【ネタバレ】映画「007/サンダーボール作戦」(3)

バンバン、キスキスバンバン、キスキスバンバン大好き



007 サンダーボール作戦 アルティメット・エディション [DVD]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2006-11-22

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 007 サンダーボール作戦 アルティメット・エディション [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




見どころ:鮫のプールに落ちて

ラルゴの邸に潜入したボンド、手下の1人ともみあってプールに落ちる。
ここでラルゴが「ピコーン(顔文字略)そうだ、ボンド鮫のエサにしよう」
そういう回りくどい殺し方を選ぶから、いつも逃げられるんだよ!
まずプールをシャッターで封鎖、鮫飼育用プールとのゲートを開く。
(なんのために、こんな構造になってるんだか・・・)
ボンド携帯用ボンベ(4分間呼吸可)を使い、辛くも脱出。

撮影時、ガラス板でプールを区切って、コネリー側とのいる側に分ける予定だったが、ガラスが1枚足りず、1mの隙間から鮫が入ってきてコネリーは「どひゃーっ」となったらしい。(ひどい話・・・)
と遭遇して驚くショットは、演技ではなかったのだ。
こういうことが積み重なって、コネリー「ボンドなんかやってられねえ!」と思うようになったんだろうね。

さらに詳細なネタバレはこちら
http://puripuriouch.at.webry.info/201804/article_2.html


見どころ:フィオナとの情事

ホテルに戻ったボンド、隣の部屋(ポーラの部屋)のバスルームには、ちゃっかり女殺し屋フィオナが。
ベッドインする2人、だがラルゴの手下ボンドを連行すべく現れる。
「私と寝られて良かった?」というフィオナの問いに、「国家への勤労奉仕だ」と軽く流すボンドがナイス。
ここで流れる主題歌のスロー・インストもアダルトな雰囲気で良い。

さらに詳しいネタバレはこちら
http://puripuriouch.at.webry.info/201502/article_5.html


見どころ:パレードに紛れて逃走

外はお祭り、「ジャンカヌー」のカーニバル。
酔っ払いが「飲みなよ!」と差し出す酒と、フィオナのタバコの火を利用して脱出するボンド、カーニバルに紛れて逃げ回る。
後の作品で登場する「リオのカーニバル」「パリオ」の先駆けとなるシーンですな。
ボンドの行く先々でイベントが開催される!

さらに詳細なネタバレはこちら
http://puripuriouch.at.webry.info/201610/article_11.html


見どころ:キスキスバンバンを踊りながら

ダンス・パーティー真っ盛りのクラブに逃げこむボンド
ここで流れる曲は、本来主題歌となるはずだった「ミスター・キスキスバンバン」のインスト。
「ゴールドフィンガー」と同じく、ジャズの素養のあるジョン・バリーが手がけた演歌っぽいテイストの名曲なのですが、映画のタイトル「サンダーボール」が歌詞にまったく出てこないということで、ボツになったそうです。
「シェイクン、ノット・スティアード」という記念CDに収録されてますよね。

さて、キスキスバンバンといえば、誰もがチキ・チキ・バン・バンを連想するわけですが。
007の原作者イアン・フレミングが1964年に書いた子供向け物語「空飛ぶ自動車(チキ・チキ・バン・バン)」、発表時期が本作の撮影期間とかぶってますなあ。
キスキスバンバンが先か、チキチキバンバンが先か、ちょっとわからないですのでWikiを見てみると、なんとチキチキバンバン(正確にはChitty Chitty Bang Bang)は1920年代に実在したレーシングカーだって。
あの有名な歌が登場するミュージカル映画「チキ・チキ・バン・バン」は1968年なので、歌としては「ミスター・キスキスバンバン」が先ですけどね。
最近、バリバリバンバンなんてCMもやってますな(笑
管理人もアイポンですが、ソフトバンクつながらないですけどねー。

それはそれとして、ここでフィオナに捕まるボンド
が、ボンドを狙った銃弾はフィオナの命を奪うのだった。

さらに詳しいネタバレはこちら!
http://puripuriouch.at.webry.info/201703/article_3.html


見どころ:鮫の海に爆撃機発見

沈んだ爆撃機を探索して、ヘリで飛び回るボンドライター
ゴールデン・グロットという海域名にピンときて(ラルゴが飼育してるの品種と同じ名前)、よく調べると、カモフラージュされた爆撃機を発見!
がウヨウヨ泳ぐ海に潜って、操縦席を調べるボンド
非常に英国冒険小説っぽい雰囲気の場面です。
パイロットのドッグタグと腕時計を回収。


見どころ:海底でドミノとデート

水中でドミノとランデヴーするボンド、浜に上がる際、ドミノがウニを踏んでしまう。
口で棘を吸いだしてやるボンド、なんかいやらしい。
ドミノ役のクローディーヌ・オージェは、映画解説者の水野晴郎氏が1番好きと言っていたボンドガール。
「ボクもドミノの足ペロペロしたい!」と思いながら見ていたかもしれません。

ボンドは回収したドックタグと腕時計を見せる。
兄の死を悟って涙するドミノ

さらに詳細なネタバレはこちら
http://puripuriouch.at.webry.info/201502/article_2.html


見どころ:ヴァーガスを仕留める

そこへ、こっそり接近するヴァーガス
銃にサイレンサーを装着しています。
振り向きざま、ボンド水中銃の一撃で仕留める。

さらに詳細なネタバレはこちら
http://puripuriouch.at.webry.info/201712/article_15.html


見どころ:原爆を運び出す

ドミノのくれたヒントによって、ラルゴ・チームの集合場所を知ったボンド、チームの一員になりすまして、行動をともにする。
とある岩礁の下に、原爆の隠し場所を発見!
が、ラルゴに見つかり、チームの1人と格闘。
その間にラルゴたちは原爆を運び出し、ゲートを閉め、ボンドを閉じこめてしまう。


#04 007/サンダーボール作戦

1 ついに完成した黄金パターン、南国の海で007祭り!
http://puripuriouch.at.webry.info/201308/article_18.html
6 本格的プレタイトル・アクションでスーパー秘密兵器時代到来
http://puripuriouch.at.webry.info/201308/article_23.html
5 「暗号名サンダーボール作戦だ」1度は言ってみたい、このセリフ
http://puripuriouch.at.webry.info/201308/article_22.html
4 初の出張Qラボ、初の女殺し屋、初の水中アクション
http://puripuriouch.at.webry.info/201308/article_21.html
3 バンバン、キスキスバンバン、キスキスバンバン大好き
http://puripuriouch.at.webry.info/201308/article_20.html
2 驚異の海底バトル、これ本当に50年近く前の映像か!?
http://puripuriouch.at.webry.info/201308/article_19.html
7 *** シリーズ第4作「サンダーボール作戦」あれこれ ***
http://puripuriouch.at.webry.info/201309/article_1.html











"【ネタバレ】映画「007/サンダーボール作戦」(3)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント