーデン美女マグダボンドに接近、エッグを返すよう要求。
第1ボンドガールがトウ立ちすぎの本作、2番手のマグダがなかなかいい感じなのが救われます。

さらに詳細なネタバレはこちら!
http://puripuriouch.at.webry.info/201411/article_6.html


見どころ:マグダとの一夜

そのままマグダとベッドイン。
マグダにはタコの刺青があった。
「マイ・リトル・オクトパシー」私のかわいいタコちゃんと、マグダはいう。
作品内では残念ながら彼女とオクトパシーのやり取りはほとんどなかったのですが、2人に間には姉妹のような強い絆があると思われます。
エッグを盗み出し、バルコニーから巻き布を使いスルスルと降りていくマグダ、本作で大好きな場面のひとつ。
ムーア時代は、こういうロマンチックなシーンが必ずあるのがいいですね。

ボンドゴビンダに襲われ、囚われの身に。

さらに詳細なネタバレはこちら!
http://puripuriouch.at.webry.info/201506/article_2.html


見どころ:謎の女オクトパシー

湖に浮かぶ女だけの島に、美女軍団の漕ぐ船に乗って到着するカマル
本作では手漕ぎ船、気球、馬、像、SLなど、レトロな乗り物がふんだんに登場しますね。
カマルのロールスロイスも年代物だし。
そのせいで浮世離れした冒険ファンタジーの雰囲気が濃厚ですが、やっぱりインディ・ジョーンズの影響でしょうなあ。

島の主、謎の女オクトパシーに、ボンドを捕らえたと報告するカマル
ちょっと小物臭いですぞ、カマル・・・

さらに詳細なネタバレはこちら
http://puripuriouch.at.webry.info/201411/article_5.html


見どころ:モンスーン・パレスのディナー

居城モンスーン・パレスで、ボンドをもてなすカマル
ルイ・ジュールダンのイヤミったらしい演技がいい味です。
羊の頭から目玉をもぎ取ってムシャムシャ。
同じことばかり言ってますが、インディ・ジョーンズでも似たようなシーンがあったよね・・・
あれ、待てよ?
「インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説」は1984年か・・・
ゲテモノ食事シーンは本作(1983年)の方が先でしたか!
こりゃ失礼しました。

さらに詳細なネタバレはこちら
http://puripuriouch.at.webry.info/201407/article_10.html


見どころ:窓から脱出

モンブラン万年筆に仕込んだ硫酸を使い、窓の鉄格子を溶かして脱出するボンド
パレスの外壁にしがみついて移動、そこへオルロフ将軍の乗ったヘリが・・・


見どころ:死体部屋

モンブラン万年筆のもうひとつの機能、盗聴用イヤホンを使い、カマルオルロフのよからぬ話を盗み聞き。
見つかりそうになって、とっさに隠れた部屋は・・・ なんと死体置き場
外から錠をおろされ、ボンドは死体といっしょに閉じこめられてしまう・・・


#13 007/オクトパシー

1 ユルさが光るシリーズ中最もファミリー向けな珍作
http://puripuriouch.at.webry.info/201306/article_8.html
6 アクション、秘密兵器、美女、ユーモアと007の全てが揃ったプレタイトル
http://puripuriouch.at.webry.info/201307/article_2.html
5 007というよりインディ・ジョーンズっぽい感じですが
http://puripuriouch.at.webry.info/201307/article_1.html
4 007史上最大のピンチ!人食い虎が目の前に!
http://puripuriouch.at.webry.info/201306/article_11.html
3 列車と映画って、ワインとチーズ並みに相性いいよね
http://puripuriouch.at.webry.info/201306/article_10.html
2 現実離れした「おバカ映画」感が、今となっては心地よい
http://puripuriouch.at.webry.info/201306/article_9.html
7 *** シリーズ第13作「オクトパシー」あれこれ ***
http://puripuriouch.at.webry.info/201307/article_3.html











"【ネタバレ】映画「007/オクトパシー」(5)" へのコメントを書く

お名前[必須入力]
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント[必須入力]